奥永さつき

日々のできごとをそこはかとなくつづります。

「知名度」だけなのか?

2016-07-31 20:51:05 | 社会
増田氏は自民、公明両党の組織的な支援を受け、岩手県知事の経験など「行政手腕」をアピール。「待機児童ゼロ」などを強く訴えたが、知名度不足などから無党派層への浸透が図れなかった。(産経ニュース)

そうだろうか?

政党の支援を受けない小池氏は同党都連との対決姿勢を鮮明にし、都議会の冒頭解散をはじめとした「都民のための東京大改革」を訴えて、支持を集めた。
 2020年東京五輪・パラリンピックについては、「利権追及チーム」をつくり、膨らむ経費の内訳を開示するなど「透明化」を進めるとし、知事給与の半減などを公約に掲げた。(産経ニュース)


舛添問題で見えてきた不透明な都政に対して、都民がNoと言ったということだ。

(鳥越を選んでいたら都民の知性を疑ったが、都民もまだまだ捨てたものではないね。)

コメント

小池百合子さん、当選おめでとう

2016-07-31 20:26:42 | 社会
厳しい戦いでしょうが、自民党東京のドンの利権、森元首相の利権との戦いに頑張ってください。
コメント

「公約」果たしたのに辞めるの?

2016-07-30 20:47:09 | 社会
人生、悲観してばかりではやりきれませんから、せめてポジティブ指向でいきたい。もちろん、失敗は失敗として反省し、その経験を次に生かすという意味のポジティブ指向でなければならないのは当然です。
ところが、一部政治家というものは「負を正と見なす」という、普通の人ではありえない思考の持ち主なのかもしれません。

この方の場合には、地元候補が落選したら辞めると、党首にもあるまじき、なんともちっぽけな「公約」でしたが、その「公約」は達成できたのですから、お辞めになることもないと思います。

民進党の岡田克也代表は30日、党本部で記者団に対し、9月に予定する党代表選に出馬しない理由について「参院選で一定の成果を出せた。反転攻勢の一歩を踏み出し、一区切り付けられるところまできた」と述べた。
 岡田氏によると、不出馬を決断したのは1週間ほど前。「ここで一区切りつけ、新しい人にやってもらった方が、党のためにも政権交代のためにもいいと判断した」とも語った。(産経ニュース)


民共合作を続ければ、民進党は未来永劫野党でしょう。
仮に衆議院で過半数とっても、三日天下ですし、また選挙では税金の無駄遣いです。そんなことは普通の有権者にはわかっているのですから、民共合作を認めるのはマスコミに踊らされた「大衆」だけでしょう。
ですから、自民党支持者にとっては、岡田さんが党首を続けてもらった方がよいのかもしれません。

「党のためにも政権交代のためにもいいと判断した」というのは民共合作をやめるということなのですが、民共合作は続けてほしいと言っているようです。

ほんと、この人わかっていない。
コメント

喫緊の課題

2016-07-29 20:54:21 | 社会
山本太郎が鳥越俊太郎の応援演説で、都知事になった時には、都民の生命と財産を守るために、放射性物質の検査をきちんとするようお願いしたとか。

放射性物質の検査などという終わったことをお願いする前に、自身の精神状態を「第三者」に診察してもらうのが喫緊の課題ではないのかね。
コメント

泡沫候補

2016-07-29 20:33:47 | 社会
都知事選に立候補しているお三方ばかりをマスコミは扱って、「その他にご覧の方々が立候補しています」と「公平性」を保っているつもりだから、「その他」候補は「不公平だ」というだろう。
マック赤坂なんかは毎度おなじみで「知名度」は高いが、亡くなった羽柴さんや、発明家と同様で政策はよくわからない。
まあその中で真面なのは桜井誠くらいか。彼が朝鮮人の(真実に近いのだが)悪口を言っても、朝日新聞を読んでいる人には絶対に伝わらない。在日は犯罪を犯さない善良な市民になってしまうから。

近畿厚生局麻薬取締部は29日、大阪市浪速区のマンションで大麻草約300株を押収したと発表した。同取締部は、同区敷津西1丁目の無職豊田浩司容疑者(39)ら男3人を大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕し、栽培の疑いでも追送検した。豊田容疑者は「販売目的だった」と容疑を認めているという。(朝日新聞)

逮捕されたのは韓国籍の豊田こと洪浩司。いい加減に通名報道をやめたらどうなの。

コメント (1)