マンション内覧会・一戸建て内覧会、新築・中古の内覧会同行立会いは低価格のプロチェック一級建築士事務所へ。内覧会で安心を!

100%買主の味方の内覧会同行専門業者。低価格で丸一日立会い同行検査し売主と交渉。内覧会後も無期限で無料で相談サポート。

天井の点検口から覗いてみると…

2017年03月06日 18時27分00秒 | チェック項目 新築マンション

写真はマンションの内覧会で撮りました。写したところは、洋室の天井の点検口を開けて、エアコンの先行配管部分です。塩ビのパイプにエアコンのケーブルや冷媒管が先行して設置されています。ここで、ご覧頂きたいのは、黄色の→で指したところです。よく見ると、ケーブルに少しキズが入っているのが分かります。
これは、ケーブルや冷媒管の設置時に、塩ビのパイプのカット面にこすられたからです。今後、エアコンを設置する際にも、この部分はこすられる可能性があります。また、建物は地震が来れば揺れますので、このような電気のケーブルが接する箇所は注意が必要となります。写真のケースでは、塩ビのパイプの切断面を養生材で巻くか、ケーブルの触れる部分をテープで留めるか、どちらかの対策を採るように指示しました。(7224)

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一戸建ての購入時、地盤もチ... | トップ | 付けるの忘れてる! »
最近の画像もっと見る

チェック項目 新築マンション」カテゴリの最新記事