goo

★梶山静六を梶山清六と書く自由社版教科書-記述検証〈3〉

衆議院拉致問題特別委員会でフジサンケイグループ育鵬社の公民教科書の内容が取り上げられ、中野寛成拉致問題担当大臣が「育鵬社よくここまできちっと書いていただいた」「拉致担当大臣として敬意を表したい」と答弁したことを4月28日に取り上げました。
 
 ★拉致担当相「育鵬社よくここまで書いた。敬意を表したい」
 
「新しい歴史教科書をつくる会」の自由社版公民教科書は北朝鮮による拉致事件をどう扱っているのか、読んでみましたが…。いや、ひどいもんです。
 
p163に年表が載っていますが、1行目から間違えています。

宇出津事件は「9月18日」ではなく19日です。
 

「1988(昭和63)年3月 参議院予算委員会で、梶山清六国家公安委員長が、アベック行方不明事件は北朝鮮による拉致の疑いが濃厚であると言明……マスコミは、1行も報じなかった。」
 
梶山静六が「梶山清六」になっています。自由社も文部科学省も、自民党の政治家の名前などどうでもいいようです。
 
梶山答弁を「マスコミは、1行も報じなかった」というのも誤りです。日本経済新聞とサンケイ新聞が昭和63年3月26日付夕刊で報じています。

 
この2紙だけで32行報じているのに「1行も報じなかった」とはどういう意味でしょう。「お前たちはマスコミではない」と、日本経済新聞社と産経新聞社に喧嘩を売っているのでしょうか。両社は自由社と文部科学省に抗議すべきです。
 
地図の出典も間違っています。

「拉致問題対策室」ではなく拉致問題対策本部です。
 
このページだけで4カ所誤りがあります。検定を通した文科省もどうかしてます。
 
年表の田口八重子さんと地図の李恩恵が同一人物であることの説明もなく、生徒に不親切な記述です。
 
「新しい歴史教科書をつくる会」関係者によると、このページの執筆者は小山常実という人です。「つくる会」の会員は多くが「救う会」の活動にも関係していて拉致問題には詳しいのです。自由社版公民教科書を読めば直感するでしょう。「モグリが書いている」と。
 
決定的に駄目なのがp9の次の記述です。

「1977(昭和52)年以来、多くの日本人が北朝鮮によって拉致されたといわれています。」
 
「いわれています」ではなく拉致されたのです!
 
自由社と拉致事件といえば、この件はどうなりましたかね。↓
 
 ★石原萠記よ、福留貴美子さんを救え!―「日本出版協会」の正体
 
(つづく)
 
※これまでの連載
 ★南京事件への疑問を削除した自由社版教科書-記述検証〈1〉
 ★秀吉の朝鮮出兵を「侵略」に戻した自由社版教科書-記述検証〈2〉
 
育鵬社や自由社版の記述について情報を募集しています。
 project-justice@mail.goo.ne.jp
 
※自由社の現行版(平成22年度版)の記述については、こちらから順次ご覧ください。
 ★安重根を取り上げ志士と称える自由社版教科書-扶桑社版からの改悪<上>
トラックバック ( 0 )
« ★秀吉の朝鮮出... ★内村鑑三も新... »