島人の生活第三章

宮古島のちっちゃな民宿プキの家の楽しい日常を綴ってます。
プキの家に遊びに来たい人も旅の想い出に浸りたい人もご覧あれ!

プレッシャーからの解放!?

2012年01月31日 | NEWプキの家

昨日のバナナさんに続き、今日はユッキートシヤくんも最後の朝となりました。

当初の予定では1月末でプキの家は一旦お休みに入ると告知していたから、彼らが予約してきてくれたときは最後のお客さんだよって伝えていたんだけど、トシヤくんは なんだか凄いですね!って、そしてユッキーは 最後の人になりたいプキの家ファンがいっぱいいるだろうに私みたいな2回目の人が申し訳ない・・・ってよくわかりませんが妙にプレッシャーに感じてたみたい。でも全然そんなの関係ないっていうか、まあ光栄に感じていただけてるならそれはなによりだけど、結局最後のお客さんじゃなくなっちゃったしね。

最後の朝をみんなで楽しんだらまずはユッキーから出発ですが、昨日からずっと 帰りたくないよぉ!の連続で、最後に来てそれがピークに達してるので、だったら帰らなきゃいいじゃない!って言うと ヒロユキさんのイジワル!って言われ、じゃあ帰って!って言ったら 冷たい!って言われ、ユッキーが喜ぶこんな時最適な答えって一体何なのでしょうか。

また来週!・・・ってか!?

Dsc056734

そんなわけで後ろ髪引かれまくりのユッキーを見送ったら、こちら夕方の飛行機で帰るトシヤくんはさらにのんびりしてからお昼になってようやく動き出しました。

若干雨が心配ではありますが、自転車で出掛けますってことなので どっちがいい!?って、どっちというのはつまり初日は先日買った新しい自転車を一番乗りだったから、また新しいのがいいか、それとも引退前の自転車を最後に乗りたいかってことで、それじゃあ両方乗ってみようかな!ってことなので・・・

ラストランです!

Dsc019994

そしてちょっと帰りの飛行機の時間が気になりだした頃ようやく帰ってきたんだけど、妙に息切らしてるなあと思ったら 間違って東平安名崎の方へ向かってました!ってそれはヤバイヤバイ。

そしてたっぷりと買ってきたお土産は・・・

なかなか素敵なチョイスです!

Dsc020014

古い自転車はカゴがちっちゃかったからお土産全部は入りきらなかったようで、走ってたらモズクが飛び出しちゃいました!ってそいつは大変失礼いたしました。

そしてみんなで食べましょうって冬瓜のパイを買ってきてくれたのでコーヒー入れて、だけども楽しい時間は過ぎ去り彼にもまた最後の時が迫ってきました。なので トシヤくんは帰りたくないよぉって言わないの!?って冗談交じりで聞いてみたら、思いがけない返事が返ってきました。そんなこと言ったら寂しくなるじゃないですか・・・

そんなわけで結局プキの家最後のお客さんとなるはずだったお二人さんは、プキの家最後を飾るにふさわしいお二人だったことがわかり、本当に心から嬉しく思います。結局最後じゃないんだけどね。

そんなトシヤくんを見送ったら、ちょうど現場監督から電話があって今すぐ現場に来てってことなので車走らせやって来ると、建物の周りではユンボが2台・・・

土を埋め戻してます!

Dsc020034

呼ばれたのは他でもない、僕がお願いしていたことがあったので、それを確認しに来て欲しいということなのでした。ちょっとお庭で面白いことをしてやろうと思っているのですが、まあ形になったら発表しますのでしばらくは楽しみに待っててくださいね。

一方昨日で基礎の型枠が外された建物は、明日からの作業の準備が着々と進んでいるみたい。床が出来たら今度はもちろん壁というわけで・・・

大量のブロックです!

Dsc020084

床と天井はコンクリート、そして壁は構造用のブロックで躯体を作っていきます。

ここまでは平面だったのが、ここから先は壁が組上がり完成のイメージが出来てきそうです。今しか見れないこの瞬間を日々楽しみながら・・・

寒い冬を乗り切ろうっと!


3日連続のガイドです!

2012年01月30日 | プキの家

さてさてバナナさん最後の朝がやって参りましたがやっぱり帰るのは寂しそうで、だけど残りわずかな時間を楽しもうとユッキー相手に三線弾いてます。そんなユッキーは伊良部島にタッチ&ゴーを見に行くんだってことで、そしてこちらたっぷり睡眠取ってシャキッとした朝を迎えたトシヤくんは、ガイドに行くので準備が出来たらお別れの時間です。

自慢の三線持って!

Dsc055734_2

そんなバナナさんとお別れしたら、今日も予報が外れて青空広がる宮古島を楽しもうとトシヤくんと共に出発です。本日のリクエストは初めての宮古島だから、前浜ビーチと東平安名崎と砂山ビーチと新しいプキの家って、もうそれだけでほぼ島一週だからね。

というわけでまず最初にやってきたのは昨日と同じく前浜ビーチですが、昨日はプキちゃんポイントで今日はノーマルに行ってみました。オフシーズンだし朝早かったからか、それとも駐車場が工事中だからか他に誰もいなくて、そんな青く澄んだ海と真っ白な砂浜に感激しまくりのトシヤくん。

そりゃあそうでしょう!

Dsc055754

サラッサラの白砂を触っては感激し、小さな貝殻を拾っては嬉しそうで、なのでたっぷりのんびり楽しんだら、お次は橋を渡り来間島へ。展望台からの眺めはまたまた最高で、僕も一眼レフ欲しいなあ!って言い出しちゃって、その後は今日もまた旬な場所へ・・・

さて何でしょう!?

