高石英子

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自殺者の多さに、いま、日本人が考えるべき

2014-11-17 06:26:52 | 日記
さて、週末前に重い話題で申し訳ないが以下エントリーが衝撃的だったので抜粋. ☆20代と30代の死因の1位は自殺 – 若者を自殺へと排除する現実と若者バッシング 90年代半ば以降、若年労働市場が急激に悪化し、非正規労働者・無業者にならざるをえない若者が急増した. これが、若年労働市場における客観的な〈現実〉面での排除だ. この〈現実〉面での排除に覆いかぶさる形で、〈言説〉という、もうひとつの面での排除が生じている. それは、若年労働市場における〈現実〉面での排除が生じている 原因を、若者自身の職業意識の問題、すなわち意欲や努力の不足に求める言説 である. ※ すくらむ ~国家公務員一般労働組合(国公一般)の活動をしている仲間のブログです~より抜粋(部分略) まあ確かに、「率」で言うと、若者の死ぬ原因は自殺多いな. でも、「若者排除する社会(の風潮)や大人が、若者自殺率高さの原因」と直結するかどうか. そうなんだよ. 「 そう(若者排除に)追い込んだ社会や大人が悪い」じゃなくて さ. そもそも、追い込む方の 大人たちだって、数の上じゃ、若者よりぜんぜ~ん自殺者多い んだからさ(以下データ). ※以下からのグラフ(5つ)は、平成19年度のデータより ね. 若者だけじゃないんですよ. 自殺者. でもそもそも、数自体が増えちゃってるでしょ. いや~、実際だんだん増えとるぞこれ. という憂慮すべき結果が導きさだれちまった、という点がまず1点. しかもこの グラフ拾ってきたページ 、参考は 警察庁統計資料 みたいなんだが、詳しくデータを見ると、どうも、「無職者」が「健康問題」を苦に自殺している数というのが多いな、非常にな. そしてこの「無職者」が「健康問題」で多く自殺するというのは、 つまり、もう一度前述のグラフを出しちゃうけども そうなのだ. 仕事についていない高齢者が、健康問題の解決を図れずに、自殺している、ということなんだな. でも、そもそも「健康問題」ってなんだよ! とか、そういう問題は残るよな. ただ、そんな細かいことはどうでもいいんだ. 本日小生が思うことは. 「自殺は悲しい」 ということなのだ. これにつきる. 戦争は、しかたないこともあるかもしれない. 乱暴な言い方だが. 誰かを守るために、おまわりさんも警棒、拳銃を振り回す時もある. でも、自殺なんて、生物で人間しかしないでしょ. ほぼ. 間違ってるよ. たぶん. 生きることは、自殺の率や数なんか突き付けられなくってもさ. わかってるよ. もちろんつらいよ. 老いも若きも、老若男女みんなさ. でも 「がんばろうぜ! 」って考えることが大事じゃん. そういう教育することが大事 じゃん. というエントリーが以下なんだな. 「教育費をタダにせよ」 スウェーデンでは、親の所得に関係なく高校まで通うことができる(写真: Niklas Larsson) 教育費が無料の国がある. 鉛筆1本、ノート1冊までタダ. 給食費もかからない. それどころか、16歳まで国から児童手当が支給されるし、高校に行けば卒業するまで児童手当の支給期間が延長される. もちろん、大学の授業料も無料である. 手厚い奨学金制度があるため、学びたい人は親の所得に関係なく、 意志と力で 大学に進学できる. この国の名はスウェーデン. 人口900万人. 高福祉で知られる北欧の小国である. 子育て、教育、失業給付、医療、介護、年金――. 人生の様々なステージで手厚く支援するスウェーデンは、 子どもを産み、生きることに不安のない国 と言えるだろう. ※ 「教育費をタダにせよ」 日経ビジネス ON LINEより抜粋(部分略) これは、上記リンクから、このページにおける主張を確認して頂ければ見えてくることなのであるが. 若者が高い率で自殺する. 老人が数多く自殺する. そういう思考回路はだれに教わったのか. なぜそういう国になってしまったのか. グッチ バッグ みんな、お母さんから生まれてくるわけでしょう. それはもう、文句なしに100%の確率で. そんな生き方、死に方教えたの大人でしょ. 高い自殺率の若者の親が、世界トップの数で自殺しまくってりゃ世話ない ですよ. 落語にもならねえ. ただの悪い冗談ですよ. 親に育てられた. 教えられた. そうじゃない人は、大人に. 先生に. それは100%の事実. だったら. 各個人が、自分の子供に、 「自殺は悲しい」って教えることが大事 でしょ. 学校でももちろんそうでしょ. 自分が自分の子供にそういう教育をすることは当たり前. 友達同士でアドヴァイスを交わし合うのも、地域の人間が支え合うのも、自分の近く助け合うのは当たり前. その次に大事なのは、(学校を中心とした)教育システムでしかない. 警察増やしたって、悪人は減らない. 医者増やしたって、病人は減らない. 悪人にならないように、病気しないように、教育することが大事でしょ. 親や先生が. 大人が. 自分のことは自分で. NYダウ3週間ぶり安値水準 FRB緩和縮 それ以外の部分は教育で. 自殺者減らすためには、カウンセラー増やすんじゃなくて、いいお母さん、お父さんになることが先でしょ. いいお母さんやいいお父さんをつくるのは、いい教育でしかないでしょ. 生きることに、努力することに、不安のない社会を作るしかない でしょ. その 社会を形作る個人を、健やかな形に育成するのは、教育でしかない でしょ. それこそ、 先生の給料、2倍 にしたら、教育者にいい人材集まると思うのは暴論だろうか. 金儲けで世界第2位だった時代はとうに過ぎて、自殺者トップの国ですよもはや今. 率や数で細かいこと言ってる場合じゃないでしょ. 自分が、自分の友人が、自分の親が、自分の子供が、自分の愛する人が、そんな悲しい人生の終わらせ方をしないために. 教育に力を入れ、生きることに勇気を持てる社会、システムを根本から造り直す ことが大事なんじゃないかなあ. 俺はそう思いますよ. なんだか、極めて私見の入りまくったテーマになってしまったが、俺は、豊かな生き方をするためには、幸せな死に方をするためには、やっぱり教育でしかないと思うんだよなあ. どうだろうか.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ロンドンオリンピックと韓国... | トップ | コープスパーティー』シリー... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事