Hone.のたま~に戯言

パソコン好きなおじさんのブログ。一言「私はジャンクスキー(笑)」

DG-D08IW2 ストアアプリをスタートメニューから一掃(戻せない)

2017年10月12日 21時33分41秒 | 日記
対象:Windows10 1511

条件:Windows10クリーンインストール時推奨

Windows10をクリーンインストール時に仮のユーザーを作ってログインする。
PowerShellを管理権限で実行し、以下のコマンドを実行。
(インストール直後のドライバを入れる前に行う方がトラブルがありません)

 Get-AppXProvisionedPackage -online | Remove-AppxProvisionedPackage -online

実行後、正規のユーザーを管理権限を付加して作成し再起動します。
再起動後、新しいユーザーでログインするとスタートメニューから
UWPアプリが消えている。(元には戻せないらしい)
初期設定時に反映されるためユーザーを新規に用意する必要があるらしい。

実行後インストール時に作った仮のユーザーは削除する。



こんな感じ。消えてないのは

 ・Cortana
 ・Edge
 ・Windowsフィードバック
 ・サポートに問い合わせる
 ・設定

 ・タイルにリンクと思われる物がある(消せます)

だけです。電卓すら消えるw
消しても消しても再帰するTwitterとCandy Crush Soda Sagaも
削除され現れません。

後から沸いて出るものw

 ・Windows 10 Creators Updateのプライバシー設定(KB4013214)
 ・KB4023057(更新プログラムの信頼性のための Windows 10 バージョン 1507、1511、および 1607 の更新プログラム)

KB4023057は「何者か?」の質問が多数されているにも拘らず公式見解が
返されていない謎の更新です。必ず削除しましょう。
Microsoftに関するものは「疑わしくは排除」が基本です。
コメント

DG-D08IW2 ストアアプリを勝手にインストールされないようにする

2017年10月12日 21時28分18秒 | 日記
更新:
まったくストアアプリを使わない場合
DG-D08IW2 ストアアプリをスタートメニューから一掃(戻せない)
の方が効果的です。


対象:Windows10 1511

Windows10のストアアプリの中にユーザーがアンインストールしても
勝手にインストールし直すアプリがあります。

Candy Crush Soda Saga
Twitter

の2つで、使わない人にとっては存在そのものが邪魔です。
PowerShellなどを使い一旦はアンインストールできますが、
知らないうちに再インストールされています。

非常に気に入らない

なので意地でもこの2つのアプリをWindows10から
永遠に削除する方法を試しています。

作業内容

1、削除(アンインストール)
 バッチファイルに以下の構文をコピーして実行。

set shelloption=-NoProfile -ExecutionPolicy Unrestricted -Command
: CandyCrushSodaSaga
powershell %shelloption% "& { Get-AppxPackage *CandyCrushSodaSaga* | Remove-AppxPackage }"
: Twitter
powershell %shelloption% "& { Get-AppxPackage *Twitter* | Remove-AppxPackage }"


 結果は一旦は正常にアンインストールされる。
 しかしある程度の時間がたつと自動的に再インストールされてしまう。

2、UWP実行環境停止
 バッチファイルに以下の構文をコピーして実行。
 ストアに関係するサービスを片っ端から停止する。
 1つでもストアアプリ(Edge以外)を動作させたい場合は
 実行しないでください。ストアアプリ全体に影響します。


set servicereg=HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Services
: 停止
set service_disable=/v "Start" /t REG_DWORD /d 4 /f
: App Readiness
reg add "%servicereg%\AppReadiness" %service_disable%
: AppX Deployment Service (AppXSVC)
reg add "%servicereg%\AppXSvc" %service_disable%
: Client License Service
reg add "%servicereg%\ClipSvc" %service_disable%
: Delivery Optimization
reg add "%servicereg%\DoSvc" %service_disable%
: Update Orchestrator Service
reg add "%servicereg%\UsoSvc" %service_disable%
: Windows Licence Manager Service
reg add "%servicereg%\LicenceManager" %service_disable%
: Windows Store Service
reg add "%servicereg%\WSService" %service_disable%


 結果はスタートメニューにインストール途中と思われる同アプリが
 表示されているが、インストールを完了できない様子。

 インストール状況を示すプログレスバーが進まない状態で存在する。
 実行も出来ない。

結果
 素人なおっさんには、よくわからん!(笑)

 Windows10の嫌いな理由に「ストアアプリ(UWP)」がありますが、
 勝手にアプリをインストールする挙動は正直我慢なりません。

 しかし上記の作業で実際にインストールされないまでも
 スタートメニューに「ごみ」が残ってしまう様です。

 正直Windows10の設定も嫌気が差してきたので
 この辺で放置します。

 非常に残念ではありますが・・・。

 本機にWindows10以外の正常動作するOSがあれば
 速攻でOSを変更するのですが。
コメント