Blog Walker

フリートラックバック「ブログウォーカー」

ブログウォーカー編集中!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新選組!の三谷幸喜、また映画脚本

2004年10月01日 16時30分04秒 | Wikipedia - 雑記
笑いの大学、どこが笑えるのか見てみたいものだ。
どうやって笑いの芸術を生み出すか楽しみだ。
三谷ワールドがどこまで芸術となるのだろうか

しかし、実際は見に行かないだろう
見に行きたい人だけ見に行ってください。

このブログは皆さんから見て「許可」?「不許可」?
ちなみにこのブログを不許可しているのは
ぷよぱぱ編成次長も不許可。
kenも不許可。
ヒロ†も不許可。
吉野健太郎(ID:1uranews)も不許可。
gooブログに役所広司みたいな検閲官多すぎ。
思わず「ガイアの夜明け」に出てる2人の会話している役所広司を思い出す。
「俺、不許可押されちゃったよ。押されていいものか?」
「許可したら、このブログもあのブログもって、モラルのないブログが氾濫しちゃうよ。」
映画『笑の大学』
コメント (19)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 【世相予測】流行語大賞 | トップ | 開始!番組鑑定團 »

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (joyandsorrow)
2004-11-05 19:39:43
まぁ、三谷作品が面白くないという方には

正直、すすめられない部分もありますね。

自分ももう一度、見て

もっと詰めたレビューを書いてみたいとは

思いますが・・・



とりあえず、TBありがとうございました。
TBありがとうございます ()
2004-11-05 22:27:01
こういう作品て、好き嫌いが分かれますよね。

コメディー映画が好きor三谷好き、

じゃないとオススメできない作品です。

TBありがとうございました。
三谷・・・ (kossy)
2004-11-06 00:41:16
TBありがとうございます。

三谷作品なんて初めて観ました(笑)

新撰組自体好きじゃないし、大河ドラマも苦手だし・・・他の映画も全く観てなかった。



自宅でDVDをひっそりと見たとしたら、

笑えないかもしれませんね・・・
joyandsorrowさん、みさん、kossyさん、ありがとうございます。 (Unknown)
2004-11-06 11:19:07
見てないので、フジテレビの「プレミアムステージ」で見ようと思います。

劇場まで見に行くとは限りません。
あっ…一足遅れましたが (チヨコ)
2004-11-07 01:37:36
TBありがとうございました。

舞台では三谷の代表作とも言われているらしい作品ですが、映画という手段で正直、人はどこまで笑えるのか?という点に疑問があるだけに楽しみだったりもします。自分は冒険してきてみますー
TBありがとうございました。 (tabalog)
2004-11-08 15:55:58
私は面白かったですよ。

TBありがとうございます。 (sync)
2004-11-08 18:45:57
確かに賛否両論の映画ですね。



まあ、映画は見たいと思ったのを見に行くのが一番良いので、興味がなければ行かなくても良いんじゃないですかね。



コメディーと三谷さんの映画が好きな人には良いと思いますよ
こんばんは! (やすよ)
2004-11-08 19:30:30
TBありがとうございます。



「笑の大学」ですが。



私は大好きです。

エンド(スタッフ)ロールまでアナログにこだわる徹底ぶり、

細部にまでこだわる作品は、それが三谷作品だろうがなかろ

うがあたしは好きですねー。











不許可というよりは不愉快? (神崎彩)
2004-11-09 15:15:11
はじめまして。ブログの感想や疑問など。



不許可(?)の方々の意見は「(映画を見もしないくせに)不愉快なトラックバックするな!」ということの様な。しかし、反対意見の人を自分のブログに羅列するという行為は大胆ですね。びっくりしました。相手の方は了解しているのですか?
ハンドルネーム勝手に決めるな (Unknown)
2004-11-10 09:54:26
拙者、わきがじゃないですから…切腹!!

