Life in Japan blog (旧 サッカー評 by ぷりりん)

日本に暮らす昭和生まれの猫ぷりりんの、そこはかとない時事放談と日記です。政治経済から科学、サッカー、手芸まで

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

森友学園が取得した瑞穂の國記念小學院建設予定国有地の件続き

2017年02月21日 13時15分56秒 | 政治

森友学園国有地取得の疑惑の件ですが、疑問点の図式を細かく描いてみました。

より細かな明細と調査が判明することを希望します。

資産価格をどう考えるべきか、という問題なのだと思います。汚染がある土地の資産価格は、汚染の除去費用を差し引いた価格となるのは通常のようです。
豊洲市場の土地売買では汚染がある土地を無い土地と同じ価格で購入したのはけしからんという批判があったようですが、まさにそういうことだと思われます。
しかし購入者が汚染を除去しないまま使用することも可能です。
では、汚染を除去しないまま使用する飼い主と、汚染を見積もり通り除去して使用する買い主とで販売価格を変更できるかといえば不可能であるだろうな、とは思います。
除去しないなら費用が浮いたことになるのですが、転売する際、瓦礫が埋設したままではあるので、瓦礫が埋設されていない土地よりはやはり資産価値は低いわけで、簿価的には整合性があります。

なにか腑に落ちないのですが、一番のキーはやはり査定価格の妥当性だけだと思われるので、明細書が公開されれば事実関係が判明するのではないでしょうか。

下記の部分が疑惑の部分でしょうか。

1


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 塚本幼稚園の森友学園が取得... | トップ | 日本の神話時代:日本と最初... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Theia)
2017-02-23 04:45:51
この問題では金銭的に恐らく2つの問題点があると思います。

1.3億6000万円とされる撤去していない部分のごみ処理費用。

この点についてはもし森友学園に瑕疵担保責任が移っているなら(言い換えれば森友学園が売却する際にごみの撤去責任が森友学園にあるなら)、森友学園がごみの撤去をしようがしまいが3億6000万円の値引きは妥当であるとなります。
#瑕疵がある事を分かっていて修復するかしないかは持ち主の自由です。
#例えばコンピュータの部品を作る工場を建てる予定だから豊洲市場の様に汚染された土地に建てて、土地代を浮かせようという場合ですね。
#ただ、表面に出ていない生活ごみを子供が遊ぶ運動場の下に埋設したままでよいのか?という疑問はありますが、元ごみ埋め立て地に立っているマンションもあるのでさほど問題ではないのでしょう。

一方で国に瑕疵担保責任が残っているのだとすれば、総理大臣が直接関わるには小さすぎる問題ですので官僚が忖度しまくった結果値引きをしたという事になるでしょう。
("子供の教育をする団体は優遇されるべき"という議論の余地はありますが)特定の団体が優遇される状況は問題ですね。

2.本当に撤去費用に8億円もかかるのか

8億円というソースは森友学園側にしかないという事です。
問題点としては以下のようなものでしょうか。

・実際にどこに埋まっていたのか本当に10m近い地下まで掘り返して撤去しなければならないのか?
・実際に10m近い地下まで埋まっているとしても本当に8億円もかかるのかが見積りされた形跡が伝わってこない。

今回官僚が忖度しまくった結果安くなっただけであれば、100兆円の予算を組む国で起こったたった8億円の話ですので問題ではありますが大した問題ではありません。
2に示した様な問題が本当に確認さえしていないとなれば大問題です。
資産を杜撰な取り扱いをしている事が発覚した組織では往々にして他の資産も杜撰な扱いを受けている可能性が高く、600兆円を超える莫大な国有資産がこのような杜撰な取り扱いを受けていると推定できます。
明治維新直後に土地の持ち主が特定できずに国庫に編入されたものや、敵対した大名から没収したものも多く全てが税金を投入したものとは言えませんが、国民全体の共有財です。
国民全体の共有財がそのような杜撰な取り扱いを受けているとすれば大変な問題です。
それはもしかしたら外交上の評判といったような目に見えない財産も杜撰な扱いを受けていないか疑わなければならないからです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事