SNOW WORLD

北の大地でのんびりまったり・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミジンウキマイマイに燃えた冬・・。

2013年04月12日 22時06分28秒 | Diving

知床ダイビング企画の写真家、関勝則さん、スタッフの川原さんのミジンウキマイマイの写真を写真展で見て 感動の嵐が吹いた(笑) 今まで見て撮ってきたマイマイはなんだったんだろう・・・。
二人とも全く違う撮りかただなのだけれど キレイで可憐でそしてちょっと不思議なマイマイ。二枚とも素晴らしい。

到底2人に敵う訳はないけれど 「あんなふうに撮ってみたい」と強く思った。

氷が去って 海草も伸びてきて 浅場でのターゲットとなる。

マイマイやクリオネなど浮遊生物は 一日の海でも ワサワサいる時と全くいない時があり ある意味一期一会。
エントリー直後にはワサワサといて エキジット間近に撮ろう・・と深場から戻ってくるとなぜかいない・・ということもしばしば。

なのでその瞬間は逃せない・・・けど 撮った後、確認しないまま バシバシ撮りまくるので 後になって捨て写真ばかり・・。



でも今回は気合をいれて入れすぎて酸欠間近になりつつ あい変わらずのバカっぷりに自分ながら呆れる

けど楽しい(笑)





マイマイの体はカタツムリみたいな感じに羽が生えている感じ^^;

なので左右の見方で写真が変わる。
前?からみても後ろから見ても・・不思議。



















できれば 貝の中のぐるぐるしてる方を撮りたいんだけれど そんな時に限って反対側を見せてくれる

それに水中で浮かんだままジーッとしているから 寄って撮ろうとした途端 バタバタとせわしなく泳ぎだす

まったくもって たかが1センチも満たない生き物に 遊ばれる私なのです


でも楽しかった。。
それでいい。。

今、すごく忙しいけれど その充実感の貯金があるからこそ 頑張れる。

また海・・いこ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2013年2月の羅臼 流氷編 | トップ | ゴッコbaby »
最近の画像もっと見る

Diving」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事