Dsc056044

これは前回ユッキーとのガイドで競争した運動場の朝礼台で、ここに上がるのが夢だったんだというユッキーと同じポーズで立っていただきました。帰ったら見せて笑ってもらおう。

そこからは一路東平安名崎へ向かいまたまた絶景を楽しんだんだけど、残念ながら灯台は工事中で入れなかったね。だけど今度仲間を連れて来たときの楽しみに取っておくってことなので、今日のところはそれで良しとしましょうか。

お昼はお弁当買ってプキビーチでってことなので向かってますが、このタイミングで!?っていきなり真っ黒な雲が広がり雨がザーザー降ってきて、そんなときはプキの家で雨宿りだ!ってまだ基礎しか出来てませんから傘さして雨をしのぐかと。だけど到着する頃には止んでくれたから、曇り空で快適なランチを・・・

やっぱり美味しいね!

Dsc056194

プキビーチも気に入っていただけたようで、ここでは箸置きにするんだとサンゴの欠片を夢中で拾ってます。

ちょうどまた陽も照ってきて、そんな姿をいい感じに咲いてるヒルガオと共に・・・

絵になるね!

Dsc056364

そこからプキの家を目指すとひとりポツンと立ってる人がいて、まさかと思ったらそのまさか、この時期いつも遊びに来てくれるカズオさんでした。ずっと宮古に住むんだって言い続けていたカズオさん、今回はいよいよ本気で家探しをしているのでレイコさんは一緒に来てなくて、なのでプキの家には昨日顔出してくれたみたいだけど僕は会えずにいたのです。

いい場所を見つけたもんじゃのぉ!って言っては完成をイメージしながら見てるカズオさん、トシヤくんに プキの家はユンタクが楽しいじゃろ!って確かにプキの家のユンタクは楽しいけど昨夜は早々と寝ちゃったから苦笑いするしかなかったね。

そんなわけで新しいプキの家の玄関入って ここがリビングでここがお部屋でこっちが水周り!って早くも型枠が外されたコンクリートの床に上がりエアプキの家を堪能したら、最後の目的地は砂山ビーチでございます。

いい景色!

Dsc056624

一瞬雨が落ちはしたけれど結局1日ほとんど晴れてくれて、帰ってしばらくしたらユッキーも伊良部島楽しんできたようで、そんなお二人さんは夕日を見に仲良く海へ。

行ってらっしゃ~い!

Dsc019914

だけど海に着いた頃には雲に隠れちゃって、結局見送ったこの時が一番の見頃だったのでした。

今夜はユッキーもトシヤくんも最後の夜だから、ユッキーはまた二日酔いになるくらいの勢いで飲んでますが、そのせいか僕にお願いがあるって言うから何だろうと思ったら、トシヤくんが砂山ビーチの写真欲しいんだって!って、そして できたら縮小せずにそのまま欲しいんだって!って・・・・オカンか!

何を本人目の前にいるのに代わりに言ってるのって思ったら、となりに座ってるトシヤくんもうんうん頷いてて・・・・引っ込み思案か!

その後はユッキーにカメラ講座を開催したり、トシヤくんが妙に熱く語ったり(内容忘れちゃったけど・・・)そして最後は力尽きたかソファーに変な格好でしゃがみ込んでるトシヤくんを見て、今夜もそろそろ終わりの時間が来たなと悟るのでした。

プキの家のユンタクは楽しいのぉ!


今日は一転のんびりと!

2012年01月29日 | NEWプキの家

昨日の朝グロッキーだったバナナさんは完全復活ですが、病院でお泊まりだったバナナ姉さんが心配だなあと思っていたら、峠は越えたようでもうひと休みしてお昼前にバナナさんが迎えにいくってことで一安心。と思ったら今度はユッキーが久しぶりのプキの家でテンション上がって久しぶりのお酒を飲み過ぎちゃって二日酔いでヘロヘロって、一体どうなってるのプキの家の人達は。

だけども今日はユッキーと観光ガイド、またしても予報が外れ青空広がってるから張り切って出発したら、本日のリクエストは昨日行けなかった前浜ビーチと新しいプキの家と、それからあとは・・・・旬なところ!ってことなので、まずはリクエストを2つ同時に叶えようとやって来たのは、こちら・・・

宮古ブルーの海!

Dsc054694_2

レンズキャップの色と背景の海の色とがピッタリ同じだから、透けてるような不思議な感じに見えるよね。

というわけでまず最初にやって来たのは前浜ビーチなんだけど、普通に観光の人が行くエリアではなくレンズキャップに使われた写真を撮ったその場所に、つまりは旬な場所にやって来たってわけ。だから色合いが同じに見えるのは当然のことなんだね。

ユッキーに合わせて今日は僕も一眼レフ持ってきたから、その後は撮影大会みたいな感じになってますが、最近カメラ教室に通い始めたんだというユッキーは最高の被写体を前に嬉しそうに写真撮ってはニッコリ笑顔です。

ではお次はまたまた旬な場所へってことで街の方へと引き返し、やって来たのはバナナ姉さんのお見舞いです。この後バナナさんが迎えに来たら荷物まとめてそのまま島を離れちゃうからお別れもしたいしってことでやって来たんだけど、さすがにちょっとやつれた感はあるけどもう大丈夫ってことで、笑顔でお別れするのでした。その後バナナさんがお迎えに来て一旦プキの家に戻ったら、僕らは一緒に撮れなかったけど・・・

復活のポーズ!?

