goo blog Hone.のたま~に戯言

RemixOS 3.0 をインストールしてみた

更新:2016年07月29日
 記事執筆開始
 不具合追記


2016年07月26日にRemixOSのAndroid 6.0.1がベースとなっているRemixOS for PC 3.0.101が発表されました。我が家でも早速アップグレードしようと思いましたが、RemixOS 2.0.403からは今のところ直接アップグレードは行えないようです。なので思い切って人柱になるべくWindows7上から再インストールする形でRemixOS for PC 3.0.101 32Bitバージョンをインストールしてみました。

RemixOS for PC 3.0.101の入手
ダウンロードは「こちら」から。32Bi t版のダウンロードはTorrent Download 64-Bitの下にある「Alternative downloads」をクリックして、表示されたページにダウンロードリンクがあります。ダウンロードにはTorrentクライアントが必要です。

RemixOS 3.0のインストール
以前のRemixOS 2.0.403の時と同じ様にクリーンインストールもできます。インストール方法は「こちら」から。Windows上からインストールを行うインストーラーも付属していますので2.0.403の時と同じようにデュアルブート環境も簡単に作成できます。

以前のバージョンとの主な違い
・画面UIがAndroid 6.0.1の物に変更されている。
 当たり前のように感じますが、設定など初めてAndroid 6.0を触る人には戸惑う場面もあると思います。
・タスクバーに画面輝度調節が追加になった。
・通知領域の表示色が明るい背景になった。
・CPUの使用率改善。
・起動の高速化。
・アプリの全画面表示は各アプリのメニューバーの左上の┐└アイコンから行う。
 表示挙動は全画面時にはデスクトップと同様、ウインドウ表示時にはモバイル(スマホ)表示になるようです。

以前のバージョンと比べて残念なところ
・ディスプレイのスリープに「Never」がなくなった。
・最新バージョンの一部のアプリでRemixOS 3.0で起動できないものがある。
 PPSSPPは1.1.1にバージョンを落とすことで動作を確認。
・Microsoft Remote Desktopでリモート側のタスクバー周辺のアクセスが難しい
 全画面表示にしてもRemixOSのタスクバーが消えないためリモート側の画面に被ってしまい操作できない。
 RemixOSのタスクバーを消してもすぐさま表示されるので操作困難。
 設定でリモート側表示解像度を変更すると少しだけリモート側タスクバーが見えるようになる機種あり。

その他の挙動
・アプリは以前のものがほぼ動作しています。一部動作しなくなっているものもありますが割りと互換性は高いようです。

不具合(機種により動作が違う場合があります)
初期フォントの日本語表示で画数の多い漢字が薄く表示される。

スーパーユーザーモードでフォントの変更が成功しない。
 Windows7からインストールしたRemixOS 3.0 32Bit版にて確認。
 クリーンインストールしSYSTEM領域へのユーザーの書き込みを許可した場合は変更可能。

ローカルストレージがSD Card扱いになっておりSD Cardを認識していない。
 「設定」で「ストレージとUSB」にある「外部メディア」を選択すると「内部ストレージ」が表示される。
 複数のPCでの同様の不具合を確認。

初期設定時無線LANアクセスポイント選択画面の表示に不具合。
 文字が表示されているが透明で見えない。画面右上あたりをクリックすることでスキップできる。

TPMやCPUのセキュリティ機能をBIOSで有効にしていると無線LAN接続が自動で行われない時がある。
 BIOSでセキュリティ機能を無効にすることで自動接続するようになる。

初期設定のままだとダイアログなどで文字表示がはみ出して操作できない時がある。
 「設定」の「ディスプレイ」の項目「フォントサイズ」の値を一度変更すると正常に表示できるようになる。

アプリの自動更新や通知を行わない設定にしても強制的にアプリが更新される時がある。
 PPSSPP

一部のアプリでタスクバーを消してもゴミが残りその部分は描画されない。
 アプリ画面が下に入り込んでしまい操作できない場合もあり。

タスクバーを隠す状態でのアプリの全画面モードではクリック(タッチ)位置が微妙にずれる。
 タスクバーは隠さない設定でアプリを全画面化すれば問題はない。

デフォルトの動画プレイヤーを設定しようとしてもMX Playerが候補にない
 esファイルエクスプローラなどでネットワーク経由の動画ファイルを再生する場合デフォルトの動画プレイヤーが未設定の時がある。動画ファイルを再生するプレイヤーをMX Playerに設定しようとしてもデフォルトの動画プレイヤーの設定候補にMX Playerが出てこない。このような場合は一度MX Playerをアンインストールし再度インストールすることでesファイルエクスプローラーなどで動画ファイルを選択した祭MX Playerで動画ファイルを再生するようになる。ただしデフォルトの動画プレイヤーの選択候補にはMX Playerは依然出ない。

我が家の動作検証(インストールから特定のアプリの起動確認まで行った)機種
NEC VersaPro VB-B PC-VK13MBBCB
 Intel Core i5 560UM 1.33GHz(最大2.13GHz)、Intel Mobile QM57 Express、DDR3-8500(800MHz駆動) 4GB、128GB SSD、無線LAN Intel Centrino Advanced N 6200 802.11b,g,n 300MBpsで接続を確認。
 RemixOS 3.0.101 32bit版をWindows7よりSSDへインストール。
 また、32GB SSDにてクリーンインストールも実施。クリーンインストール方法は「こちら」を参考にしてください。
 ●クリーンインストール時の初期画面でWiFiのリストが表示されない。スキップにて飛ばしデスクトップのWiFiアイコンから設定。

DELL Latitude E5510
 Intel Core i3 350M 2.27GHz、Intel Mobile HM55 Express、DDR3-8500 2GB、32GB SSD、無線LAN Atheros AW-NB100H 802.11a,b,g 57Mbps 2.4GHzにて接続を確認。
 RemixOS 3.0.101 32Bit版をUSBメモリからSSDへクリーンインストール。
 ●WiFiの自動接続が行われない。デスクトップの無線LANアイコンをクリックしてアクセスポイントのリストを表示すると接続アクションを起こす。
名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最近の「OS Android・RemixOS」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事