コメントを投稿

Wikipedia - 雑記」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

第25回目は、「笑の大学 」で御座います (ノリーな日々)
第25回目は、「笑の大学 」で御座います いやぁー参りました! やはり今年は邦画の当たり年のようです 内容は、戦争目前の日本で喜劇で人を笑わせて、世の中を少しでも明るくしたい作家椿と こんな時に笑いなど言語道断と思っている検閲官向坂の戦いのお話
笑の大学 (ネタバレ映画館)
 『ホテルビーナス』『茶の味』『NIN×NIN』『2046』(ハウルの動く城)・・・そしてこの作品。SMAPのメンバー出演映画が今年は出揃いましたね。。。えっ、一人忘れてるって?  映画はほとんどが検閲官の取調室という個室の中で繰り広げられる舞台劇。それもそのはず、元
笑の大学 (龍の目)
10月30日(土)全国東宝洋画系で封切られる 映画「笑の大学(わらいのだいがく)」 (原作と脚本:三谷幸喜、監督:星譲)は、 三谷幸喜(みたに・こうき)原作の舞台の映画化です。 配給会社はおなじく東宝で、 このときは三谷幸喜自身が監督と脚本を兼ねた 1997年
笑の大学、舞台版も面白いのであります。 (笑うカンガルー日和)
私が初めて観た三谷幸喜脚本の舞台は、1996年に青山円形劇場で公演された西村雅彦と近藤芳正による、いわゆる初演「笑の大学」でした。 私にとっての、初三谷作品観劇体験ともなったその舞台は、実にエキサイト&サイレント、そして汗や唾もほとばしる西村&近藤両氏の熱
笑の大学 (Teralinの覚え書き)
日曜日の午後ということもあって、映画館は満席。私はネットで座席を確保してあったのですが、上演1時間前には既に完売状態だったそうです。近頃空いている映画館でしか見ていなかったので、久々の大入り満員の映画を堪能した感があります。 映画は役所広司演じる向
「笑の大学」好き度★★★★☆ (【●○ ゆるゆるシネマ感想文 ○●】)
●○ お笑い系「フジテレビ」の叫び ○● 子供の頃は、お笑いといえばフジテレビと思っていた。 「おれたち ひょうきん族」(古っ (べたべたのネーミングですよね・・・) 大好きだったんです。 ・・・で、「笑の大学」を観て フジテレビのお笑いに対する
笑の大学 (2004) 121分 (極私的映画論+α)
 日本が戦争へと突き進んでいた昭和15年。国民の戦意高揚の妨げになると様々な娯楽が取締りの対象となっていたこの時代、演劇もまた台本の段階で厳しい検閲を受けていた。  警視庁の取調室では2人の男が新作喜劇を巡って熱い火花を散らしていた。一人は、一度も笑ったこと
『笑の大学』 (京の昼寝~♪)
■監督 星 護 ■出演 役所広司、稲垣吾郎、高橋昌也 ■原作・脚本 三谷幸喜 三谷幸喜作の傑作舞台が遂に映画化! 舞台は昭和15年、戦争への道を歩み始めた日本で、国民の娯楽である演劇が規制され、台本も上演前に検閲を受けていた。そんな時代に、警視庁の取調室で、二
笑の大学 (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「笑の大学」の感想です。
笑の大学:warai no daigaku (secret*cafe)
先週の土曜日、公開初日に『笑の大学』を観てきました。 今まで舞台を見に行ったこともなければ、 あいにく「新撰組」も見てないけれど、三谷幸喜の作品って大好き。 特に「12人の優しい日本人」は何度も見てます。 そんなセリフが中心の三谷作品ですが、今作も元は
笑の大学 (サプリメントざくざく。)
先日「いま、会いにゆきます」でぼろ泣きしたよしづき。 今度はいっぱい笑おうと思って「笑の大学」を観に行きました。 まずは公式からさくっとあらすじを紹介。 舞台は昭和15年。日本は戦争への道を歩み始めていた。国民の娯楽である演劇は規制され、台本も上演前に検
笑の大学 (おえかき上達への道)
笑の大学 ★★★★★ 役所広司、笑ったことのない検閲官、向坂睦男。 (サキサカ。読めなかった・・) 稲垣吾郎、笑いに命をかける座付作家。椿一。 笑いと切なさと緊張感が絶妙なバランスでブレンドされてる作品でした。 うかつにも涙が出ました。 確か、2回。 どこかと.
笑いの大学 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今年のNHK大河の三谷幸喜作品。 主演は、先ごろ全米でリメイクされた「Shall We Dance?」の日本版主役の役所広司とSMAPの稲垣吾郎。 昭和15年、国民の娯楽である演劇は規制され、国から台本の検閲がなされ、許可が下りないと上映できないようになっていた。 台本の検閲