Dsc019714

そこからはまた旬な場所、バナナさんが大好きそうなスポットで撮影会やったら、今日もまた胃が悪い人なので軽い食事を買ってプキビーチを目指しましょう。

噂のプキビーチはたいそう気に入ってもらえたようで、波音を聞きながらのランチを二日酔いも忘れて楽しむのでした。そして今日はそんなこともあろうかとシートを用意してきて正解、お腹が満たされたら薄曇りの快適な気温も相まっていい感じに眠くなってきたので、リクエストにお応えしてとっても贅沢な時間を・・・

お昼寝タイムです!

Dsc055224

これってガイドなのか!?とかそんなツッコミはご無用、ユッキーがそれを望むならば、添い寝もまた立派に観光ガイドなのですよ。

そんなわけで永遠の眠りについたかの如きユッキーの横で僕は足早に流れる雲を眺めながら、途中で雨が落ちてきたけど3粒だったので問題なし、最後は雲が切れてギラギラの太陽にたまらずユッキーが目覚めたら、1時間ほどのお昼寝タイムは終了です。

ではそのまま歩いて建設現場に行くと昨日コンクリート流したところだし今日は日曜日だから作業はお休みで、新しいプキの家に興味津々のユッキーと共に色々見ていたら水道屋のカツオさんがやって来て、ちょうど確認したいことがお互いあったので話してたんだけど、ユッキーはカツオさんのしゃべってることが全然理解できなかったみたい。方言でしゃべってたわけじゃないのにね。

現場は楽しいね!

Dsc055314

コンクリートが固まってなかったら手形を付けたかったユッキーですが、さすがに1日経てばカッチカチに固まっちゃってたね。

今日は元々の予定でもそうだったし二日酔いからのスタートということもあって、のんびりとした一日を過ごしてますが、ここから本日唯一となる激しい時間が始まりますよ。

そして僕はあっという間に、ユッキーはもうちょっと時間をかけて激しい時間は終了しました。

何をしたのかというと・・・

戦いの跡!

Dsc055564

そう、これは前回のガイドで恥ずかしいまでの完敗を喫したかけっこのリベンジ、その勝負の足跡です。前回同様カメラのムービーセットしたらユッキーの合図でスタート。シュタタタタっ!て駆け抜ける僕の後から小走りでスタスタと走ってくるユッキー。まあダイエットに成功しただけあって前回よりは身軽に走れてるような気もするけれど、ユッキーのリベンジが叶う日は永遠にやって来そうにありませんです。

ではそろそろ楽しくのんびりしたガイドも最後のポイント、青い青い海を眺めては思い思いにシャッターを切り、そして青空に似つかわしくないものを僕からユッキーへ手渡したら、本日最後の旬は・・・

バナナさんと同じポーズで!

Dsc055574

昨日のガイドでバナナさんが三線弾いてたその場所その岩の上に座ったら、手渡した傘を三線に見立て、旬なポーズで締めくくり。

そんなガイドから帰ってきたら、お昼に到着して自転車でお出掛けしていたお客さんが帰ってきました。というわけで本日のお客さんは、初めての宮古島に初めてのプキの家なんだけど、3年も前からプキの家の日記を見ては楽しみにしてくれていたトシヤくんです。そんなトシヤくんなのでバナナさんのことも日記で見て知っていて、ユッキーとも住んでる場所がご近所ということで意気投合し、またまた繋がってるなあと感じながら一体感をもってプキの家らしく楽しんでます。姉さんを見送ってから自転車でお出掛けしていたバナナさんからは、先日のを交換してもらったワンピース41巻を無事いただきました。

そしてバナナさんは今夜が最後の夜だからみんなからのリクエストで三線弾いたら、お次は前回三線体験したユッキーが弾くんだけど、あの頃より上達したの!って本人自信満々も、時空のゆがみを感じるような音色がプキの家いっぱいに響いております。そしてこちら、サックス奏者なんだというトシヤくんに三線が回ったら、バナナさんの熱血マンツーマン指導が入ってますが・・・

なぜに爆笑!?

Dsc055714

だけどこの辺りまでが限界だったみたい、昨日ほとんど寝てないんだというトシヤくんはこの後完全にスイッチ切れちゃって、横で見ていても もうダメだダメだ!ってタオル投入したくなるようなフラッフラ状態で、夢でプキの家に来たことがあるんです!って言ってたくらいに楽しみにしていたのに残念ながら睡魔には勝てず早々とダウンしちゃうのでした。

そんなわけでのんびり楽しんだ本日のプキの家。最後は明日の天気はどうかなって言いながらデッキに出て星空を見ていたら、思いがけずUFOを発見したり、きっとみんな嘘だと思うだろうけど本当にあれはUFOだったはず。

そんな朝目覚めてから夜眠るまで濃いぃ1日となりました。

明日も朝を迎えるのが楽しみだね!


