Hone.のたま~に戯言

パソコン好きなおじさんのブログ。一言「私はジャンクスキー(笑)」

Sony Xperia Z Ultra LTE C6833を保護w

2018年02月13日 20時57分36秒 | Remix OS・Android
SONYの巨大スマホ「Xperia Z Ultra」の海外版
C6833が大須の某店にてBランク品で16800円でしたので
保護してまいりました。

理由は簡単。

Android7化して要らないアプリの無い
快適「巨大スマホ」にしたいからです。

なぜに巨大かというと液晶が6.4インチあり
5インチクラスのスマホの1.5倍近いサイズがあります。

でも2013年頃のSnapdragon800でモッサリな機種です。


色は紫

Android7化
 結局Android7化すると微妙に動作が鈍る事が判り
Android5のままRoot化して不要アプリを全消しした
方が動作が良かった為、Android7化を断念しました。

またユーザーサイドでビルドしたAndroidでは
 ・カメラ
 ・NFC
 ・ワンセグ/フルセグ
が動作しない事が判りました。
これはSONYの端末特有の現象でほぼ全ての機種で
同じような不具合が出ています。

また、Android7を入れても別途Google Appsを
インストールするのに必要なリカバリが、
ZU-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined
ではインストールに失敗します。

Android5での軽量化の作業メモ
必須ツール
 ・7z
 ・flashtool-0.9.23.1-windows
 ・XperiaCompanion
 ・x10flasher
 ・Xperia Z Ultra Unlockcode
  端末のブートローダーのアンロックに必要
 ・C6833_14.5.A.0.270_1276-4758_R1D.ftf
  Root化可能なC6833用グローバル版
 ・rootkitXperia_20150926
  Root化ツール
 ・ZU-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined
  Android5でのカスタムリカバリー

手順
 ・Windowsパソコンに
   7z
   XperiaCompanion
   flashtool-0.9.23.1-windows
   x10flasher(flashtool内へコピー)
   ADB Driver(flashtoolからインストール可)
   FastBoot Driver(flashtoolからインストール可)
   をインストール
   
 ・端末のブートローダーをアンロック
   電話をタップして「*#*#7378423#*#*」
   とダイアルするとサービスメニューに入る。
   サービスメニューの「Device info」にある
   「Configuration」を選択。
   Rooting Status
    Bootloader unlock allowed:Yesならアンロック可能。

   アンロックコードの入手
   http://unlockbootloader.sonymobile.com/unlock/step1
   上のリンクのページでアンロックコードを入手できます。

   flashtoolを使い入手したアンロックコードを入力して
   端末をアンロックします。(方法はGoogleで簡単に見つかります)

 ・flashtoolを使い
  C6833_14.5.A.0.270_1276-4758_R1D.ftf
  を端末に書き込みます。

  端末を起動し「設定」の「端末情報」から
  「開発者向けオプション」をONにします。

  開発者向けオプションで
  「USBデバック」をONにしてWindows PCに接続。

  Windows PCに
  ADB DriverとFastboot Driverをインストール。

  端末の認識ができることを確認して
  端末の電源をOFFにします。

  端末のボリューム「-」を押しながら
  端末にUSBケーブルを差し込みます。
  (FlashMode接続)

  flashtoolを使い
  C6833_14.5.A.0.270_1276-4758_R1D.ftf
  を端末に書き込みます。
  (flashtoolの使い方と
   C6833_14.5.A.0.270_1276-4758_R1D.ftf
  の入手方法はGoogleですぐ判ります。)

 ・Root化
  上で書き込んだファームウェアで起動し
  「開発者向けオプション」を出し、
  「USBデバック」をONにします。

  Windows PCと端末を接続し認識させます。

  rootkitXperia_20150926.zipを解凍し
  中にある「INSTALL.BAT」を実行。
  Root化が完了すると自動的に端末が再起動。

 ・カスタムリカバリーのインストール
  Windows PCと端末を接続し端末を起動、
  Windows PCに認識させる。

  ZU-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zip
  を解凍し、中にある「INSTALL.BAT」を実行。

  処理が完了したら端末が再起動し
  カスタムリカバリーが起動する。
  カスタムリカバリーの使い方はgoogleですぐに
  見つかります。

 ・不要アプリの削除
  プレイストアから「SYSTEMアプリ削除」アプリを
  端末にインストール。

  SYSTEMアプリ削除を起動し、消したいアプリを
  選択して削除すると端末内を軽量化できる。

  注意:
   誤って必要なアプリを消すと挙動がおかしくなったり
   起動できなくなるのでカスタムリカバリーで
   バックアップを取ってから作業する。

軽量化のメリット
 普段まったく使わないアプリのアップデートを
気にしなくて済みますし、アップデートによるストレージの
容量減少も防ぐことができます。

なによりアプリが異常終了することを減らせます。

起動しているアプリが突然終了してしまう場合で、
アプリで異常終了する位置がバラバラな場合はメモリ確保に
失敗して終了してしまう場合もあります。

メモリに常駐するアプリを減らすことで使用できる
メモリ空間を広く確保できます。これにより
アプリの異常終了の頻度を少なくできます。

またパワーマネージメント機能の一種で「発熱制御」が
ありますがCPU温度を監視してCPU速度を制御するため
CPU負荷の高いゲームなどをプレイすると
CPUが発熱するため動作速度を落とします。すると
ゲームを快適にプレイできなくなります。

反面「発熱制御」を消してしまうと負荷の大きい処理が
続く場合、最悪CPUが処理を中断しアプリが異常終了する
ことになる場合があります。

この辺りは使用するアプリや使い方を加減する必要が
あります。

アプリの動作以外にはアプリケーションランチャーの
アイコン表示がスッキリ整理できます。

要らないものは表示しないほうが画面も見易くなります。

Antutu Ver7
 総合:62492
 3D:5410(一部非対応)
『モバイル機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 仮想通貨で色々事件が発生し... | トップ | Sony Xperia Z4 402SOを保護(... »

コメントを投稿