島人の生活第三章

宮古島のちっちゃな民宿プキの家の楽しい日常を綴ってます。
プキの家に遊びに来たい人も旅の想い出に浸りたい人もご覧あれ!

それぞれの夕日を!

2013年02月28日 | NEWプキの家

窓から射すキラキラの朝日が眩しい朝、そんな笑顔のような太陽に負けないくらいの笑顔はじけるのはタプーちゃんと遊んでるミワさん

ほらね!

Dsc019405

朝食の自家製パンも季節はずれのマンゴーも喜んで頂けて良かったし、タプーちゃんとの時間もたっぷり楽しめたし、プキの家っていうか宮古の滞在は1泊だけと短かったけどたっぷり楽しめたね。今日は夕方の飛行機で石垣島へ、そこから竹富島に渡るんだということで日程の都合もあって慌ただしいではありますが、その前に昨日見れなかった青空の宮古を楽しまなきゃ。

だけどもなんだかのんびりしちゃって最後はなぜだかプキの家の屋上と外壁に使った遮熱塗料の話しになって、それウチで使ったのと同じやつだ!ってお二人のお家も去年同じ塗料で屋根の塗装をしたんだそうで早くもその効果を感じているらしいんだけど、僕らの話を聞いてより一層 この夏が楽しみ!って。

では準備が出来たらお別れ前、最後はもちろんシゲキさんだって・・・

タプーちゃんと遊びたい!

Dsc019685

池間島のグラスボートに乗るんだってことで電話したら、もうすぐ出航するから10分で来なさい!って言われて慌てて外へと飛び出したら、最後はみんな揃って写真を一枚。

嬉しそうな顔してタプーちゃんを抱っこしてはずっとこのままでもって感じのミワさん、その想いが伝わったかタプーちゃんシャッター切れる瞬間横向いちゃって、撮り直しの一枚で・・・

今度はバッチリ!

Dsc019865

ぜひ宮古の青い海を楽しんで、そして今日は竹富島から綺麗な夕日が見れるはず。

そんなお二人さんを手を振り見送ったら、お昼からはこの炎天下で作業に汗を流し、お散歩の時間に合わせて終了したら日焼けで真っ黒&腰が痛い痛い。シャワー浴びたらメグミさんと共に張り切ってお散歩に出発、一昨日会ったワンちゃんに遭遇するも無視して素通りされちゃって寂しそうなタプーちゃんだったけど、お次に登場のワンコには・・・

ウーウー唸られちゃってます!

P22869145

そんな空気もまだ読めないお子ちゃまタプーはどんどん近付こうとして、なのでリード引っ張ってお別れしたら、そこからは海を目指して慎重にダッシュダッシュ。なぜにダッシュするのかと言えば温くなっちゃうからなのさ、なぜに慎重なのかと言えばそれはお散歩バッグに缶ビールが入っているからなのさ。

プキビーチに到着したらちょうど海へと落ちていく夕日を見ながら早速労働の後の一杯を喉に流し込み、大好きな海で嬉しそうな笑顔のタプーちゃんと赤く染まる夕日を・・・

贅沢な時間です!

P22869245

きっとお二人さんも竹富島のビーチから同じ夕日を見てるんだろうなあと思いながら、水平線の少し上で雲に隠れて消えるまで眺めたら・・・

さあさあプキの家へと帰りますか!