妹と姉と順番に・・・

2012年01月28日 | NEWプキの家

今日はバナナ姉さんとガイドの予定がバナナさんも便乗で一緒に行くことになったんだけど、そのバナナさんが昨夜のお祝いで勢い余って食べ過ぎちゃって、今朝はグロッキーな感じから1日をスタートさせております。

それでもなんとか準備が出来たら出発し、一昨日のガイドで教えてもらった昔の人が食べたんだという実を姉さんにも味わってもらったりしつつ、山のようなサトウキビを見たいというお二人さんのリクエストで製糖工場へとやって来ました。すると山盛りサトウキビを満載したダンプがやって来てそいつを二人で激写したり、塀の向こうの工場を撮ろうと並んで必死にカメラ持った腕をのばす後ろ姿を見ては、滑稽というかやっぱり血の繋がった姉妹なんだなあって。

お次は壕とかガーとかが大好きなバナナさんのリクエストで壕を探して車走らせてますが、事前に調べて地図をダウンロードしてきたんだって言うんだけど携帯の画面が暗すぎてなんにも見えず迷子になっちゃって、なので こんな時は地元に人に聞こう!ってことでサトウキビの収穫に汗を流すオジーオバアを発見したら、バナナさんに突撃してもらってますが・・・

だから見えないって!

Dsc018884

僕らでさえ暗くて見えないって言ってるんだから、畑のオジーに見えるはずもなかろうて。

とりあえず今僕らは全く見当違いの場所に来てるってことが判明し、半分くらいしか分からなかった説明をみんなで解読しながら目的地を求めて車を走らせたら、何度かの間違いの後でようやく発見。だけどその壕は思っていたのとは全然違って縦に奥へ奥へと続いていて、危なくてとてもとても中に入れるようなものではありませんでした。

その後はまたまたバナナさんのリクエストでガーを探して車を走らせ、途中オタマジャクシの大群に遭遇したりしながらも目的地付近まで来たんだけどまたしても発見できず、ここかと思い突撃するもぬかるみにはまって危うく脱出できないという危機に遭遇したり、だけどようやく目的の場所を発見すると、崖下までロープ1本が垂れ下がってるような状態では女性二人を連れて降りることも出来ずに断念するのでした。

その後は睡魔に襲われる二人を乗せた僕は睡魔に襲われつつも車走らせ、眠気冷ましにと気になっていたガーのような場所にやって来たら、壕とかガー担当のバナナさんに先頭行ってもらって奥へと進み、穴の奥までやって来たらまさかまさか、ぬかるんだ地面に足を取られて・・・

転けちゃいました!

Dsc019174_2

滑って転んで泥だらけになった自分の手を撮ったんだけど、そこに写っていたのは怖い怖いバナナ姉さんの心霊写真だったのです。首から先が・・・

そんな不吉なことがありつつも、とりあえず当初の目的は果たされお二人さんはバッチリお目覚めで、そろそろランチタイムなんだけど未だに胃の調子が復活しないバナナさんなのでジェラートくらい食べれるよねってことでカフェでランチとなりました。だけど結局バナナさんお水しか飲めないし僕はさっきのでジーンズのお尻も泥だらけでタオルを椅子に置いて座ってるし、3人揃って靴底泥だらけでタイルの床に足跡つけまくりだし、お店の方には大変ご迷惑をお掛けしてしまったと言わざるを得ないのです。

ちょうどランチの前に電話があって、午後から基礎のコンクリートを打つからと聞いていたので二人も楽しみにしてくれていた現場に行ってみると、現場監督に設計士さんはじめ作業員の人が大勢で作業したり見守ったり。そんな活気溢れるプキの家の工事現場は・・・

こちらでございます!

Dsc019344

一昨日見たときに張り巡らされていた鉄筋に型枠が取り付けられ、そこに次々とコンクリートが流し込まれていきますが、まだまだ先は長そうだなってことで一旦その場を離れ、バナナさんに僕から最高の誕生日プレゼントを。それはこれ以上ないロケーションでの三線タイム。

青い海を目の前に風に吹かれながらの三線は最高に気持ち良さそうで、そんな姿をバナナ姉さんと二人ちょっと後ろから眺めてます。それにしても今日はバナナ姉さんメインのはずがすっかり妹中心になっちゃって、だけどどちらも楽しそうにしてるからまあいいか。

最高だね!

Dsc019414

すると海を見て弾いているバナナさんは気付いてないんだけど、観光客の人達が続々とやって来てはバナナさんの演奏を聴いたり写真撮ったり、そしてパチパチと拍手しては立ち去っていきます。最後には ステージで演奏とかされてる方ですか!?って感激して声かけてきたオバサンに動揺してみたり。そんなわけで気持ちよく三線弾いてたら、すっかり胃が悪いのもどこかへすっ飛んじゃったみたいです。

池間島ではガーを探そうってことになって、だけど見つけられないからまた突撃して島のオバアに聞いてみて、だけど結局普通の井戸に辿り着くのがやっとでした。

その後はそろそろ終わる頃かともう一回現場に戻ってみると、バナナ姉さんちょっと寝ときますってことなので車に残したら、ちょうど作業が一時止まってるタイミングだったので持ってきた栄養ドリンクをバナナさんに渡したら、突撃しておいで!ってことで配っては・・・

ご苦労様っす!

Dsc019554

全部で生コン車が11台ほど、まだまだ掛かりそうなのでよろしくお願いしますと伝えたら僕らはそろそろ戻りますか。だけど車に戻ったら姉さんの様子が変、なんだか気分が悪いようで苦しそうにしていて吐き気もあるみたい。だけどこの後の便で那覇に飛ばなきゃだから頑張ってって言いながらプキの家に帰ったら、プキの家が1月に閉まっちゃうと聞いて駆けつけてくれたユッキーが待ってました。

なのでお久しぶりの再会を味わいたいところではあるのですが、バナナ姉さんが飛行機乗れないくらいの状態なのでバタバタしちゃって、結局無理ってことで飛行機もキャンセルしてもう一泊泊まっていくことに。元々が今夜那覇泊で帰りが明日だったのが不幸中の幸いといったところでしょうか。だけど横になって様子をみていたバナナ姉さんさらに容態が悪くなって、バナナさんが病院に連れていったら腸炎じゃないかということで念のため今夜は病院にお泊まりということに。

その間ユッキーとお話ししていたら以前メールで聞かれていた話になって、そうそう僕のカメラのレンズを聞いたのは何だったの!?ってことで、その答えは新しいプキの家へのプレゼントだったそうです。というわけで手渡された箱を開けてみると・・・

カワイイ~!

