goo blog Hone.のたま~に戯言

我が家のPCはWindows11に対応しない機種が多い

更新:2021年08月26日 TPM2.0やセキュアブートの回避方法

我が家のPC達
 私が現在所有するPCは殆どが旧機種であり中古やジャンクとして販売されていた製品です。

それらをメンテナンスや改造、増設などを行いOSのチューニングによって現在でも不足なく使用できている状態です。

TPM2.0やセキュアブートの回避方法
 これは現在「プレビュー版や開発版での成功例」ですが、どうやらWindows11の必須要件のTPM2.0やセキュアブートを迂回してWindows11をインストールして使用できるそうです。(情報提供:GDB_IMPREZA様ありがとうございます)

最近発表されたMicrosoftの次期サービスであるWindows11に対応機種の敷居があるようなので我が家のPC達がWindows11を利用可能かどうか調べてみることにしました。

この記事は2021年06月現在のWindows11必須要件を参考に編集しています。

Windows11必須要件
・第七世代Core CPU「Kaby Lake」以降
  (指標はDDR4メモリを搭載するPC)
・AMD Ryzen「Zen 1」 以降
・Atom系はGemini Lake(Goldmont Plus:5000番台)以降
  (対応していても使い物にならない可能性あり)
・グラフィックス機能がDirectX12対応
・メモリ4GB以上
・TPM2.0サポート
・64Bit UEFI BIOSによるセキュアブート
・64Bit 命令をサポートしたCPUまたはSoC
・ストレージ64GB以上の空き容量(SSD推奨)
・9インチ 8Bit Color以上の表示デバイス(UMPCは不可になるらしい)
  PCにプリインストールして販売はできないらしいです
・Microsoftアカウント
・インターネット接続環境


Microsoftがプロセッサ(CPU)でWindows11のインストール可否を判別するならば、
我が家のPCは全部非対応になります。

以下のリストは最早意味をなさない可能性があります。

ASUS Vivobook E200HA(初期型)

Atom x5-Z8300 メモリ2GB ストレージ32GB 64Bit UEFI BIOS セキュアブート TPM2.0 DirectX12
非対応

DELL Venue 11 Pro 5130 (T06G)

Atom Z3770 メモリ2GB ストレージ64GB 32Bit UEFI BIOS セキュアブート TPM2.0 DirectX11
非対応

Dell OptiPlex 3020M

Core i3-4130T メモリ8GB ストレージ128GB 64Bit UEFI BIOS セキュアブート TPM1.2 DirectX12
非対応

Diginnos Altair VH-AD2

Atom Celeron N3150 メモリ4GB ストレージ128GB(増設) 64Bit UEFI BIOS セキュアブート TPM2.0 DirectX12
対応

Fujitsu ARROWS TAB Q555/K32

Atom Z3745 メモリ4GB ストレージ64GB 32Bit UEFI BIOS セキュアブート TPM2.0 DirectX11
非対応

Fujitsu Arrows Q665/M

Core M-5Y10c メモリ4GB ストレージ128GB 64Bit UEFI BIOS セキュアブート TPM無し DirectX12
非対応

Fujitsu LIFEBOOK S935/K

Core i5-5300U メモリ6GB ストレージ128GB 64Bit UEFI BIOS セキュアブート TPM無し DirectX12
非対応

GPD WIN アルミシェル版

Atom x7-Z8750 メモリ4GB ストレージ64GB 64Bit UEFI BIOS セキュアブート※ TPM2.0 DirectX12
※サードパーティー製チェックツールで対応を確認
対応

HP EliteDesk 800 G1 USDT

Core i3-4130T メモリ8GB ストレージ128GB 64Bit UEFI BIOS セキュアブート TPM1.2 DirectX12
非対応

NEC PC-VK24VTAMJ

Atom Z3795 メモリ4GB ストレージ128GB 32Bit UEFI BIOS セキュアブート TPM2.0 DirectX11
非対応

NEC VersaPro PC-VK23LBZGR

Core i3-6100U メモリ4GB ストレージ512GB 64Bit UEFI BIOS セキュアブート TPM1.2/TPM2.0(PTT) DirectX12
対応

