Life in Japan blog (旧 サッカー評 by ぷりりん)

日本に暮らす昭和生まれの猫ぷりりんの、そこはかとない時事放談と日記です。政治経済から科学、サッカー、手芸まで

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小沢一郎さんの政治資金問題は検察がヘンテコなだけでは?

2010年01月31日 00時13分12秒 | 経済・社会
小沢さんの秘書さん(国会議員)が逮捕されるほどすごく重たい罪なのかどうかが理解できなくてまとめてみました。
結果、とても初歩的なミスともいえないミスが誇張され、それをマスコミが「虚偽記載」や「不実記載」と報道することによって民主党にネガティブな風を吹かせた現象ではないかと推論するようになりました。

帳簿のミスを逮捕していいという前例を認めると私のような馬鹿ですぐミスする経理マンを雇った政治家は逮捕されまくりになりそうです。会社でもそうです。大変な法解釈だと思います。

メディアスクラムで悪い奴と噂をたてて、国民が選挙で選んだ政治家や政党を失脚させたら勝ちですよ、ではもう社会として終わっています。

どのような反論をされても大丈夫なように、帳簿の時系列をリークに似た手法でちょっとずつしかも不正確にとらえられるかたちで小出しに報道させています。これは全容は実は見せたくない思惑が・・・ブルドックですと起訴したものの正体はかわいい子犬でしたを・・・・ばらしたくない意図があるかもしれません。
そもそも目的は容疑をかけることそのものかもしれないと多くのブロガーやツイッター等が疑っています。

違反したかもしれない法律:政治資金規正法 (改正平成15・7・16)
内容:2004年10月29日の帳簿のミス
資料:なし。どの報道を探しても帳簿の現物の時系列がない
推測できる内容:4億円の土地購入に関して、銀行融資4億円と、同日小沢さん個人からの借りたお金4億円の記載はあったが銀行融資4億円が記載されていない、ということらしいです。合計8億円が記載されていないとおかしいとの記事もあります。
土地所有権の移転は2005年におこなわれたようです。司法書士さんの事務が完了してから所有権は移転しますのでおかしいことではないです。

なお、陸山会代表小沢一郎さんへの小沢さ一郎さんからの借り入れ4億円の帳簿の記載があった元資料はテレビ番組サンデープロジェクトでの元検察の弁護士さんのお話です。

ちょっと仕分けしてみました。試しに細かく細かくつけてみます。ふつうは全部つけると個人事業主は大変に煩雑になります。ですので普通、省略できるところは省略します。
実際やってみると陸山会は小沢一郎さん自身ですので混乱しました。私も個人事業主の時代があったのですが個人分と商売分の経費はごちゃごちゃになりがちで大変でした。法人成り後の会計のほうが簡単です。

陸山会の帳簿
2004年10月29日
  「小沢一郎氏から陸山会代表小沢一郎氏が借りる」
   借方 現金400,000,000.-  貸方 借入金400,000,000.-

  「土地を代金を支払った」
   借方 土地 400,000,000.  貸方 現金 400,000,000.
 
 現金がゼロになっちゃいました 現金はいつも必要ですから借入します。
 しかし法人ではない陸山会に保証なしに貸してくれる銀行はないですから小沢さん個人が借りることになります。
 個人商店や法人でも中小零細企業でも同じようなことをしたり、社長さんが保証人になる契約をしたりします。

  「陸山会代表小沢一郎氏の定期預金を銀行へ担保にいれた」
   借方 担保定期預金400,000,000. 貸方 手持定期預金 400,000,000.

  「陸山会代表小沢一郎氏の定期預金を担保に小沢一郎氏が銀行より借入」
   借方 事業主貸  400,000,000. 貸方 担保定期預金400,000,000.
     陸山会の帳簿なのでここで現金の入金は発生しない

  「陸山会代表小沢一郎氏の定期預金を担保に小沢一郎氏が銀行より借入したお金を陸山会小沢一郎氏の現金へ」
   借方 現  金   400,000,000. 貸方 事業主借   400,000,000.

 
2005年
「2005年土地の所有権移転登記が完了し、登録免許税と司法書士への報酬を支払った。」
2005年XX月XX日 借方 租税公課 X,XXX,XXX円  貸方 現金  X,XXX,XXX円
                 支払手数料  XXX,XXX円      預かり金 XXX,XXX円



銀行からの借り入れを小沢さん個人として処理するか陸山会代表小沢一郎氏の借り入れとして陸山会の帳簿に記帳するかだと思うのですが、検察は陸山会代表小沢一郎氏の帳簿に銀行からの借り入れが載っていないのが不実な記載であるという解釈をして罪に問うていると思うのですが、これは上記のように処理をすれば「陸山会の帳簿には記載ができない」ように思いますがいかがでしょうか。

それに、小沢一郎さんと陸山会代表小沢一郎さんは同一人物ですのであまり問題はないように思いますが・・・。
もし政治家さん個人がどこの銀行から借り入れたかを詳細に記載する必要が2004年12月31日当時にあったのであればミスです。でもよくあるミスで、これでどうして国会議員さんが逮捕されちゃうのかわかりません。これで逮捕できたら、ちょっとへぼな経理マンを雇った国会議員は全員逮捕可能になります。

それに、こんな煩雑な仕訳は実務的にはいやですから、こう二行で省くことが帳簿の現場ではあります。
借方 現金  400,000,000.- 貸方 借入金 400,000,000.- 小沢一郎より
借方 土地  400,000,000.  貸方 現金 400,000,000. 代金支払い

よくやる省略の際のミス・・・「不実記載」で逮捕されたらもうなにもできません。しかも担保にしている定期預金がもし現物の帳簿の貸し方に記載されていれば間接的に負債の存在は記載されているので悪質性は皆無です。

土地の所有も、簿記では最終的に最後に所有権移転登記が完了して仕上げなので単純にその際に帳簿に載せるべきなのだと考えていたと思います。それは事務方のミスです。なんだかふしぎですね。

私は小沢さんが怒る姿があまり好きではありません。
検察&米国が懸念しているように、中国などアジアへもシフトしようという小沢さんが邪魔なのもよくわかります。でも好きではないからといってこのような奇妙なことが目の前で繰り広げられるのには異議を言いたいなと思います。
コメント