Dsc019624

宮古ブルーの海をバックにプキちゃんの笑顔が可愛い、特製のレンズキャップをプレゼントしてくれました。

ユッキーありがとね!

姉さんのことは心配だけど心配ばかりで楽しめないじゃ逆にダメだし、お互いすっかり意気投合したユッキーとバナナさんが楽しそうに三線弾いて遊んでます。

仲良しさんです!

Dsc054604

ユッキーはバナナさんのことを、バナナさんはユッキーのことをお互いプキの家の日記で見て知っていたそうで、特にユッキーはバナナさんに興味津々で会えるのを楽しみにしていたみたい。

そんなわけで今夜はまた一段とバナナ姉さんの分まで賑やかに楽しんだら、みんなフラフラで今日一日を終えるのでした。

明日には復活していてね!


祝いの夜を!

2012年01月27日 | プキの家

昨日に続き今日も風が強くそして晴れ間が広がる宮古島ですが、昨日の朝と違うのは北風が南風に変わり一気に気温が上がったこと。

そんなバナナさん節目の誕生日の朝は窓からの日差しを浴びてバナナ姉さんと共にソファーに座り、ヒロユキさん撮って撮って!っていうもんだから、バナナ姉妹の写真を撮りましたが・・・

ピースじゃないよね!?

Dsc054004

行きたいところは別々のようですが今日は二人仲良くお出掛けしてきますってことで、気になるお店があるから!ってメグミさんがランチのお店の調査依頼をしたら、姉さんのレンタカーに妹も便乗して青空の下元気いっぱい出発するのでした。そして夕方帰ってきたら、本当に1月真冬なの!?って暑かった今日一日を熱く語ってますが、どうやらランチはイマイチだったようで残念です。

そんな感じで話しながらおもむろに鞄から何か取り出したら、ヒロユキさんお土産!って単行本サイズの紙袋を手渡され、これはもしやと思ったらその通り、ワンピースのプキの家的最新刊をプレゼントしていただきました。だけどバナナさんだしちょっと心配になったから、ちなみに何巻買ってきたのって聞いたら ちゃんと本棚見て30巻を買ったよ!って誇らしげに言うんだけど、どう見ても40巻まであるように見えるんですけど!?というわけで41巻に交換してくるからってことに話は落ち着くのでした。

そんなこんなで夜が来て、昨夜もお祝いムード満点の夜でしたが今日がバナナさん誕生日のお祝い本番ということで、まずは二人で・・・

嬉しくて仕方ないみたい!

Dsc054294

楽しそうに気持ちよさそうにマイ三線を弾いてるバナナさんです。

そして場が温まったところで一気にテンション上げていこうということか、冷蔵庫から段ボールを取り出したらそいつを開けて、その中に両手を突っ込んだら一気に・・・

うぉりゃぁ~~!!

Dsc018684

箱の中身は何かと申しますと、放り投げて遊んでるのは緩衝材ですので気にしないで、バナナさんが自らの誕生日を祝うためにネットで取り寄せたケーキでございます。昨日の内に届いたんだけど、送り状のお届け先には「プキの家 バナナ様」って書かれておりました。ちょっと笑えるし受け取るときちょっと恥ずかしいよね。飲み物はバナナ姉さんから戴いた梅ドリンクです。

ちなみにケーキは2つ、フロマージュとミルクレープ。みんなお腹いっぱい状態に追い打ちをかけるような状態ではありますが張り切ってロウソク立てたら、バナナ姉さんが持ってきたロウソクも登場したのでもう一方のケーキに立てて、笑顔でピースサインのバナナさんと共に・・・

おめでとう~!

Dsc054454_2

ではお部屋の明かりを落としてキャンドルに火を着けますが、HAPPY BIRTHDAYって一文字一文字が1本のロウソクだからなかなか大変なんだけどメグミさんが熱さに負けず頑張って、だけどその途中ライターを破壊するという普通では考えられないようなことが起こり、慌てて新しいのを持ってきたら気を取り直して・・・

笑顔のバナナさんと!

Dsc054474

全てのキャンドルに火が着いたらみんなで歌って火を消して、拍手と共に笑顔の花が咲くのでした。

そんなわけでバナナさん節目の誕生日は、念願叶って姉妹揃ってプキの家でお祝いすることが出来ました。そこに集ったみんな、笑顔がいっぱい胸いっぱい、そしてそして・・・

お腹もいっぱいでございます!


叶った人と叶わなかった人と・・・

2012年01月26日 | NEWプキの家

今朝も昨日と同じく南の島とは思えないくらいの寒い寒い朝となった宮古島。そんな極寒の宮古島に朝一番の飛行機で降り立ったのは、気合い入れて前日の夜から那覇入りして来たバナナさんです。

とりあえずプキの家に到着したらそのまますぐに観光ガイドに出発し、脇目も振らずにやって来たのはこちら・・・

宮古木工芸です!

