F & F嫁の “FFree World”

※PCでの閲覧を前提とした構成です。文字サイズは「大」推奨です 

KEISER M3

2011年09月09日 | Fitness & Sports

F log










自他共に認める凝り性である。

そんな F が以前から興味を持っている バイク ( 自転車 ) があった…











始まりは中年お決まりの健康問題だった。

フィットネスジムをドロップアウトしてから以来、まとまった運動とはとんとご無沙汰だ。

たまにカメラ一式 ( 重量級 ) を持って野山を歩きまわるも季節の良い時期に限られる。




そうこうしていると職場の同僚がロードバイクを購入した。

彼はそれで通勤していたが、見る見るうちに引き締まってきた。

別の同僚の女性もクロスバイクを導入、天気を見ながらだが通勤に使用してる。

それがまたやたらカッコイイのだ。




やはり目の前に実物があると気持ちも盛り上がる。

が、よっしゃオレも…とすんなり逝かない理由はコレだ。




F が欲しいバイクは Alex Moulton AM-5 なのだ。








創始者アレックス・モールトン博士 ( バリバリ現役 ) と Moulton Super Speed 。




モールトンといえば博士の住む英国のマジなお城でハンドメイドされ、リアサスに旧ミニと同じラバーコーンサスを使用する

小径変態自転車として有名だけど、その中で内装変速機を持った生産終了モデルである AM-5 が憧れなの… ( ポッ )

その AM-5 だが、横浜にある 中古モールトンショップさんのHP を御覧ください。




ま、その価格を見れば‥・ね。




その他にも集合住宅特有の保管場所問題、それに直結する盗難問題、F 嫁用にも用意しなければならない、

距離的に通勤には使えないので毎日乗れない、週末が雨ならその週はやはり乗ることができない… etc

難問山積みで自転車購入作戦は脳内で終始したのであった。






















とはいえ健康問題は待ったなしだ。

イントロが長いのは最近の F の悪い癖。

ここからが本題である。




ジムで漕いでいたエアロバイクを次善の策として考えた。

それなら雨の日風の日も関係ない。 

夫婦で 1 台あればよい。

一生懸命情報収集に励み、出した結論が KEISER M3 という インドアサイクル である。












K-5 / DA15mm F4ED AL Limited





じつは 9 月 1 日大安吉日、KEISER M3 は我が家に納車されたのだ。

トップ写真は銀色に輝く巨大なフライホイールのアップだ。

カイザー社はドイツ系アメリカ人のデニス・カイザーさんが興したフィットネス機器を製造する会社である。

こちら は弟であり副社長でもあるランディ・カイザーさんが案内するファクトリー。




さてこの KEISER M3 というインドアサイクルを選んだ理由は 2 つある。

第 1 に カッコイイから である。

高機能だがどこか野暮ったいジムのエアロバイクとは一線を画すシャープなフォルム。

超小型のサイクルコンピュータに単三電池を使用する以外、いっさいの電源が不要というスッキリとした配置。

実物のロードバイク乗りが 「 限りなく実車に近い 」 と評するペダリングポジション。 

外観の魅力は語り尽くせないほどである。




設置の都合上、左側面が見えているが、ロゴの位置などからして こちらが正面 だろう。






















そして KEISER M3 を選んだ理由その 2 は 静粛性 だ。



K-5 / DA15mm F4ED AL Limited


写真は心臓部、巨大なアルミ製フライホイールとそれに重なり合う小さな磁石。

負荷調節には 「 磁石 」 とそれが起こす 「 渦電流 」 が使われているという。

アルミの円板を回転させ磁石 ( 磁界 ) をさえぎると、回転にブレーキがかかるという原理を応用している。

詳しいことはよくわからないが、あくまでさえぎるだけなので非接触。

非接触であれば動作音は静かだということになる。



















そもそも KEISER M3 を知ったのはあるトライアスリートのブログだったが、

導入を決断する背中を押されたのはこの動画 だ。



Keiser m3 Personal-1



日本の販売代理店の方だろうか、M3 バイクをガレージ、室内でデモンストレーションしている動画だ。

特に 5 分 30 秒過ぎからの室内での静粛性 は印象的だった。

自宅ではスペースからしてリビング設置しか考えられないので静かなのは重要である。

この動画は何度も何度も見た。 F 嫁にも見せた。

そして後日、いざ納車となったときに驚くことになる。













カイザー社公式?のプロモーションビデオはこちら。


M3 Keiser Exercise Bike Available at Cymaxstores.com



やはりオシャレな男女は絵になる。






















K-5 / FA31mm F1.8AL Limited


ペダル等のパーツは信頼のシマノ製。

体重がモロにかかる部分だけに安心である。

ベルトでつま先をきちっと締める他、裏側ではサイクリング用シューズのアタッチメントがカチッとロックするシステムを備える。













 








