マスミンのピアノの小部屋

ピアニスト兼ピアノ指導者松尾益民が、ピアノや教育、世の中の出来事など日々感じることを、徒然なるままに綴ります。

ショパンの子守歌

2018-06-09 17:41:47 | ラ・プロムナード・ミュジカル
明日のプロムナード・コンサートで、バルカローレの前に弾くのが、子守歌。
ショパンが「子守歌」と名付けたのは、バルカローレ同様、この1曲のみ。
1843~44年に作曲されました。
非常に珍しい手法で作られています。
伴奏は、最後まで同じリズムで、ハーモニーも最後の方で少し変化があるものの、ほとんど同じで、その伴奏の上に、4小節のシンプルで美しいメロディが16回にわたって変奏される…というものです。
一見、単調なようでも、キラキラと輝くような細かな音で彩られていく、素晴らしく美しい曲です。
タイトル通り、眠りを誘う…かも知れません。
お勧めCDは舟歌を参照!
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ショパンの舟歌 | トップ | ドビュッシー:小組曲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ラ・プロムナード・ミュジカル」カテゴリの最新記事