Dsc017464

もうバナナさんとここへ来るのは何回目でしょうか、今日は今日こそは今まで温めてきた想いを遂げるそんな記念すべき日となりそうです。というのも宮古が大好きで三線にはまり今ではサークルに通うほどの熱の入れようで、そしてもう2年くらい前から今回このタイミングで一生物の三線を手に入れるんだと計画して三線貯金していたバナナさん。

いきなり店の番犬に噛まれそうになったりして幸先の悪いスタートでしたが、マサキの案内でお店に入ったらたくさん並んだ三線を順番に弾いては音を確かめてます。そして値段的にも音的にもこの辺りかなっていう1本を見つけたんだけどその直後僕が鳴らした三線の音色があまりにも良すぎて 全然違う~!!ってなっちゃって、だけど予算オーバーだしと思ったらかなり安くしてくれて、ちょっと悩んでるような素振りもあるけど完全に心はそっちに行っちゃってて 後悔したくないからこれにします!って決断。その後はさらにオマケ付けてもらったり無理言って高いパーツを付けてもらったり。

それじゃあお支払いをということでこの日のためにと貯めていた貯金を鞄から取り出すんだけど、封筒に入ったボーナスを封も開けずにそのまま持ってきてて、それにはみんなで大笑い。そうこうしている内にバナナさんあこがれの人がお店に登場しました。それは三線職人の与儀さん、彼のCDを聴いて宮古民謡が好きになってそれを聴きながら練習してきたし、いつか与儀さんの作った三線を手に入れるんだと目標にしてきたある意味あこがれの人だったのです。だけどここを訪れるたびに物産展だったりで島を離れていて今まで会うことが出来ず、今日も免許の更新に行ってるんだって聞いてもうこのまま一生会えず終いなんじゃないかって、もしかして本当は実在しないんじゃない!?って思えるくらいに遠い存在だったのが念願叶って会うことが出来てテンション上がっちゃってるバナナさん。

というわけで与儀さんとマサキと三人で・・・

良かったね~!

Dsc017524

バナナさんが手に入れた三線はマサキが仕上げたんだということで、やっぱり職人らしく思い入れがあるそうで ぜひ大切に弾いてくださいね!って。だけどいきなりではありますがこの後ガイドに持ち歩いて雨のビーチで弾かなきゃと思ったら、思いがけない日差しが眩しいくらいに照らし始めました。

なのでお礼を言ったらその場を後に、すっかり長居してすでにお昼ということで、せっかくの天気になったしお弁当買ったら海を目指し、片手に三線もう一方の手にお弁当持ったら・・・

プキビーチに到着です!

Dsc017544

ヒロユキさんも一緒に弾いてよ!ということだったので僕も三線持ってビーチに降り立ったら、それぞれ三線ケースをテーブルにお弁当の蓋を開けます。するとバナナさんが突然絶叫するのでなんだろうと思ったら、ビーチに向かって傾斜してるから三線ケースの上をお弁当がスルスルと滑っていて、だけど全く反応出来ずにただただ叫んでるだけのバナナさんなのです。まあラッキーなことにひっくり返らず済んだから命拾いしたけど、一歩間違えたらひとつのお弁当を二人で分け合うことになってたかも。

では食事の後は早速ケースから三線を取り出したら、一緒に海を眺めながら弾いてます。いままでたくさんの人が三線を買って帰ったけど、バナナさんのが一番いい音鳴ってるんじゃないかと。まあ一番高級なの買ったってことでもあるんだけど明らかに僕のよりいい音だし、悔しいからバレないように交換してやろうかと思っちゃうくらい。

そんな強い思いを持って今回やって来たバナナさんなので、そろそろアレやっちゃったら!?って言ったらそうだねってことで一旦車に戻り、コソコソと人目を気にしつつ準備したらまたビーチに戻り・・・

衣装に着替えちゃった!

Dsc017784

念願叶って新しい三線を手に入れたらぜひやりたかったんだそうで、わざわざ三線サークルのメンバーに借りて持ってきていたのです。1月とは思えないくらいのジリジリと照りつける日差しを浴びながら、言われたとおり海を背景にしたバックショットと、それから言われてないけど動画も撮ったら嬉し恥ずかし大満足。

その後は気になっていたプキの家の建設現場に行こうってことで、そのままでいいじゃんって言うんだけど恥ずかしいからと衣装を脱いで行ってみると、現場監督はじめ職人の人が大勢でちょうど基礎の鉄筋を組んでるところでした。

鉄筋の密度がすごいです!

Dsc017904

現場の皆さんによろしくと伝えたら、リクエストにお応えして次に目指すは池間島の遠見台。ここでも三線持っててっぺんまで登ったら、見下ろす景色に見とれながら気持ちよさそうに弾いてるバナナさんなのです。

その後はサンゴの海が広がる岩場にやって来たら、誰もいないからとまた衣装を取り出して、北風ピューピュー吹く中で・・・

帯が着物が風になびきます!

Dsc018114

苦労しながらも着替えたら三線弾きながら日差し待ち状態ですが、すっかり雲に覆われその気配もないままに猛烈な北風に吹かれ過ぎて涙も鼻水も流れつつプルプル震えては我慢して、僕はそんなバナナさんの風下で丸まってるけど我慢の限界撤収です。

ではいよいよ本日の第二章、運命のご対面へと突撃です。

実は今回バナナさん記念すべき節目の誕生日ということで、自分へのお祝いに三線買うんだってずっと前から公言していたのです。それを聞いていたのは僕ら以外にもいて、それはとっても身近な人バナナ姉さんです。で、妹想いの姉は前回来たときに三線の爪を工房で手作りし、そして妹の旅のプランに合わせて内緒でプキの家に来たのです。もちろん僕らは聞いてるのでサプライズに協力しますよと快く受け、なのでバナナさんには内緒にしてたってわけ。

そんなこんなでバナナ姉さんの待つプキの家へと帰ってきたら、メグミさんをビックリさせよう!って僕の提案でまたまた衣装に着替えてもらって、もちろんビックリさせる相手はバナナ姉さんなんだけど、その格好で玄関開けて ただいま~!って。するとちょっとそわそわしながらも平静を装いシレッと座ってるバナナ姉さんがいて、その姿を見たバナナさんが一言・・・

来てるの知ってたで!!