K-5 / FA31mm F1.8AL Limited


ハンドル部分。

中央にあるのが電池駆動のサイクルコンピュータだ。

回転数、仕事量、消費カロリー、経過時間、走行距離、そしてオプションで心拍数のワイヤレス受信も可能。

ジムにあるような巨大ディスプレイに自分のデータを入力するようなバイクと比べたらシンプルである。




ハンドルは手前を握れば上体が起き、中央の最先端まで手を伸ばせば気分はもうツール・ド・フランス(笑

そして画面の真ん中下にあるのがギアレバーである。

1 ~ 24 まで非常になめらかに稼働する。




















時間を少し遡り、KEISER M3 納車の日。

ピンポーンとチャイムを押して 「 こんにちは~!!!!! 」 とものすごい元気な声でインターホンのスピーカーを震わせたのは、

カイザー社の製品を輸入販売している フィットネスアポロ社 の安達さん。


K-5 / FA31mm F1.8AL Limited



そう、まさに件の動画の主人公、オッケーアダチ その人であった。 ( お顔出し許諾済み )

ガッチリした体躯の安達さんは 40kg 弱の M3 を軽々と運ぶ。

そして M3 バイクを使った ペダリングと呼ばれるプログラムで多数の生徒を指導 しているだけに大きくよく通る声をしている。

設置後は使用上の注意点と、自らがペダルを踏んでのミニ講座が始まった。




ちなみに安達さんの属するフィットネスアポロ社は、カイザー社との取引 30 周年ということで記念の特別価格で大勉強していただいた。






















K-5 / FA31mm F1.8AL Limited


M3 はその構造上、立ち漕ぎにも適している。

負荷を上げて立ち漕ぎのデモンストレーションを行う安達さん。 

いやこうなると M3 のペダリングインストラクター、オッケーアダチと化しているな。

ポジショニングが気になるのか、いきなり写線を塞ぐ F 嫁。




実際に目の前で稼動しているのを聞いても、シューという小さな音 しかしない。

熟達者が高負荷で立ち漕ぎしているにも関わらず‥である。




















K-5 / FA31mm F1.8AL Limited


早速ペダリングを実践する F 嫁。

シマノの本格的なペダルなので裸足では痛い。

バレエシューズを履いているが、やはり室内用にスニーカーを用意しなくては立ち漕ぎはまず無理。




ハンドル部のタオルはいいとして、床に敷いたバスタオルは何のためか?

