ひゃくごじゅういち

主にポケットモンスターシリーズのレーティングバトルや、それに基づく内容について考察を行います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初代戦士単体考察

2015-02-03 03:13:21 | 単体考察

S7でちょくちょく使っていたポケモンを紹介したいと思います。

メガカメックス

控えめ カメックスナイト

157-×-141-205-136-127

20-×0-4-252-4-228

汐吹き 悪の波動 波動弾 冷凍ビーム

ダブルから連れてきたメガカメックスです。結構Sに割いてるのと、汐吹きを所持しています。

汐吹き三大甘えを許さない対面

1.HDカバルドン

c205汐吹き→補正有りHD252カバルドン 割合: 118.1%~140.4%

ハイドロポンプ→86.5%~103.2% 乱数1発 (18.8%)

水の波動→70.6%~84.6%

2.蝶の舞ウルガモス

c205汐吹き→D↑H252ウルガモス 割合: 96.8%~115.6% 乱数1発 (87.5%)

3.メガクチート

c205汐吹き→H252メガクチート 割合: 96.1%~113.3% 乱数1発 (75%)

 

こんな感じで結構所見殺し要素が大きいです。

Sを最速バンギ+2まで振ることによってある程度抜けるようにしています。

僕の感覚だと、現在シングルレートのS分布はS106(無振りロトム)~S125(最速バンギ)までが激戦区となっており、

その次のラインがS145(最速80族)から始まるように思います。

つまり、S125~S145のポケモンがほぼいない状態です。キノガッサも意地が増えましたしね。

元々耐久は優秀なので1発耐える程度まで耐久を落とし、中速連中を上から潰す事を意図して使っていました。

実際にサンダーやキノガッサを上から殴れることが多く、不利対面にも関わらず勝てた事が何度もありました。

HPmax汐吹きの火力は素晴らしく、メガヤミラミが起点に出来なかったり、壁バトンバシャーモをワンキルしたりしてました。

電気の一貫がなくせない初代パにおいても結構活躍してくれたので、しっかりパーティ組んでやれば強いと思います。

リザに勝てないのだけはマジでなんとかしろ##

追記:少しc削って耐久調整した方がいいかも

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« S7ダブル2047達成構築-ボルト... | トップ | レートの民の記録 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

単体考察」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事