Dsc053554_2

エ~~!うっそぉ~ん!!というわけで、姉の浅はかなサプライズはとうの昔に妹にバレバレで、なんだかそれに荷担した自分まで失敗したような恥ずかしいようなそんな気持ちにさせられちゃうのでした。なんでわかったん!?って問う姉に妹から順を追って説明がありましたが、確かに姉が浅はかで分かりやす過ぎであったと言わざるを得ませんです。

喜び落胆色々あったせいか今夜はなんだかみんなして早々と睡魔に襲われちゃってますが、明日が誕生日だからせめて日付が変わるまではってことで姉さんから差し入れの美味しい訳ありスイーツを戴いたり、もう寝ちゃうって状態になったら友達から電話がかかってきたバナナさんに代わり僕がバナナさんの三線を弾いてみたり。そしていよいよ時計の針が0時を指すよってところで記念すべき節目の誕生日をどう迎えようかと電話切ったばっかりのバナナさんはバタバタしちゃって、慌てて僕の三線を手渡したら音が合ってないから合わせるんだけど焦っちゃって、合わないままに日付は27日になっちゃってる残念なバナナさんなのでした。

だけどそんな妹に姉から花束が・・・

良かったね!

Dsc053854

だけど渡し方がいただけない、スーパーのレジ袋に入ったまんま、近所のオバアが野菜持って来たときのやり方でドスンと置いて、またしてもみんなから 姉さんガサツだから!って言われちゃってます。そして次の夜に渡すんだろうと思っていた手作りの爪もプレゼントしたら、それを付けてバナナさんから感謝の気持ちを込めた一曲を。

そんなわけで今回初めてバナナ姉妹が揃った本日のプキの家ですが、一方は念願の三線をゲットして夢が叶い、もう一方はまさかのサプライズ失敗という明暗クッキリハッキリ分かれた一日となりましたが、妹の誕生日を祝ってやりたいという姉の気持ちは十分に伝わったことでしょう。

素敵な想い出になって良かったね!


ついに新しくなりました!

2012年01月25日 | NEWプキの家

台風ですか?こんな時期に!?ってな感じの大荒れの天気で始まった今日ですが、お昼にはなんとか雨風も落ち着いてきて、用事ついでに建築現場まで行ってみると少し変化が。

わかります!?

Dsc017284_2

先日捨てコンクリートが打たれましたが次の行程は基礎なので、大量の鉄筋が運び込まれておりました。ただ天気が天気なので今日は作業しなさそうな、そんな気がしております。

そしてもうひとつ、こちらは危うく気付かぬまま通り過ぎそうになっちゃったけど、浄化槽が設置されておりました。すでに本体は地中に埋められてるので、見えるのは・・・

並んだマンホールだけ!

Dsc017334

そんなわけで新しいプキの家完成に向け少しずつだけど進んでいく姿を確認したら、こちらは一気に新しくなっちゃったものをご覧いただきましょう。それは島の海風に晒されすっかり錆び付いちゃって、もうとっくに限界を過ぎていたプキの家のレンタサイクルさん。

気に入ったのが1台しかなかったのでとりあえずですが、こちらが新加入の・・・

ママチャリさんです!

Dsc017354

自転車派のみなさんも、ぜひぜひサイクリングを楽しんじゃってくださいませ。

ただここんところの宮古島は・・・

寒いよ~!


頑張れハリセンボンさん!

2012年01月22日 | プキの家

昨夜はワケあってハリセンボンさんは早くに寝ちゃったんだけど海人さんとは遅くまで飲みながら語っていて、なのに今朝は早くからなんだか賑やかな二人のお部屋。

まるで修学旅行の女子高生かと思うくらいにキャッキャいって楽しそうだから一体何なんだと行ってみると、リビングに登場していたハリセンボンさんは、ひとりポツンと・・・

直立不動ですか!?

Dsc017274

でもなんだか違和感、不自然な立ち姿に見えません!?

そう、そうなんです。実はハリセンボンさんギックリ腰で今回旅行に来れるかどうかも分からないくらいの状態だったのが、病院行ってお薬もらってなんとかプキの家に遊びに来たって状況だったので、昨日の日記で「こちらは全く別の事情であんまり動かないハリセンボンさん」と書かれたりしていたし、その前の日も痛みでほとんど眠れなかったそうなので昨夜は早くに寝ちゃったり、そして今朝は目が覚めて起き上がることもできないくらいに悪化してるハリセンボンさんを見て海人さん大笑いしていたということで、全ての出来事がこの直立不動へと繋がる布石だったのです。

そんなわけで動けなかったり動いてもロボットみたいな動きだったりのハリセンボンさんを見ては、かわいそうではあるんだけど可笑しくって、そんな状態なので着替えるのも一苦労だから10分経ってもまだ終わらず 女子か!ってツッコミ入れられたりして、ようやく着替えが終わっても立ち向かうべき困難はまだまだあって、こんなことに・・・

何のポーズ!?