Toshiba Dynabook VT712/H PS712HEM6L7A71

Core i5-3339Y メモリ4GB ストレージ128GB 64Bit UEFI BIOS セキュアブート TPM1.2 DirectX11
非対応

Shuttle DX30D

Atom Celeron J3355 メモリ8GB ストレージ128GB 64Bit UEFI BIOS セキュアブート TPM2.0 DirectX12
対応


 我が家のPCはWindows11に対応する新しい世代のPCが無いので今まで通りWindows10もしくはWindows7を使い続けることになりそうです。

またWindows10はバージョン1511を使用しているためWindows11必須要件チェックプログラムも動作しないのです。(実行時にWindows10 1803以降でないと動作しないと警告を表示して終了する)

新しいWindowsには興味がありますが起動だけで2GBもメモリを必要とするOSは無駄にメモリを食いすぎているとしか思えないです。

ちなみにWindows10 1511は不要なアプリやサービスを消すと起動メモリは700MB以下になります。

今現在OSに不自由がないのであれば急いでWindows11に乗り換える必要は皆無であると思います。

コメント一覧

psyna_hone
>IMPREZA様
ご覧いただきありがとうございます。
Windows11ですか、興味深い情報ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
IMPREZA
ASUS E200HAにWindows11をインストール出来ないか情報を集めるために何回かお邪魔させていただきました。
以前、ネットの情報でWindows11のPCチェックをコマンドプロンプトにて全てキャンセルする情報がありました。
出来なくて当然と思いながらWindows11のインストール時に全キャンセルを試したところ、無事ASUS E200HAに新規インストールでWindows11がインストール出来ました。
ただ、インストールの際には最低でも無線か有線LANの接続と有線マウスの接続が必要になります。
インストール後、デバイスの空き容量は3GBぐらいとWindows10の時とあまり変わりません。
RAMに関しては2GB中1.9GBが空きと表示されています。
インストールしてすぐはデバイスマネージャでは不明なデバイスが多いですがASUSからダウンロードしたドライバーを当てることで普段使用では問題ないレベルまで解消出来ます。
E200HAを延命するならやってみる価値はあると思いますよ。
psyna_hone
>倉津様
ご覧いただきありがとうございます。

PCのアップグレードにお悩みと推察いたします。
お使いのPCはHPの製品であるとの事、経験則でよろしければ機種情報の検索方法を書きます。

まずHPのPCという事がわかっていますので型番+スペックなどの検索文字列でお使いのPCを検索し情報を集めます。

必要な情報は
 CPUの種類:Intel製で最低第一世代Core製品が必要かもしれません(セキュリティ機能の下限)
 メモリの量:4GB以上
 ストレージ(HDDやSSD)の空き容量:64GB程度空きがあれば安心です

以上の情報が集まったら当ページに掲載していますTPM2.0やセキュアブート回避方法のリンクを参考にしていただけます。

最後にお使いのPCのBIOSが「UEFI」に対応していない場合、Windows11は諦めたほうが良いかもしれません。8年前でしたらこれが引っかかっている可能性がありますね。
倉津
自宅にある8年前に買ったHPノート
現在情報をHPのホームページで探していますが
肝心のホームページがクロースしています
アップデートの方法を教えてください。
レジスト変更DLL削除等を実施してもダメでした。
管理人
>GDB_IMPREZA様
ご覧いただきありがとうございます。

Windows11の旧機種へのインストール成功おめでとうございます。

Windows11は起動だけでメモリ2GB以上必要とするようです。仮に起動できたとしても「素」の状態では非常に動作が重く感じることでしょう。

セキュリティ機能を総て無効化してやっと「使えるかな?」と感じる動作になると予想します。

ただ強制インストールは古い機種でのWindows11を「体験」するには非常に有効かつ興味深い方法だと感じています。

ぜひ製品版でも強制インストールが有効である事を期待素たいですね。

興味深い情報をありがとうございました。
GDB_IMPREZA
ASUS H200EにWindows11をインストール出来ればと私も色々と試しましたが無理でした。
やはり、メインメモリー4GBとストレージ64GBの壁をクリアしないとWindows11のインストールは無理そうです。
ただ、TPM2.0やUEFIの項目をスキップしてWindows11をインストールする方法があり、その方法を試したところCore2Duo P8700のノートPCにWindows11をインストール出来ました。
URLを書き込みしようとしたところ、レス出来なかったのでページのタイトルだけ書いておきますね。

Windows11のアップグレード/インストールが出来ない時の対処法
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

最近の「Windows11」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事