彩賀の徒然なるままに…

徒然なるままに,種々様々な事を記す控帳(TB&Comenntは表紙1番目の記事をご参照を。)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【相棒】Case 07-06.「希望の終盤」

2008-11-30 02:55:00 | 相棒シリーズ
今週の『相棒』(Season7)第6話「希望の終盤」の感想記事です。

先週,『相棒』の感想記事を諸事の為書くことができなかったので,本日は前回分も含めて感想記事の2連荘となります。
前回分の感想記事については,こちらをご参照ください―。

今回のサブタイトルは,ある人物にとっては本当に心から思っていた事でも,ある人物では強迫観念の元になった事―と考えると,あることについて話さなかったことが,ちょっとした行き違いとなり,それが結果として悲劇の結末になった―。

『相棒』で描かれることが多いと個人的に思っている,「ちょっとしたボタンの掛け違い」というエピソードではないかと思っています。

それにしても,ただの偶然の一致かもしれませんが,ゲスト陣がいずれも名前を聞いたことある方ばかり―で驚きました。

被害者の棋聖役の水橋研二氏は映画をメインにしている俳優氏ですし,将棋の観戦記者役の蟹江一平氏は,蟹江敬三氏(『相棒』ではバーデンダーの三好役)の御子息。真剣師役の松田賢二氏は『仮面ライダー響鬼』のザンギ=仮面ライダー斬鬼役や,『仮面ライダーキバ』の次狼=ガルル役で御馴染の俳優氏ですね。

松田氏の起用は『仮面ライダー』が東映製作の番組なので,同じ東映制作の番組である『相棒』ならそれほど違和感がないのですが,過去に『仮面ライダー電王』では芹沢役の山中崇史氏がゲスト出演されていますし(確か電王ウィングフォームの登場回で,良太郎を尋問する刑事の一人で出演している),山中氏と同じシーンで登場した同僚の刑事役の並樹史朗氏(Season2の査問委員会の役員役)も,過去には『仮面ライダー龍騎』で浅倉威=仮面ライダー王蛇を弁護しようとして,逆に利用された弁護士役で出演されたことがありましたっけ。
『龍騎』関連では,大河内役の神保悟志氏が香川教授=オルタナティブ・ゼロで出演していたことが有りましたが,俳優氏の観点から見てみると色々と面白いものです。

ゲスト陣では外に,対局の立会人を演じた石浜朗氏を久しぶりにドラマで見ることができました。
テロップで確認したのみに留めるまで含めると,名取幸政氏(『機動戦士Ζガンダム』のウォン・リー)も出演されていたそうです。

閑話休題。

純粋な気持ちで何かを行う事は美徳とされがちなのですが,今回はそれが裏目に出た―という見方もできます。
ただでさえ,神経的な戦いもする必要がある将棋―それを知らない者(薫や当方も含めて)にとっては,今回の事件の真相は「どうして,そんなことで…」といいたくなるのも仕方がないですし。

でも判らないといって「理解できない」と断定してしまうのは,少々違うと思います。
ただ,そういった世界がある―としか言いようがないのかもしれません。

そのことを判りやすくする為に,”被害者”の潔癖なまでの神経質な面を殊更深く突っ込んで描いていた必要があったのでしょう。

因みに将棋とチェスは桝目が同数の盤を使うという意味では,同じものですが(両者の起源が同じものからきているという説がある),奪った駒を自分の戦力として使えるか否かの差があるだけなんですよね。

当方にとっては,今回は少し書き難い題材だったのかもしれません。

気になることが1点。

次回の予告で,薫が「右京さんは強いんですね。そして-正しい。」という台詞がちょっと気になっています。

これが,ザ・テレビジョンで松本プロデューサーの語っていた「今回,薫が降板する理由の一つ」なのでしょうか…。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 【相棒】Case 07-05.「顔の... | トップ | 【地獄少女三鼎】悔之玖 「... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
水曜9時枠と東映ヒーロー (ガラダマ)
2008-11-30 23:11:47
彩賀さん、こんばんは。

「相棒」と「龍騎」がらみですと、伊丹役の川原和久さんも第26話で弁護士・大滝役で出演していましたね。
同じ平成ライダーで「アギト」の北条刑事とコンビを組んでいた河野刑事役の田口主将さんが警視庁の刑事役、「クウガ」の警視庁上層部の松倉貞雄役の石山雄大さんも同じ警視庁の上層部役、杉田守道刑事役の松山鷹志さんは検察官役で二度「相棒」に出演していましたね。
割と御堅い職務の役が多いのでしょうね…。 (彩賀)
2008-12-01 01:32:37
ガラダマ氏,コメントどもです。

川原和久氏が『龍騎』に出演されていたこと迄は記憶にありませんでしたが,wikipediaで調べてみると,丁度,オーディンのタイムベント前,真司=龍騎が「ライダー同士の戦いを止める」為に,浅倉以外の面々に呼びかけていたエピソードですね。
弁護士役とのことなので,北岡=ゾルダの商売敵の役なのでしょう。
機会を見つけてちょっと確認しようと思っております。

因みに,記事内での並木氏の出演エピソードですが,平松広和氏(『重戦機エルガイム』のダバ)が看守役で出演されいたそうですし,真司が退場する時に助けた少女を演じたのは,志田未来さんだそうで,こうなると「人に歴史あり…」の言葉が脳裏にちらつきます。

田口主将氏や松山鷹志氏が『相棒』にゲストされていた事は知りませんでした。
Season3以降Season6までなら,まだ視聴していないので,判らないです。申し訳ないです。

石山雄大氏は,Season2の第18話「ピルイーター」での幹部役で見た記憶があります。
石山氏は芸暦が長いのか,昔のドラマを見たときに偶々石山氏が出演されていた作品(作品名は失念しましたが,それも刑事ドラマでした)を見た記憶があります。
同エピソードでは,山中聡氏(後の劇場版『響鬼』のキラメキ=煌鬼)が”被害者”役でしたから,ちょっとした驚きをもって見た記憶があります。
追記です (ガラダマ)
2008-12-01 22:59:34
田口主将氏はSeason2「器物誘拐」、松山鷹志氏はSeason1「仮面の告白」、Season4「汚れある悪戯〜史上最大の誘拐事件」に出演していました。

平成ライダーではないのですが、「ウルトラマンダイナ」のシイナ参謀を演じられた前沢保美さん。
「相棒」のTVシリーズではSeason3を除いてすべて違う役で6回もゲスト出演しています。
機会があれば、探してみるのも一興ですよ(笑)
覚えていないのが丸バレですね…(苦笑)。 (彩賀)
2008-12-02 02:17:15
ガラダマ氏,重ね重ね教えて頂いてありがとうございます。

自分の記憶も,余り当てにならないとは…歳ですね(苦笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

相棒シリーズ」カテゴリの最新記事