~イトナンリルゥ~ 層雲峡山便り

2006年限りのはずが何故か続いてしまっています。2017は?
大雪山の開花や紅葉情報・登山道の様子等をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

その日暮らし

2007-12-08 22:22:36 | ご挨拶

『 その日暮らしをいつまでも 続けていたいとは思わない
  強い風 吹き荒れれば 飛んでしまうような暮らしは
  でももう少しだけ こうして暮らしていたい
  あとに何も残らない そんな風の暮らしでも…      』

層雲峡を発った日、山の仲間の集まりがありました。
小雨の中、囲んだ炎を見ていたら、久しぶりに思い出した、大好きな小樽の唄うたいの方の唄です。
(ご本人の了解を得て、引用させていただいております)

旅が小樽にたどり着き、大雪山にたどり着き、
でも、熱い想いで北海道に移住するような方向性は、私にはなく、
生き方は、少し変わっているかもしれないけれど、私はごく普通の人間のまま、
いつか、普通の生活をすることになるはずだと、当たり前に思っていた。
(一口に「普通」と言ってしまうのは語弊があるけれど)
旅は、あくまでも旅であり、友多き北海道は、生涯つかず離れずの懐かしき思い出の地で、
生活は生活で、存在するはずだと。

なのに、未だ普通の生活にはたどり着けず、
それどころか「もうたどり着かないのでは???」と言う状況になりつつあるような気もするけれど…(笑)

久しぶりに人に訊ねられ、自分の人生を説明しつつ、振り返る機会を得た今シーズン。
イロイロなことのタイミングが、いつも少しずつズレていたのかな?と思う。
もしかしたら、失ったものは大きかったかもしれないけれど(VCの仕事とか(笑))
選んで、その時の一番大事なものを、譲れなかったのは自分自身なので仕方ない。
そしてその結果として、今、私は「その日暮らし」を地で行っているらしい。。。

『 いつか たった一人の愛する人が出来た時、
  その人を守り続けたいと思うのは 僕だけではないだろう  』

『その日暮らし』は、いつか「その日暮らし」ではなくなるから、
切なく胸に迫る唄なんだと思う。
「その日暮らし」から抜け出せないとしたら、どうなってしまうだろう?
今シーズン、山を選んだことで、
私は普通の生活に戻る最後のチャンス?を棒に振ってしまったのかもしれません。
このまま「その日暮らし」から抜け出せなくなって、生活に四苦八苦するようになったとしたら
(今でも大変なのに…(笑))
それでも私は幸せだと言えるのか? やっぱり自信はないけれど、
「ジタバタしても どうにもならない。」 もうそんなところまで、来てしまっているのかなぁ
この先、安定を手に入れられるチャンスが、来ないとも限らないけど(望みは薄いけど)
その時にこそ、安定を選ぼうとするのか??? それもまた、きっとタイミング。

今週から 東京の仕事に復帰しています。
これからは今までのように、確実に冬に雇用していただける状況ではなくなってしまいました。
それでも足掛け十年余、働かせていただいただけで、十分感謝です。
いつもの如く、先のことはわからないけれど、
今はせめて 流れのままに生きていられるよう、強くなりたいと願う今日この頃です。
少しでも笑っていられたら、結局 幸せなのかな。

『 あぁ他に何もいらない ただ 今こうしているだけで
  そんな風に思える夜がある そしてそれは今夜だ    』

今シーズンもご覧いただき、応援してくださった方々、お世話になった関係機関の方々、
そして助けてくれる友人達に感謝して……
みなさん、ありがとうございました。
良い年をお迎え下さい。。。

2007年12月吉日



この記事をはてなブックマークに追加