PTA?ってなぁに??って考える”おやじ”のブログ (毎日更新中!?)

PTA活動に関わりを持ってみる皆さん・・好きな方も嫌いな方も・・お父さんもお母さんも・・ちょっとPTA談義しませんか?

20181128 お礼状♪・・・10年前の今日・・・PTA談義過去編第199弾(新教育委員に・・・)

2018-11-28 23:59:59 | PTA談義(全般)

後始末は、次の出発点

 

立つ鳥跡を濁さず、一つの仕事が終わったら、

感謝して片づける。清掃する。速やかに

礼状を書く。それが次への準備となる。

 

 

その通りですね。(●^_^●)

これは、昨日の事業の様子です。

20181127 PTA談義はお休み・・・『整理』ミニセミナー報告です。( ..)φメモメモ

そして・・・

冒頭の画像は、そのお礼状です。

空欄の所へ、メッセージを添えてお礼状を送付させて戴きました。

まさに?次への準備となっていますね。

 

さて・・・

10年前の今日・・・PTA談義過去編第199弾です。

PTA活動からの保護者枠(新設された)での教育委員へという流れ・・・

やはり?いろいろな関わりの中でいろいろなコトがありました。

 

081128 新任市町村教育委員研修会に参加して… 思い・・・

2008-11-28 06:35:08 | 教育話(教育委員会)

『 「ありがとう」の一言に 心を込める 』・・・・・
感謝の一言にも無限の味わいがある。これで充分という限界は無い。
今日一日、心を込めた「ありがとう」をどのくらい言えるだろう。
負けても、辛くても、悔しくても、心からの「ありがとう」が言えるだろうか。

この言葉を聞くと・・・もう一月が終わりなんだ・・・って実感・・・
ありがとうございました。って自然に出てくるようになりました。・・・
そしてこの言葉を見るのも・・・来月の28日を残すのみとなりました。・・・
一年ってあっという間ですね。・・・・
今に感謝“して・・・今日に感謝して・・・今月に感謝して・・・最後は今年に・・
(やばっ・・・このまま書いていくと・・1年の締めくくりモードになってしまう(笑))

さて・・・昨日は、新任市町村教育委員研修会・・・に参加してきました。
いわゆる“新人さん研修”ですね。・・・
凄い新鮮な気持ちで・・・緊張という面持ちで・・・研修を受けてきました。(笑)
最近は、色々な役割に継続的に取りんでいる関係でこういった研修は刺激的です。◎

いくつか頭の中にくすぶっていたものが・・・整理が出来た・・いい時間でした。
その一つが・・・
『レイマン』(一般人)・・・・の説明・・・
単なる「素人」ではない、一般的な学識・経験が豊かであり、人格が高潔な人であるが
教育の専門家ではないという意味・・・・とお話が・・・・

そして、教育委員へ求められているもの・・・
素人としての新鮮な意見をぶつける事、それが期待されている・・・というお話も

もっと言うと・・・
今年始まった保護者枠(原則5人の内の一人は現役の保護者(PTA世代))・・・
教育委員が名誉職化?や会議が形骸化では?という指摘がある中での動き・・・
実際の保護者世代の声?を・・・・という部分・・・

一つで無く3つでしたね。(笑)
正直・・・教育という部分・・・プロではない私・・・大学も理系だし・・
今から教育論やら教育行政論・・・付焼刃的に勉強?・・・それで良いのかなと(笑)
迷っている部分がありました・・・
机上の教育論は・・・まさに専門的な知識という物が必要だと感じていたので
昨日の研修会でのお話はそういう意味での・・本当の目的?や役割を知る機会でした。

参加者のうち・・・ほとんどの方が保護者の方だったようで・・・
(当然ですよね、今回新しい制度なんですから、元々存在していない所は全て対象に)
残念ながら横の連携を取る時間はありませんでしたが・・・
お隣の方とは、名刺交換を・・・・本職は、宮司さんでした。・・・凄いですね。!?
もうおひと方・・・県P連の家庭教育委員会でご一緒させて頂いている方も・・
これには、本当にびっくりでしたね。(同期生です。よろしくお願いします。(笑))

群馬県としての教育に対する考え方・現状を少しでも知る良い機会でした。・・・・
2部構成で・・・・
『学校教育における諸課題』と『教育委員制度について』の講義?研修でした。
県の教育委員会事務局の教育課指導係長と総務課長により丁寧な説明が・・・◎

守秘義務という部分の説明も・・・このようなブログでは特に細心の注意が・・

教育基本法の改正の中で・・・教育の目標という物が新設されたと・・・
ちなみに目標と目的は違うと・・・
目的・・・最終的な到達点である。
目標・・・最終的な到達点に至るまでの道しるべ・・・使い分けを!というお話しで
なるほど、私自身の中でも曖昧でした。(これもある意味すっきり!?しました。(笑))

教育現場・・・学校に届くクレーム?・・・
その多くが誤解と説明不足だと・・・・ニーズと結果が食い違う・・
(そのニーズと元々の目的が違うという部分も・・・あるのでしょうか??・・・)
個人的には・・・
『ありがとう』って感謝も気持ちが・・・そこに存在するだけで・・・違うのかなと
一番根っこのその部分・・・・そこが欠落してしまっているのでは?って

“生きる力”・・・って子どももそう・・親(保護者たる大人)も・・・
そういう意味での“生きる力”・・・一緒に育んでいけたらいいですね。
本来は、家庭の中で醸成されるものも多々・・でも一緒にという発想ならOKですよね
それを学校に!(だけ?おんぶにだっこ)って話になるから・・・
一緒に・・・って・・・教育委員会もその時に一緒にって関わりで・・・??
“生きる力”・・・一緒に生きていく中での個と公の確立なのかなぁ・・・と

話が飛んでしまった?(笑)
新学習指導要領や学校教育指針やら沢山の資料やお話も・・・・
WEB資料になっているものも(今後そういう形で発信するものも)
こういった部分の中からお伝えできるものを形にしていきたいと思います。

知った人から知らない人へ・・・・
教育って一番関心がありながら・・・風評や聞きかじり?って多くないですか?
きちんとした情報や知識を・・・・
ある意味私も一緒に・・・(笑)
そういう気持ちになる新人研修でした。ありがとうございました。

今日も一日よろしくお願いします。

コメント