プライムワーク|アンテナ工事、電気工事、エアコン工事、換気扇工事、LAN工事、防犯カメラ工事|千葉 埼玉 茨城

アンテナ工事、エアコン工事、電気工事のブログです。千葉 埼玉 茨城に対応【0120-289-237】まで。

PHEV『BMW 530e』充電コンセント工事|千葉

2020年01月21日 | EV,PHV充電コンセント

千葉県内のお宅にBMW 530eの充電コンセント工事に伺いました。

分電盤が古く空きスペースが無いので他業者に見積りをしてもらったら分電盤の交換も勧められたそうです。

ただその業者の交換を勧める理由は「アースが無いから」ということらしいです。。。

分電盤を交換してもアースが無いことに変わりがないし分電盤にアースが必要なら外にアースを打ってここまで

引かないといけません。ただ今更分電盤にアースが有っても仕方がないと思いますが・・・

分電盤は古いので交換した方が良いに決まっていますが交換しなくても充電コンセントは設置出来ます。

今回は分電盤の上に増設用ボックスを設けることにします

 

 

分電盤からこの納戸の点検口まで配線可能という事らしいです。

エアコンの向こう側が駐車場なのでここまで配線できれば後は簡単です。

 

配線できるという事でしたが実際分電盤まで屋根裏にスペースは有りませんでした。

 

結局お客様から許可を頂いて途中の納戸の天井を開口することになりました。

補修はお客様の方でやって頂けるということです。

ここが開くと配線は問題なく出来るようになります。

 

駐車場横まで配線出来ました

 

配線を加工して充電コンセント用の漏電ブレーカーを設けました。

既設の古い漏電ブレーカーが故障していても今回の工事とは関係ありません。

 

屋外を塩ビ樹脂管で敷設していきます

 

 

パナソニック製カバー付きコンセントWK4422Qを設置します

 

 

あと問題はアースです

この室外機のアース線はエアコン設置業者が適当な棒を打ったものでは無さそうです。

コンクリートに埋まっていました。

一応測ってみたら基準値をクリアしていたのでこれを使うことにします。

 

ここで分けることにします

 

配線が準備出来ました

あとはコンセントを付けるだけです。

今回使用した電線はVVF2.6ミリ電線です

 

カバー付きコンセントを設置しました

 

漏電ブレーカーを上げて電圧を確認しました

 

 

代車のBMW330eに搭載されていた充電ケーブルを壁に固定しました

 

 

これは代車の330eに挿してみました

 

想定していた以上に時間が掛かりましたが無事工事完了です。

当店にご依頼頂き誠に有難うございます。


 

 アンテナ工事、EV・PHV充電コンセント工事、エアコン工事 、LAN配線工事

 電気工事、コンセント交換・スイッチ交換、換気扇交換・お任せください!

   当店ホームページ

  株式会社プライムワーク   

    

 お支払いは各種クレジットカード、電子マネーもご利用できます!

 

この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

EV,PHV充電コンセント」カテゴリの最新記事