マスミンのピアノの小部屋

ピアニスト兼ピアノ指導者松尾益民が、ピアノや教育、世の中の出来事など日々感じることを、徒然なるままに綴ります。

ドビュッシー:小組曲

2018-06-09 17:58:34 | ラ・プロムナード・ミュジカル
今年は、ドビュッシー没後100年で、プロムナード・コンサートでも、毎回ドビュッシーを取り上げていますが、今回は連弾のための「小組曲」です。
ドビュッシー初期の1888~89年の作曲ですので、印象派的な手法はまだ見られません。
ヴェルレーヌの詩集「艶やかなる宴」に関連しているようです。
第1曲 小舟にて
8分の6拍子のバルカローレで揺れるような旋律が美しい。
艶やかなる宴に同名の詩があります。
第2曲 行列
この曲も「艶やかなる宴」にある詩と同じタイトルをもっている。
詩の内容は、貴婦人のロングドレスの裾をかかげて行進するおつき人や、いたずらな猿の様子を描写したものです。
軽快で楽しい雰囲気をもった曲。
第3曲 メヌエット
ルイ王朝風の舞踏風景を描いた優雅な曲です。
第4曲 バレエ
管弦楽的な色彩に満ちた華やかな曲です。

ドビュッシー自身が、管弦楽に編曲する構想を持っていたため、のちに、指揮者アンセルメが管弦楽に編曲して、親しまれています。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショパンの子守歌 | トップ | 第46回プロムナード・コンサート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ラ・プロムナード・ミュジカル」カテゴリの最新記事