マインドフル・プラネット

北米ジャーナリスト、エリコ・ロウ発

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

絶望に効く薬を求めて

2005年07月14日 | Weblog
7月13日

5月以来、カナダ移民の申請やらエコビレッジの家売却と引っ越し準備などに追われ、ブログにはご無沙汰してしまった。引っ越し計画は二転三転し、結局、売った家をそのまま借りて、来夏までここにいることになった。近所の人々はそれを知って嬉しそうだ。べつに私たちがここで人気者というわけではなく、ここの住民は、誰か出ていくとなると自分たちのコミュニティーが拒否されたような気になってがっかりするようなのだ。バンクーバー移住の前にまずシアトルに越すと話しだすと、急に周囲の態度が冷たくなった。ような気がしたが、最近では、やっぱりここにいるんだってねえ、と人々はニコニコ寄ってくる。

さて、ブログを再開するモチベーションをくれたのは、週末に遠路はるばる埼玉から(実はマンタッハンに小野洋子さんを訪ねたついで)来てくださったコミック・ジャーナリストの山田玲二とライターの佐藤博之さんの珍道中組である。山田氏が連載中の「絶望に効く薬」というコミックの取材のために、絶望した日本の人々への救いのヒントを求めて世界行脚を続けていると奇特なふたり組。ずっと連絡をくれていたのは佐藤さんだったので、もしかして山田氏はくらーいコミックオタクなのかも、と内心恐れていたのだが、予想に反して、ふたりとも、すかっと天に抜ける明るさだった。アランはひとめみて、二人揃うと、ロックスターみたいだね。ちなみに山田さんは長髪で、佐藤さんは茶髪がパッパとたっていたのだ。おふたりを出来たばかりの地球博物館にお連れしたら、山田氏は、たぶん古代の海の巨大な壁画を描いていたアーティストに見そめられ、「手伝ってくれ!」と乞われて、壁画アートに一筆加えることになった。これで、山田氏は、
美術館収蔵画家の仲間入りである。

おふたりはそれはいろいろな人にあって、それなりの徳を受けてきたようで、とても面白い話をずいぶん聞かせていただいた。
なかでも、唸ったのは、バッドトリップした輩を正気に戻すメディスンとして、セージの葉のスマッジが役に立つ、そうだ、という話だった。セージのスマッジはアメリカ・インディアンの文化では邪悪なエネルギーを祓う清めの薬草なのである。

それにしても、日本に住む日本人と久しぶりに会って話をするたびに、人を絶望に追い込みやすい日本の鬱屈した空気が思いやられる。何に対してもきまじめ過ぎるということなのだろうか。小さな島なのにどんどん自然を伐採してコンクリートで自分たちを囲んでしまったから、息がしずらくなっているのもウツを招きやすい一因ではないか、と思うのだが。大自然と一体となってそのなかでの自分の存在をたかみから見れば、閉塞状況から脱するための光も見えるのではないかと思うのだが・・
コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 春の到来を祝うメイ・ポール | トップ | ユナイテッド・ネイティブ・... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みんなのプロフィール)
2005-07-14 05:42:57
ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=%82m%82x%83G%83R%83r%83%8C%83b%83W%94%AD%81F%82%E2%82%B3%82%B5%82%A2%90%B6%8A%88&address=http%3A%2F%2Fblog%2Egoo%2Ene%2Ejp%2Fpressbox%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi
本から来ました。 (rintomi)
2005-07-19 16:44:10
えりこさんの、「パウワウアメリカインディアンの今日を無駄にしない教え」を読んで、

こちらにおじゃましました。

自分の求めている答えが全部書かれていて、大変感動しました。

普段の生活は、なかなかこのようにはいかない事も多いですが、なにかにつまずいた時に

心の支えになる教えだと思いました。

初めまして。 (tako)
2005-07-21 00:47:43
初めまして、日本在住のtakoと申します。「アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉」を読み、私もこちらへやって来ました。トラックバックさせていただきました。是非、自ブログにてリンクさせていただきたいので、よろしくお願いいたします。
Unknown (ai)
2005-09-26 21:44:42
はじめまして。絶望に効く薬を読んでこのWEBLOGを見つけました。わたしは以前カナダのBCに住んでいて、当時の学校のつてで「ゴーストリバーリディスカバリー」というnative peopleの文化を後世に伝えようという団体の行うキャンプに参加しました。そこであるメディスンウーマンと出会いました。キャンプでは素晴らしい体験をいくつもしました。

もう5年以上前の話ですが以来ずっと心にnativeの人たちの考え方や自然を大切にする思いが心の中にありました、でもずっと心の中にしまっていました。時々出しては眺めたりしたけれどちゃんと自分の心で受け止めてその価値を改めて見つめて生き方を考えることまではしていませんでした。でも色々な「偶然」が驚くほど重なって絶薬にエリコさんの記事を見つけ、本当に衝撃を受けました。

心の中の宝物、としてだけでなく自分の生きる上での指針としてでも、体験と教えられた価値を改めて見つめなおそうと思いました。



突然のこんなコメントですみません。でもエリコさんの考えや絶望にきく薬を読んでちゃんと受け止めた人がいることを知ってもらいたくて、恥ずかしさを押しとどめて書き込みしました。





カナダはいい所です。BCの州都、ビクトリアも美しい町なので一度たずねてみてください。



読者です (すすぎ)
2007-01-17 17:03:39
初めまして、私も本でエリコさんのお名前知りました、ずっと大切に読んでいくと思います。またきます。
Unknown (あずまや)
2010-03-27 10:23:59
いまさらですが、絶薬を読んでググってみたら、ここでした。
ネイティブの人たちのことは前から気になっていたので、これを縁に人生の糧にできたらと思います。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事