マスミンのピアノの小部屋

ピアニスト兼ピアノ指導者松尾益民が、ピアノや教育、世の中の出来事など日々感じることを、徒然なるままに綴ります。

モーツァルトの2台のピアノのためのソナタについて

2018-05-10 17:18:38 | コンサート
2台のピアノのための曲と言えば、モーツァルトのこの曲と言うくらい、華やかで掛け合いが楽しめて演奏効果がある曲です。
当然、弾かれる機会も多くなります。
私自身も何度か演奏する機会がありました。
デュオコンサートをするにあたって、やっぱり初めはこれでしょ!!と、取り上げることにしました。

モーツァルトは2台のピアノ用の曲を3曲残していますが、ソナタはこの曲のみ。
1781年11月の作と推定されています。
内容の充実とスケールの大きさ、演奏効果の美しさ、華々しさなど、極めて魅力に富んだ傑作であり、2台ピアノをフルに活用したダイナミックな表現やソロとトゥッティの対比も美しく、多彩な効果を上げています。
モーツァルトの弟子であった、アウエルンハンマー嬢と共に、同嬢の邸宅で開かれた演奏会で初演されています。
3楽章から成ります。

第1楽章 アレグロ・コン・スピリート ニ長調 4/4拍子 ソナタ形式
2台ピアノが力強いユニゾンで始まる第1主題、ドルチェの第2主題が見事な対比を作り出し、展開部では新しいテーマが登場し、これがコーダに戻って来ます。
第1ピアノのロココ風のフレーズを持った活躍が第2ピアノに支えられて、協奏曲的でギャラントな魅力を際立たせています。

第2楽章 アンダンテ ト長調 3/4拍子 ソナタ形式
ソロピアノの豊かな感情をたたえた旋律が、装飾音型や美しいハーモニーに彩られて、モーツァルトならではの素晴らしい楽章となっています。
第1ピアノと第2ピアノの掛け合いや調和が、弦楽四重奏のように美しく響きあっています。

第3楽章 モルト・アレグロ ニ長調 2/4拍子 ロンド形式
華やかなロンド主題に始まるフィナーレで、ここでも第1ピアノと第2ピアノのバランスが際立っています。
ロンド主題の音型は、トルコ行進曲のテーマに似ている??
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日の講座は西洋建築の歴史 | トップ | 要浩子&松尾益民ピアノデュ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コンサート」カテゴリの最新記事