笑の大学 (☆Carpe Diem Diary☆in 医学部)
忘れないうちに一昨日見た「笑の大学」の感想を。 「笑の大学」は、笑ったことがない検閲官・向坂睦男(役所広司)と笑いに命を懸ける喜劇作家・椿一(稲垣吾郎)が、1冊の台本を巡って繰り広げる7日間の攻防を描いたヒューマン・コメディ。 人気脚本家の三谷幸喜の作品
笑の大学 ★★★★☆ (★映画館アルバイター風呂敷研究中★)
本日公開笑の大学、早速朝の回から見てきました! なんでって? 予告見てめっちゃ楽しみにしとったからです! たまたまバイトも休みだったしね♪ そんな訳で今回も超ネタバレレビューですがあしからず。 予告どおり 「くだらないけど、面白い!」 稲垣吾郎さん
★「笑の大学」観て来ました★ (★★かずくんままのマネー日記+α★★)
今日はテアトルの優待を使って「笑の大学」を観て来ました。 8月末までのポイントが10ポイント残っていました。 あと3ヶ月ちょっとで消化出来るかなぁ… 11/8に紹介しましたカードタイプで管理が便利(お財布に入れておけるから!)なのですが残りそうな時にオークションな
笑の大学 ((売れないシナリオライター)KAZZの呟き!)
KAZZのこの映画の評価  先週、話題の”笑の大学”をやっと見てきました 三谷幸喜は、凄い ここまで、映画館で観客が声を出して笑っていた映画って、なかったんじゃないかな 役所広司、稲垣吾郎も、只者ではない! 笑いのツボって、人によって違うので、絶対に...
悲しいとき~新撰組DVD発売 (お笑い@サプリッ!~楽しくなければBLOGじゃないじゃ~ん!~)
「新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX」が2月25日、「新選組 ! 完全版 第弐集 DVD-BOX」が4月22日に発売されます。そこで、いつもここから風に・・・ 悲しいとき~ 近藤勇がどんなに整形しても 香取慎吾にはなれないとき~ 悲しいとき~ 「新選組」な
笑の大学 (いいな~これ!)
★★★★★ これ笑ったよ~。 戦時下、管理体制の中にあっても、失われない庶民のパワーに幸せな平和を感じました。 まるで舞台を見ているよう。 笑わない役所広司に笑わせてもらえない稲垣吾郎、笑えます。 さすがは三谷幸喜、うまいね~。 わずか取調室だけの空間を使.
◆三谷幸喜の「12人の優しい日本人」 (チョットイイモノ★チョットイイコト)
三谷幸喜作・演出の舞台がはじまります。「12人の優しい日本人」。江口洋介も舞台に立つとのこと。以前、新宿の紀伊国屋ホールで三谷幸喜の舞台を見たことがあります。そのときは、佐藤B作さんがでてました。かなり面白い舞台だったのでまた機会があれば是非行きたいと思って
笑いの大学 (女ざかり映画日記)
笑いの大学♪
笑の大学!こんな風に生きたいね! (泳ぐ人)
★★★★★ 昨晩、泳いだ後、ゆっくりとレンタルDVDで笑の大学。 ほとばしる情熱。 人と人とのぶつかり合い(ていうか、二人しか出てこない^^;)。 なんか、ものすごーく気持ちよーく笑いました。 ハリウッドの金かけた大作も悪くないけど、この狭い空間での二人の熱.
笑の大学 (Dazzling M)
笑の大学観た 邦画で久々にいいもん観たなという感じ でも映画ってか、やっぱ舞台向き。 はじまりは印象的に 機械的に不許可判を押す役所さん で、コメディ慣れしてない吾郎さん 対立構造のハズがどんどん2人での 共同作業になっていく。 吾郎がボツにして捨
笑いをめぐる攻防 (藻、たくさんの日々。)
早稲田松竹で観た一本目は、「笑の大学」。 三谷幸喜さんの舞台劇を映画化した作品です。 笑いをめぐって、2人の男たちが攻防を繰り広げる…、その結末は? とってもおもしろかった!笑いが止まらなかったです。 脚本の力ってすごいんだなあ。 普通 ...
◆DVD・笑の大学 (映画大好き☆)
笑の大学 監督 : 星護 出演 : 役所広司 , 稲垣吾郎 製作 : 亀山千広 脚本 : 三谷幸喜 原作 : 三谷幸喜 音楽 : 本間勇輔 収録時間 : 121分 【story】 実在の喜劇作家・菊谷栄をモデルに三谷幸喜が手掛けた舞台劇を役所広司と稲垣 ...
how to refill a dell ink cartridge (how to refill a dell ink cartridge)
Good news published by our blogger friend.