ふんでノート ~ちいきづくり・まちづくりと日本語教育

ちいきづくり・まちづくりと日本語教育をつなぐことを,「場づくり・人づくり」から進めていきたいと思ってつらつら書くノート

ソーシャルワークの報告書から

2018年05月05日 08時49分25秒 | 
-----
…【複合化・複雑化した課題を受け止める多機関の協働による包括的な相談支援体制を構築するために求められるソーシャルワークの機能】
・地域において支援が必要な個人や世帯及び表出されていないニーズの発見
・地域全体で解決が求められている課題の発見
・相談者が抱える課題を包括的に理解するための社会的・心理的・身体的・経済的・文化的側面のアセスメント
・相談者個人、世帯並びに個人と世帯を取り巻く集団や地域のアセスメント
・アセスメントをふまえた課題解決やニーズの充足及び適切な社会資源への仲介・調整
・相談者個人への支援を中心とした分や横断的な支援体制及び地域づくり
・必要なサービスや社会資源が存在しない又は機能しない場合における新たな社会資源の開発や施策の改善の提案
・地域特性、社会資源、地域住民の意識等を把握するための地域アセスメント及び評価
・地域全体の課題を解決するための業種横断的な社会資源との関係形成及び地域づくり
・包括的な相談支援体制に求められる価値、知識、技術に関する情報や認識の共有化
・包括的な相談支援体制を構成するメンバーの組織化及びそれぞれの機能や役割の整理・調整
・相談者の権利を擁護し、意思を尊重する支援や方法等の整備
・包括的な相談支援体制を担う人材の育成に向けた意識の醸成

【地域住民等が主体的に地域課題を把握し、解決を試みる体制を構築するために求められるソーシャルワークの機能】
・潜在的なニーズを抱える人の把握、発見
・ソーシャルワーカー自身が地域社会の一員であるということの意識化と実践化
・地域特性、社会資源、地域住民の意識等の把握
・個人、世帯、地域の福祉課題に対する関心や問題意識の醸成、理解の促進、福祉課題の普遍化
・地域住民が支え手と受け手に別れることなく役割を担うという意識の醸成と機会の創出
・地域住民のエンパワメント(住民が自身の強みや力に気づき、発揮することへの支援)
・住民主体の地域課題解決体制の立ち上げ支援並びに立ち上げ後の運営等の助言・支援
・住民主体の地域課題解決体制を構成するメンバーとなる住民や団体等の間の連絡・調整
・地域住民や地域の公私の社会資源との関係形成
・見守りの仕組みや新たな社会資源をつくるための提案
・「包括的な相談支援体制」と「住民主体の地域課題解決体制」との関係性や役割等に関する理解の促進
-----
「ソーシャルワーク専門職である社会福祉士に求められる役割等について」2018年3月27日
社会保障審議会福祉部会福祉人材確保専門委員会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 抜き書き 〜戦後日本語教育... | トップ | 気づき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事