劇団ぷにぷにパイレーツ座長日記

劇団ぷにぷにパイレーツ座長・石崎一気が、演劇、パントマイム、音楽等、舞台芸術の情報を、毎日発信!

2017年の”ぷにぷにパイレーツ”

2017-12-31 06:09:42 | 演劇
2017年、"劇団ぷにぷにパイレーツ"は、全3回の公演を実施しました。

①第33回公演「星空の朗読会」3月4日(土) 出演:石崎一気
②第34回公演「虫干しの会」3月19日(日) 出演:松本美由紀、緒方朋恵
⑤第35回公演「夢のあとに」8月20日(日) 出演:石崎一気

公演回数は、例年よりちょっと少なめです。
僕の単独公演を開催すると、その準備にすごく時間がかかってしまうため、回数が減ってしまうんです。
その分、「夢のあとに」は、本当に高い評価を頂戴しました。
過去最高といっても間違いないぐらい好評でした。
自分でも、去年の「天使の組曲」の公演とは別次元に行けたように感じています。
約半年の準備と稽古を経て、これまでとはまったく違った表現方法を手に入れました。
僕だけのオリジナルスタイルを構築できたように思います。
ここからが本当のスタートという感じがします。
さらに芸術に特化した作品を作りたくて、うずうずしています。

公演回数もそうですが、ことしは、いろいろなものが減ってしまいました。
観客動員は激減!
惨憺たる興行成績に終わってしまいました。
また、これまで公演に参加していた劇団員が離れていき、参加メンバーの数も減ってしまいました。
これは本人の自由ですから止めようがありません。
新規で参加を希望する人も現れませんので、劇団としては規模の縮小を余儀なくされています。

ことしは、質は大いに向上したけれども、様々な面で量が減ってしまった一年だったと言えると思います。
それも良いではありませんか!
恐らく来年も、ことしと同様の方向で進んでいくことになります。
意識の高いお客様をお迎えして、意識の高いメンバーとだけ、公演を開催していくつもりです。
とにかく質にこだわって、作品作りに邁進していきたいと思っています。

劇団忘年会&視察

2017-12-30 07:59:23 | スポーツ
来月8日(成人の日)に開催する「ぷにぷに!1/2成人式」の会場は、元住吉の"ida cafe"です。
昨夜、会場の最終視察と劇団の忘年会を兼ねて、"ida cafe"に行ってきました。
とはいえ、塩沼千雅が仕事の都合で参加できなかったので、集まったのは僕と松本美由紀の2人だけ!
忘年会の雰囲気はまったくなく、ほぼ会場のセッティングの話をしておりました。

前回、"ida cafe"を訪れたのは7月です。
その時とは店内の配置が微妙に変わっていたので、演出をちょっとだけ変更しなくてはならないことが分かりました。
また、イメージより奥行きがあり、横幅が短かいことを確認できたのも大きかったですね。
カフェを管理している方とお話できたのも良かったです。
新たに準備すべきことも見つかりましたし、有意義な視察となりました。

きのう、たまたま、"ida cafe"で、永瀬晋さんのアコースティック・ライブが開かれました。
元住吉を地元とする超絶技巧のギタリストです。
せっかくですから拝聴しましたが、物凄かったです。
とんでもない速弾きです。
「たった一人で、これだけの世界を描き切れるんだ」と驚いてしまいました。
また、ブルース・ハープ(ハーモニカ)&ギターのGenさんも出演されましたが、滅茶苦茶カッコいい!
ハーモニカとギターでまったく違うリズムやメロディを演奏するなんて、頭の中はどうなっているのでしょう?
本当にカッコよかった!
お二人とも、ライブ活動を行うだけでなく、元住吉の"Souleave Music School"で教えていらっしゃるそうです。
僕がもう少し若かったら、習いに行ったかもしれないぐらい良かったです。
年の瀬に素晴らしい演奏を聞くことができて、幸せでした。
僕たちも、彼らに負けないように、素晴らしい舞台を作り上げなくてはならないと思いました。

詩人

2017-12-29 07:31:47 | 演劇
詩人は「言葉を紡ぐ人」と思われています。
しかし、詩人のヨシフ・ブリツキーは、「言葉を削る人」と定義しています。
削って削って、残された言葉はリズムも香りも内容も素晴らしい!
それが詩人の仕事だとしています。

僕は、劇作家や演出家も同様だと思っています。
セリフも動きも、セットも大道具も小道具も衣装も、音響も照明も削りに削っていく。
それでも残ってしまうものだけを採用すべきです。
装飾が目につくのではなく、本質のみが心に染み入る。
そんな舞台を目指したいですね。

アンコール

2017-12-28 08:03:23 | 演劇
来年1月8日(成人の日)の第36回公演「ぷにぷに!1/2成人式」では、4本の作品を上演する予定です。
抒情劇「蝶」、社会風刺コント「執行人」、ダーク・ファンタジー「運だめし」、パントマイム劇「風船」の順にご覧いただきます。
ただし、もしお客様からのご要望があれば、アンコールとしてごく短いコントを上演させて頂きます。
アンコール・コントは毎公演大好評で、必ず爆笑が巻き起こっています。
よろしければ、終演後、暖かい拍手をお願いします。

全席完売

2017-12-27 07:23:01 | 演劇
おかげさまで、第36回公演「ぷにぷに!1/2成人式」のチケットは、すべて完売となりました。
12時、14時、16時、いずれの回も満員です。
本番2週間前に予約でいっぱいになるなんて、異例のことです。
ご予約下さった皆様には、本当に感謝しております。
大勢のお客様にご満足頂けるよう、ますます努力していかなくてはなりません。
これから年末年始を挟みますが、そんなことは関係ありません。
稽古に励んでいきたいと思っています。