マインドフル・プラネット

北米ジャーナリスト、エリコ・ロウ発

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ユナイテッド・ネイティブ・アメリカ

2005年10月11日 | Weblog
10月11日

米国では10月の第二月曜日はコロンバス・デイの法定祝日となっているが、これを先住民族記念日に改定すべきだ、とする運動がある。コロンバス・デイとは欧州からやってきて「新大陸」を発見したクリストファー・コロンバスの記念日。それがきっかけで、豊かな自然の新天地に植民して広大な大陸を我が物顔で乗っ取った白人にとっては記念すべき祝日でも、隣人として暖かく迎えた白人に先祖代々の地っを奪われ、大量殺戮、虐待され太平の文化を破壊された側の先住民族にとっては、憂国の記念日で、いまだにアメリカ人がコロンバスを聖人扱いするのはとんでもない話。白人のアメリカ大陸植民により、アフリカの先住民族の奴隷化も始まったため、最近ではコロンバスは人種差別主義者としてアメリカ・インディアンだけでなく黒人やラティーノからも敵視されている。というわけで、コロンバス・デイを祝うのはやめて、むしろ、先住民族に対するホロコーストを悼み、反省し、他民族尊重の人権主義の念をあらたにする日として、先住記念日を設けよう、という運動が始まり、革新都市として知られるバークレー市などでは、すでに10月12日を先住民族の日と定めているのだ。

下記はその推進役となっているユナイテッド・ネイティブ・アメリカのサイトだ。
http://www.unitednativeamerica.com/press.Indian.html
コメント (3)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 絶望に効く薬を求めて | トップ | バンクーバーで林住庵の家守... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (はなび)
2006-08-02 20:05:27
某週刊誌の漫画でエリコさんを知り、何冊かの本を購入させていただきました。ネイティブ・アメリカンの人達の素晴らしい考えに触れ、心が軽くなったように思います。

さて、本題なのですが・・あまり更新がされていないようなので、読んでいただけるのかどうか分かりませんが、書かせていただきます。

ある女性を助けていただきたいのです。その女性は、周りの人と違う、目立った外見で生まれてしまったがために、家族に虐待され、小学校から高校までを、凄まじい苛め、リンチ、ありとあらゆる恥辱と痛みに晒されて生きて来られました。胸に針を刺され、教師の命令でクラスメイトにリンチを受け、大勢の男子生徒の前で裸にされ・・・彼女でなければ、間違いなく死んでいます。本当なら、人より抜きん出た、輝かしい存在になれるだけの能力、魅力を持って生まれたはずなのに、心はぼろぼろになり、体も病に冒されました。常人を超える生命力のおかげで生きてはいますが、もう回復の見込みは無いそうです。

私は彼女とは会った事はありません。彼女のブログにコメントを寄せるだけの存在です。男性に嫌悪感を持つ彼女ですから、この先もお目にかかることは無いかもしれません。ですが、彼女を守る為に戦ってくれた、数少ない仲間達との思い出を胸に、静かに命が終わるのを待っている彼女を放っておきたくないのです。

彼女は、「今は幸せ」と言います。

私は彼女とは比べ物にならない程、恵まれた生き方をしてきましたから、彼女の気持ちを本当に理解できていないのかもしれません。大きなお世話なのかもしれません。ですが、青春のほとんどを悪質な苛め、リンチ、性的暴力によって、ドス黒く染められ、輝きを奪われた彼女の心と体を癒してもらいたいのです。

どうかお願いします。彼女をネイティブ・アメリカンのメディスンマンの方達に癒して頂けないでしょうか?心臓の病は深刻らしく、治らないかもしれません。しかし、せめて心だけは、少しでも安らかに・・・。

お願いします!
はじめまして! (mayumi)
2007-02-12 20:09:15
「アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉」に出会って、ずっとお便りを出したいと思いつつ、現在に至ってしまいました。
ちょうど、そんな折に、娘が誕生日プレゼントで
チェロキー・インディアンの詩をいただきました。
ブログでちょうど今日紹介したばかりで、
まさに、こちらのブログを発見したのも今日でした。
ちょっとしたシンクロを感じたので
思い切ってメールさせていただきました。
これからも応援しています。
そして、私たち日本人には未知なる民族である
インディアンたちを今後も見せてくださいね。
本に共感させられました。 (haru)
2007-09-05 22:47:57
はじめまして。「アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉」を最近購入した者です。
とても共感できる内容が多く。
先人たちの知恵が盛りだくさんで楽しく拝見させていただいてます。
去年1年間バンクーバへ留学しホームスティの
家族の知人で先住民族の方(たしかクリ族だったか)とお会いする機会がありました。
以前からカナディアン・インディアンには興味があり、数時間でしたがとても面白い話を聞けた事が嬉しかったです。
是非、より多くの方にこの本を知っていただきたいと思いました。ときどき本の一説を友達に伝え宣伝してもよろしいでしょうか?
これからもご活躍応援しております。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事