ふんでノート ~ちいきづくり・まちづくりと日本語教育

ちいきづくり・まちづくりと日本語教育をつなぐことを,「場づくり・人づくり」から進めていきたいと思ってつらつら書くノート

法律

2018年05月29日 00時31分02秒 | 当事者
しばらくのうちに日本語教育に関する法案が国会に提案されるらしい。長いこと、取り組んでいる人たちがいて、よかったと思う。そういう意味では。

でも、なんか複雑なのは、それでどれだけ現場が進められるのかなということも考えてしまう。福祉がどんどん切り崩されている中、法律があるからといって何かが進められるとも限らない。この数年、人権に関する理念法がいくつか制定されたけど、どれだけ社会が変わったのかはわからない。

現場がうまく使わないといけないということです…ってことになるんだろうけど、それはそれでそんな簡単な話ではない。そんなとき、上から指示されているかのように感じることもある。どうやってタッグを組むかということを考えないといけないんだろうけど。

なんてことをつらつらと。蒸し暑いな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« いっぱい | トップ | 抜き書き ~レイシャルハラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

当事者」カテゴリの最新記事