劇団ぷにぷにパイレーツ座長日記

劇団ぷにぷにパイレーツ座長・石崎一気が、演劇、パントマイム、音楽等、舞台芸術の情報を、毎日発信!

「ぷにぷに!没作品供養祭」のコンセプト

2013-01-31 07:27:59 | 演劇
劇団ぷにぷにパイレーツは、旗揚げ以来、50本を超えるオリジナル作品を上演してきました。
いずれも、座長の僕が書き下ろし、演出したものです。
しかし、皆様にご覧頂いた作品の陰には、その数倍もの“没作品”が存在しています。
難産の末、ようやく生まれてはきたものの、舞台で上演されることもなく、すっかり忘れ去られてしまっている不幸な脚本の数々が、今や、僕のPCの”マイ・ドキュメント“を占拠してしまっているのです。
たまに”マイ・ドキュメント“を開くと、没作品たちが、作者の僕に向かって、悲痛な叫びをあげてきます。
「うぉー!苦しい…。こんな狭くて暗い所に、押し込めないでくれ!」
「なんで私を上演してくれないの?私、何か、悪いことをした?」
「どうして僕を生んだの?こんな目に遭うんだったら、いっそ、僕を書かないで欲しかった…」
「そりゃあ、俺は、出来が悪いかもしれない。でも、俺のような出来の悪い作品を書いたのは、お前なんだからな!責任を取って貰うぞ!」
「恨んでやる…、地の底から…、貴様を…、恨んでやる…!」
こんな没作品たちの怒りを放置しておいたら、僕はいずれ、呪い殺されてしまうことでしょう!
没作品の積年の恨みを晴らす為には、やはり、舞台で上演するしかありません。
実際にお客様にお見せして、腹を抱えて笑って頂くことで、没作品たちを供養して、呪いを解く以外、僕が生き残る術はないのです。

(自分で言うのも何ですが)これまで没にしてきた作品の中には、実際に舞台に掛けた脚本よりも出来の良いモノが少なくありません。
ただ“ご縁がなかった”という理由だけで、相当数の戯曲が、没にされてきたのです。
例えば、「その役に相応しい俳優がいない…」
「大勢モノの台本を書いたけど、劇団員が足りない…」
「公演全体の流れに合わないので、毎回、上演候補から弾き出されてしまう…」
「お客様を選ぶ作品なので、なかなか上演を決断できない…」
「決して古くならないお話なので、今回、無理して上演する必要はない…」
「壮大なスケールの作品だから、尺が長すぎる…」などなど、さまざまな事情で放置せざるを得なかった脚本が、少なく見積もっても、数十本あるのです。

「ぷにぷに!没作品供養祭」では、そんな作品を、まとめて6本(劇中劇を含めると全9本)上演いたしました。
公演に“通しテーマ”がない分、逆に、社会風刺コントやサスペンス劇、不条理劇など、バラエティに富んだ内容となりました。
当然、相当過激な内容になりましたが、ほとんどのお客様に受け入れて貰って、本当に良かったです。

実は、まだまだ没作品が眠っています。
いつか機会を見つけて、「没作品供養祭」の第2弾を開催してみたいと思っています。

1月30日(水)のつぶやき

2013-01-31 01:51:04 | スポーツ

ブログを更新しました。 『”亀戸ハードコア”が…』 amba.to/Xfb6ha


星新一のおのぞみの結末を読み終えました。評価は星5つです。 amzn.to/VCT0HQ



”亀戸ハードコア”が…

2013-01-30 07:20:50 | 演劇
「ぷにぷに!没作品供養祭」では、”亀戸ハードコア”をお借りしました。
ここは、パンクロックのライブハウスです。
お芝居用の劇場ではないので、使い勝手の悪い面もありましたが、様々優れた点もあって気に入っていました。
最寄駅からのアクセスが良い、音響や照明の設備が充実している、スタッフの対応が素晴らしい等、料金から考えれば抜群の条件だったんですね。
しかし、”亀戸ハードコア”は、今月で店じまいしてしまうそうなんです。
うーん、残念ですね。
社会風刺コントを上演するにはぴったりだっただけに、惜しまれます。
また、手頃な小劇場を探さなくてはなりません。
皆さん!お薦めの劇場があれば、教えて下さいね!

1月29日(火)のつぶやき

2013-01-30 01:52:06 | スポーツ

ブログを更新しました。 『パッキャオ式トレーニング』 amba.to/Xao3sB



パッキャオ式トレーニング

2013-01-29 08:36:25 | 演劇
マニー・パッキャオのドキュメンタリーを見て、僕は大変刺激を受けました。
そこで、昨夜は、パッキャオ式トレーニングを試してみました。
しかし、僕の場合、30秒も持ちません。
あのスピードでは、すぐに息が上がって、苦しくて仕方ないのです。
凄いぜ、マニー!
あの動きを12ラウンドも続けるんだから!
これが世界か…。

僕とマニーを比較してもしょうがないのですが、問題は練習の内容です。
これまで僕がやってきた練習って、何だったんでしょう?
すでに出来ることを、ダラダラやっていたに過ぎません。
これでは、能力がアップする筈がありませんね。
今は、映像等で世界トップレベルの練習を垣間見ることが出来る時代です。
そういったものも活用しながら、中味が濃く、意味のある練習をしていきたいと思います。

勿論、スポーツだけでなく、演劇もそうなんです。
回数を多くしたり、時間を長くするばかりではダメなのです。
ポイントは、本番で生かすことの出来る練習をするかどうかです。