Dsc053374

ご覧の通り足下にある充電完了したデジカメの電池を取ろうとしているところでございます。

ちなみに取ってあげない手伝ってあげないのは本人の希望でありリハビリであって、僕らが意地悪しているわけではありませんのでお間違えのないように。だけど笑いながら写真撮ってるのは意地悪なのかな?

ではようやく準備も出来たらそろそろお別れの時間、宮古の滞在はもう1日あるんだけど今日はお仕事関係での宿泊となるので僕らとはここでお別れです。

今度は家族旅行で!

Dsc053464

海人さんは次回3月に、プキの家でお友達になったアヤリオファミリーと日程合わせて来れたらって、そしてハリセンボンさんは梅雨明け6月に新しいプキの家に来たいなあってことで、まあ沖縄本島からだから飛行機1本で気軽に来れちゃうもんね。

次回はお仕事とは関係なく100%遊びの旅行としてぜひぜひ来てくださいな。その時はもちろん・・・

体調バッチリでね~!


お仕事という名の下に!?

2012年01月21日 | プキの家

今日は雨の予報もなんとか曇りでおさまってくれて、それどころか晴れ間も見えてきたお昼過ぎ、青空の下ラッキーなお客さんがやって参りました。

そんな本日のお客さんは沖縄本島に遊びに行ったときもプキちゃんの手術の時にもお世話になった海人さんと、それから本島に行ったときに美味しいタコ焼きを作ってくれたハリセンボンさんです。そんなお二人さんなので、手土産にと戴いた地元の名産は・・・

沖縄ですから!

Dsc017184

今回は海人さんが一応仕事という名目のもと、それにハリセンボンさんも便乗して、ちょうどタイミング的にもプキの家が1月で終了だということなので遊びに、いやあくまでお仕事ということでやって来たのでした。まあプキの家は1月で終了ではなくなったんだけどね。

そんなわけで やっぱりいいなあ!って久しぶりのプキの家でのんびりを堪能している海人さんと、こちらは全く別の事情であんまり動かないハリセンボンさんなんだけど、とりせずは仕事を片付けなきゃってことで、だけども・・・

のんびりしたいのです!

Dsc017194

だけどそろそろ行かなきゃってことでお部屋に入って、準備が出来たから出てきたのかと思ったら、もうひとつプキの家にお土産が!ってことでなんだかちょっと重たい箱を手渡されたので箱を開けその中に手を突っ込んで、何が入ってるのか手探りで当ててみようとしてるんだけど・・・

難しすぎない!?

Dsc017244

陶器のようなもので蓋があって、だけど表面の手触りはボコボコで何だか全然分からなくて、最後はもう無理ってギブアップして取り出してみたら、新プキの家がオープンするとき飲んで!ってことで、箱の中身はシーサー型の泡盛ボトルなのでした。

ではそろそろ仕事の約束があるからと出掛けたら、しばらくして電話があり もう仕事は全部終わりました!って 早っ!と思いながらもこれから行くのにどこかオススメの場所はありますかって言うので新しいプキの家に行ってみたらとオススメしたら、帰ってきて二人して興奮気味に新しいプキの家とプキビーチの素晴らしさを語ってくれてます。

そして今夜は久々の再会に乾杯したら、プキの家もそうだし海人さんもハリセンボンさんもそれぞれに今年は転機の年だから色々と熱く語ってますが、そんな中でハリセンボンさんから重大な発表っていうか決意表明というか・・・

背後のプキ人形に見守られながら!

Dsc053304

話しの詳細はまあここだけのこととして、なんていうか人の縁っていうか繋がりっていうか、そんな掛け替えのないものをみんな持っていて、それって本当に素敵なことだなあと、もっともっと大切にしていかなきゃなあと改めて思ったりした夜となりました。

ハリセンボンさん頑張れ~!


それっぽくなってきた!?

2012年01月20日 | NEWプキの家

今日はまた曇りのお天気になってますが、近くまで行く用事があったからお昼に建築現場に行ってみたら、遠くからでも分かるくらいに巨大なものがそびえ立っておりました。

それは何かといえば・・・

巨大なコンクリ打設ポンプ車です!

Dsc017094

僕が到着した時は、ちょうど捨てコンクリートを流し終えたところでした。

今までは穴掘ったり基礎の土台に栗石敷いたりその上に土を盛ったりで、見た目的にはまだまだ建物が建つって感じもなくどっちかっていうと遺跡発掘現場のような状態だったけど、捨てコンが打たれてようやく建築現場らしくなってきたような気がします。

そうでもないか!?

Dsc017124

コンクリートが固まらない内にせっせとコテでならしてる職人さんによろしくとお願いしたら、その後は曇り空のプキビーチへ。

ビーチの入り口に車が1台あったんだけどビーチには誰もいなくて、車の主はどこへと思ったら、遠く沖の方で銛持って獲物を狙ってるようでした。こんなに寒い中ご苦労様です。

穏やかな海です!

Dsc017154

その後はバタバタと用事を済ませて帰ってきたら、先日注文していたものが届いておりました。

それはそれは・・・

何でしょう!?

Dsc017174

それは建築用に購入した電動工具、まずは研磨切断用のディスクグラインダーと15Mのコードリールを入手しました。

初めて使う機械なので上手く扱えるのか少々不安もありつつ、これからは空いた時間で少しずつでも作業をしていこうと考えてるわけです。

ケガに注意しながら頑張っていこう!