Hone.のたま~に戯言

パソコン好きなおじさんのブログ。一言「私はジャンクスキー(笑)」

NASを省電力なデスクトップに造り替え

2018年11月11日 15時30分01秒 | 日記
PCを減らすためにNASとデスクトップを1台に
 以前LubuntuでNASを構築していましたが、我が家のPCを減らす目的でNET接続のPCとNASの機能(暫定)を1台に纏めてしまおうとAsRock J3160DC-ITXマザーを小型キューブ形ケースに入れてデスクトップPCに造り替えました。目的としてはWindows7 Pro 64Bitを動かしつつIISでWEBマネージャを動かして、NETからファイルや画像、動画などをダウンロードしてHDDに保存していこうと思います。(後にデータストレージを外付けHDDケースに移します)


本機正面。普通のキューブ形PC

 本機のマザーボードは電源にACアダプタを使う比較的小規模な構成の省電力PC用マザーボードですが、今回使用したキューブ形ケースがSFX電源用のケースなので電源部分が空洞のままです。


本機上から、奥側の空間にSFX電源が入るはずですが・・・

 ケース背面にぽっかり穴が開いています。その代わりACアダプタを本機前面側の空間に無理やり押し込んで内蔵しています。


本機側面、前面側にACアダプタ(白いの)を押し込んで内臓

 内部ストレージベイが少なかったので3.5インチマウンタのHDD取り付けネジにアングルを増設してHDD1台を増設。FANレスCPUを搭載しているため内部空間には余裕があります。ちなみにストレージの電源はマザーから出ていて、HDDやSSD、ODDの搭載数や消費電力によって使用するACアダプタを調整する必要があります。今回90wのACアダプタを使用しています。(購入時の付属品は65w)


本機側面、HDDを吊るしで増設

 用途に対してHDDが1台足りなかったので2.5インチHDDをUSB3.0で無理やり増設。HDDを物理的に分けることで煩雑になるファイルを一度整理してから保存用HDDに書き込むことが出来ます。


赤いケーブルの隙間にUSB3.0接続のUSBメモリが2個

 起動可能なUSB3.0メモリを内蔵。LubuntuをインストールしてLinux系の作業はこのUSBメモリで起動して行います。また自身の発熱のために使用を見送っていたSunDiskの128GB USB3.0メモリも内蔵しています。本機のケースFANの風が常時USBメモリに当たっているので発熱で破損する心配がなくなりましたので一時保存領域としてこのUSBメモリも活用します。

スペック
 用途:NETからの情報ダウンロードと保存
 OS:Windows7 Pro SP2 64Bit
 CPU:Celeron J3160 SOC 4コア 4スレッド 1.6-2.24GHz 2Mキャッシュ 6w
 メモリ:DDR3-12800 PC3-1600 4GB×2(8GB)
 ストレージ:
SSD:Sumsung 128GB SSD(Windows7起動用)
HDD:WD 3.5インチ 4TB HDD×2
HDD:WD 2.5インチ 500GB HDD(USB 3.0接続)
USB3.0:SunDisk 16GB USB3(Lubuntu起動用)
USB3.0:SunDisk 128GB USB3(データ用)
 ODD:BD-RE 6倍速(ベゼルにはDVDと書いてありますが)
 電源:ACアダプタ 19V 4.75A

 本機のマザーは2016年発表のCPUにAtom SoCを採用した製品でCore CPUと比べるとパフォーマンスはかなり低い部類ですが、NETから情報をダウンロードしたりファイル共有したりする程度の用途なら問題なく動作します。また、この世代のSATAは6GBpsなのでブルーレイでのファイルの焼き出しなども比較的安定しています。(BDに関しては安定性重視で倍速でしか書き込みませんが)

ちょっと無茶な増設をしてますが
 そのうち4TBのHDDを外付けUSB3.0ケースに入れなおして本機を2.5インチSSD/HDDのみにしようと考えています。電源入れっぱなしで4TBのHDDが故障するとデータの損失が大きいので。4TBのHDDの替わりに2.5インチ1TB HDD2台に入れ替えて、無理やり取り付けているUSB3.0 HDDを外します。
『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« GPD WIN バッテリーを廃して... | トップ | Lenovo ideapad Flex 10のジ... »

コメントを投稿