Life in Japan blog (旧 サッカー評 by ぷりりん)

日本に暮らす昭和生まれの猫ぷりりんの、そこはかとない時事放談と日記です。政治経済から科学、サッカー、手芸まで

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミラン対リバプール 04-05欧州チャンピオンズリーグ決勝 イスタンブール

2005年05月26日 14時10分07秒 | サッカー観戦
ベニーテス監督の仕事がスムーズに進めば、ありうると思われたことだけれど、
これほどスムーズに進むと誰が思ったろうか。

バレンシアの驚異的な組織力を知っていたファンは、この勝利をある程度予感して
いたかもしれない。しかし、”いつ”実現するかの予測は、大方外れていただろう。

04-05欧州チャンピオンズリーグ決勝は、PK戦の結果、ACミランを破って
リバプールが勝利した。しかも、3-0からの逆転劇で。

開始50秒での失点は、経験の差であったのだろうか。そのままの精神状態で
(You never walk aloneを歌わなければならなかったサポーターが黙って
しまったのも経験値の低さ?)前半終了。ラファエル・ベニーテスはハーフタイムで
修正してくる。

失点はまだしも、得点できなかったのは、中盤が後ろに気をとられ、手薄に
なってしまっていたからであった。そのスペースをいいように使われていた。
最終ラインには人数はいたもののかえってラインのコントロールが難しく
なるので、1枚を中盤にあげ、ジェラードを前面に押し上げ3DFに。
(3バックに修正してgoodなのではなく、戦略上中盤を厚くする結果、
3人のディフェンスです)

ミランのプレッシャーにも負けず絶えずコンパクト(超コンパクト。最終ラインは
ハーフライン沿い)に保ち、スペースがないと見えても、ミランディフェンスの中
に人員を押し込むような配置にして、チャンスメイク。

そして、集中する時間帯の中で得点を稼ぎ出し、PKまで逃げ切る体制で勝利を
ものにした。

細かい戦術は、リバプールを良くわかっていないので、わからなかった。

PKまで来た段階で、満足してしまっていたけれど、勝利して本当に良かった。
ちょっとここはフーリガン風に。。。。。

「リバプールにラテンの暴風が吹いたぜっ、く○っ○れ評論家やろー!」

なーんちゃって。
コメント