それは適切な負荷と回転数で 15 分も走る ( あえて漕ぐではなく走るを使う ) と、尋常じゃない汗が滝のように流れるからだ。

それはハンドル部分から下に落ちるのだ。




そこが競合する製品と比べ M3 の優位な点のひとつである。

ライバルとされる製品はほとんどがペダルの前にフライホイールが位置する。

流れる汗がちょうど落ちる場所だ。

その点 M3 のフライホイールはペダルの後方にあり、主に首から上で発生し下へと落ちる塩分を含んだ水分の影響を受けにくい。
























XZ-1 by F 嫁


ROH の売店で買ってきたコジョカルちゃんのポスターと、ユフィちゃんのサイン入りポワント に励まされ走る F 。

いかにもな黒烏龍茶のボトルにはたっぷりの水。




9 月 1 日の納車以来、休日も含め早朝 30 分走っている。

負荷 ( ギア ) は 10~15、回転数は 60 ~ 70 を維持。

最後の 5 分は立ち漕ぎ。

走行距離にして 7 ~ 10 km、消費カロリーは 250kcal 前後だ。

15 分を過ぎると毎回滝の汗である。











夫婦が交代で使用でき、天候に左右されないインドアサイクルはなかなか良いものだ。

季節のよい時期に外を風切って走る爽快感はないものの、確実に毎日続けられるというのは大きい。

これからも元を取るため長く続けていこうと思っている。

オッケーアダチさん、お世話になりありがとうございました。























コメント (14)    この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2年が経って | トップ | ぼっかけ焼きそば »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張れ (Hundemama)
2011-09-09 08:54:38
こちらでもそういう器具を買う家庭が多くなっているのですが(一億総肥満の北米)、大概洋服掛けと化すらしいです。そうならないように頑張ってください。
うちもそういうのあったらと時々思うのですが、何しろアパート暮らしで場所がないんです(と自分に言い聞かせている)。まぁ徒歩通勤なだけましか。
ズコーッ (AP1)
2011-09-09 12:43:27
とはならなかったですよ!!w
いやーサイクルマシンにもこんな格好いいのがあるのですね~。
しかしこのM3もどっかのM社の様にお高いのですね(>_<)
うちのフラットバーロードより断然高いですww

ご自宅にお邪魔する機会に恵まれたら、是非一漕ぎさせてくださーい(*^_^*)
Unknown (まゆみ)
2011-09-09 15:33:44
おぉースゲー。
ここまでしたら、やる気も出るってもんです。
この夏太った4キロを落とさねば!と思っているところなのですが...
ビールを飲むとすぐに忘れちゃいます。
Fさん夫妻の頑張りを見て、あたしも気合入れよー!
Hundemama、こんばんは!! (F)
2011-09-10 22:33:11
 
その米国製なので頑丈でしょう。
洋服掛けにはもったいないです。
一生懸命走りますよ。
こちらはクルマ通勤しだすとまったく歩かなくなるからね。
徒歩で通勤できる(強制的に運動せざるを得ない)環境を大事にしてください。



AP1くん、こんばんは!! (F)
2011-09-10 22:39:15
 
シャープでカッコイイでしょ?
ロードやクロスバイクも考えたのだけど、乗る頻度がどう考えても多くないんだよね。
盗難の危険もあるから余計に考えてしました。
Web上にある価格はあくまで定価だから。
文中のように30周年記念ですごい価格を出してもらいました。
M3を買うなら今ですw

まゆみさん、こんばんは!! (F)
2011-09-10 22:43:16
 
とりあえず今朝で10日連続早朝走ってます。
リビングのかなりの面積を専有しているので嫌でも目につきます。
外を走る自転車ならなんだかんだと走らない言い訳も作れますがそうもいきません。
もうやるしか無いところに自分を追い込んでます。
私も近い目標は-5kgです。いっしょに頑張りましょう!!
こんばんは (ebisu)
2013-05-30 23:03:45
初めましてebisuと言います!
自分もM3購入を考えているのですが参考までに当時いくらで購入されたのか教えていただけないでしょうか!
よろしくお願いいたします!
ebisuさん、こんばんは!! ( F )
2013-05-30 23:33:43
コメントありがとうございます。
最近サボリ気味なので、ご質問をきっかけにまた走らなくちゃと思います。

文中のとおり特別なキャンペーン期間中ということもあり、かなり安くしていただきました。
約束で具体的な価格は出せませんが、20万をかなり下回る金額でした。
購入されたら頑張って走ってくださいね。
突然の失礼をお許しください。 (window)
2015-09-17 14:00:56
F様初めましてwindowと申します。

スピンバイクの購入を検討していた際にM3を知ったのですが、予算が6~7万程度の私には値段が高くあきらめようとしていました。しかし、あきらめきれず、中古等色々と検索していたらこちらのブログにたどり着きました。F様はもう4年も前にご購入されたのですね。

大変唐突に不躾な質問で申し訳ないのですが、現在でもお使いになられてますか?もし、F様が何等かの理由でもうお使いになっておらず、かつ、M3が今でも故障など無く通常利用が出来るようでしたら、譲って頂きたいのです。よろしければ追って金額や受け渡しのご相談をさせてください。

いかがでしょうか?お返事お待ちしております。
windowさん、こんばんは (F)
2015-09-19 22:50:27
コメント頂きありがとうございます。
M3で検索されたとの事、拙いレポートで申し訳ありません。

お申し出の件ですが、ウチには珍しく継続して使用しています。
特にF嫁は定期的に乗って汗をかいています。
4年以上経過しますがさすが頑丈でびくともしません。
静粛性も変わりなくとても満足しています。

ですので残念ながらお譲りすることは難しいです。
確かに安くはありませんが長い目で見れば投資額に見合うパフォーマンスを約束してくれると思います。
windowさんが良いマシンに出会えるようにお祈りしております。

Fitness & Sports」カテゴリの最新記事