プロレス 格闘技 情報 ブログ - Kento!BLOG

プロレス格闘技情報ブログ。プロレス・格闘技の試合結果速報、日程、カード情報、各団体動向、選手コメントをリアルタイム発信

[結果・新日・大阪、ケニーIWGPヘビー初戴冠!ジェリコIC奪取、ヒロム戴冠、ヤングバックスIWGPタッグ新王者]6/9(土)新日 大阪城ホール

2018年06月10日 08時32分37秒 | 新日本プロレス G1クライマックス BOSJ
ケニー・オメガIWGPヘビー初戴冠!ヤングバックスもケニー祝福&抱擁&和解
クリス・ジェリコIC王者、急所攻撃→コードブレイカー
高橋ヒロムTIME BOMB、2度目のIWGPジュニア戴冠
ヤングバックスIWGPタッグ王座奪取
マイケル・エルガンがNEVER無差別級新王者

6/9(土)新日 DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL大阪城ホール 観衆11832人(超満員札止め)
■ダブルメインイベントII:IWGPヘビー級選手権試合(時間無制限3本勝負)
○ケニー・オメガ(2-1 トータルタイム 64分50秒)オカダ・カズチカ×
○ケニー・オメガ(16分53秒 片翼の天使→Vトリガー→片翼の天使)オカダ・カズチカ×
○ケニー・オメガ(19分10秒 ダブルアーム式パイルドライバー→Vトリガー→片翼の天使)オカダ・カズチカ×
×ケニー・オメガ(28分47秒 回転エビ固めを上から押し潰し押さえ込み→エビ固め)オカダ・カズチカ○
※ケニー・オメガが第66代王者。オカダ・カズチカが13度目の防衛に失敗。
■ダブルメインイベントI:IWGPインターコンチネンタル選手権試合(60分1本勝負)
○クリス・ジェリコ(17分16秒 急所攻撃→コードブレイカー)内藤哲也×
※クリス・ジェリコが第19代王者。内藤哲也が初防衛に失敗。
■IWGPジュニアヘビー級選手権試合
○高橋ヒロム(20分20秒 TIME BOMB)ウィル・オスプレイ×
※高橋ヒロムが第81代王者。ウィル・オスプレイが4度目の防衛に失敗。
※高橋ヒロム=[BEST OF THE SUPER Jr.25優勝者]
■スペシャル6人タッグマッチ
○Cody、ハングマン・ペイジ、マーティー・スカル(11分35秒 クロスローズ)棚橋弘至、レイ・ミステリオJr.、獣神サンダー・ライガー×
■IWGPタッグ選手権試合 
○マット・ジャクソン、ニック・ジャクソン(15分03秒 ダブル・トラースキック→モア・バング・フォー・ユア・バック)“キング・オブ・ダークネス”EVIL、SANADA×
※ヤングバックスが第80代王者組。EVIL&SANADAが3度目の防衛に失敗。
■NEVER無差別級選手権試合3WAYマッチ
○マイケル・エルガン(13分46秒 エルガンボム)タイチ×
※もう1人は、後藤洋央紀
※マイケル・エルガンが第18代王者。後藤洋央紀が4度目の防衛に失敗。
■スペシャルタッグマッチ
○ザック・セイバーJr.、鈴木みのる(8分42秒 変型ジム・ブレイクス・アーム・バー)石井智宏、矢野通×
○ジュース・ロビンソン、デビッド・フィンレー(7分26秒 パルプフリクション)YOSHI-HASHI、ジェイ・ホワイト×
■IWGPジュニアタッグ選手権試合
○エル・デスペラード、金丸義信(9分29秒 エル・エス・クレロ)YOH、SHO×
※第57代王者組・金丸義信&エル・デスペラードが3度目の防衛に成功。

ケニー・オメガ IWGPヘビー初戴冠 オカダ・カズチカ 内藤哲也 クリス・ジェリコ 新日本プロレス DOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALL 大阪城ホール

ジャンル:
プロレス
この記事についてブログを書く
« [結果・桜庭和志P・QUINTET・... | トップ | 6月10日(日)のつぶやき 吉野... »
最近の画像もっと見る

新日本プロレス G1クライマックス BOSJ」カテゴリの最新記事