奥永さつき

日々のできごとをそこはかとなくつづります。

茂木さん、その主張は「無理筋」ですよ

2015-08-31 21:39:05 | 社会
茂木健一郎がFBでこんなことを書いている。
今回の安保法案については、違憲であると代表的な憲法学者が述べており、安倍さんがトップをすげ替える前の内閣法制局も同じ見解で、そもそも「無理筋」である。世論調査でも反対が多数。それでも通そうとする国会のあり方が異常だと感じているから、デモが起こる。
自民党が直近の衆議院選挙で勝っているといっても、すでに検証されているように安保法案は主要な争点にはならず、自民党も重要施策として上げていなかった。いわば、争点隠し、だまし討ちのようなものだったということは、多くの人の率直、素朴な感想であろう。


でもね、集団的自衛権容認の閣議決定は衆議院選挙前だよ。そのことに危機感を持ったら、衆議院選挙でマスコミ主導の争点にならなくとも、深読みして「自民党はノー」と意思表示しなければならない。「だまし討ちのようなものだったということは、多くの人の率直、素朴な感想であろう」であれば、政治に関して日本人が未熟だと言っていることと等価で、そんな恨み言はどうなのだろう。

憲法学者の意見も法制局の見解も、憲法解釈に過ぎない。解釈が正当か否かを判断するのは、あくまでも最高裁で、それが三権分立というものだろう。
茂木さんの主張は「無理筋」だと思う。
コメント (1)

「寝耳に水」

2015-08-31 20:52:20 | 社会
今回の維新の分裂で、松野代表は、「寝耳に水」「分党しないでほしい」と懇願しているようだ。
だがね、労組頼みの民主党と橋下さんは「水と油」、民主党出身の松野さんと合うはずもない。そんな折に、幹事長が労組支持の山形市長選候補を応援し、その幹事長の責任も取らせないというのであれば、どういうことになるのか。そんなことは予想して当然だろう。

そんな察しも付かなくて、政党の代表をやっていること自体、庶民には理解できないね。
口実を与えただけだよ。「オウンゴール」だね。
コメント

狩猟民族は恐ろしい

2015-08-31 20:14:52 | 社会
農耕が主体だった日本では、牛や馬は家族同然で情が移るから、牛や馬を去勢しなかった。去勢されていない牛馬は時に獰猛になるから、牛車や馬車が交通手段として発達しなかった。それに対して、狩猟民族は去勢してしまえば牛馬が扱いやすいことを知っていた。

沖縄県議会は31日、安全保障関連法案に関し「住民の4人に1人が犠牲となる地上戦を体験した沖縄県民は平和な社会を求めており、再び戦争に加担するための法案は断じて許されない」として廃案を求める意見書を可決する。近く政府に提出する。(産経ニュース)

集団的自衛権とはあくまでも自衛であって、自らを守るための戦争なのだから、この沖縄県議会の意見書は、たとえシナに攻められても無抵抗を貫きますと言っているのに等しい。

昨日は国会前で安保法制反対集会があったようだ。報道写真を見ると、どこかで見たようなのぼり旗が立っているし、立派に印刷したプラカードを持っていたり、労組の動因がかかったのだろう。

で、参加者の弁。
(山口二郎) 暴力をするわけにはいかないが、安倍に言いたい。お前は人間じゃない! たたき斬ってやる!
何様なのだろう。

(シールズの奥田) 主権者はおれたちであって、『最高責任者は私だ』と言って、のさばっているお前じゃないっていう叫びです。
その通り、主権者は国民。その主権者から選ばれた国会議員が選んだ首相が「最高責任者」だよね。それが「民主主義」というものだろう。

(坂本龍一) ここまで崖っぷちになって初めて、私たち日本人の中に、憲法の精神、9条の精神がここまで根付いていることをはっきり皆さんが示してくれた。
憲法守って日本が滅びたなんてことにならないといいが。

こんな風景を見ていると、米国は、沖縄戦、東京や大阪の大空襲、広島・長崎原爆投下といった残虐行為により日本人を去勢するのに成功したとしか思えない。
そんな技を知っている狩猟民族は恐ろしい。
コメント

【維新分裂】「わるい話でない」

2015-08-30 20:33:03 | 社会
維新が分裂するようだ。
絶対多数の与党と反対だけの野党ではこの国は良くならない。政策論争にまじめに取り組み、政策で自民党を脅かし、政権交代も可能な野党が生まれないことには、いつまで経っても二等国だろう。もちろん、民主党による政権交代というのはあったのだが、民主党は政権を担当する能力もなかったから、国民はノーを突きつけた。自民・民主のような二大政党を国民が望んでいる訳ではない。

今の維新は、前回選挙で保身というだけで民主党を抜け出した輩が大手を振って、「当選してしまえば、こっちのもの」と、民主党と変わらない姿勢だから、橋下氏が「整理」したいのは当然と言えば当然で、「わるい話でない」(与党幹部の話、産経ニュース)。

この際、民主党も分裂し、反対だけの人びとにはご退場願って、政権交代も可能な野党に再編するのが日本にとって良いことなのだが、当選しないことには始まらず、労組の組織票頼みゆえに民主党を飛び出せない議員もいるだろう。そういう議員は実力がないということだけは確かで、小粒だらけということか。

二等国状態はいつまで続くのだろう。
コメント

「ただもの」以下

2015-08-28 20:37:28 | 社会
民主党の岡田克也代表は28日の記者会見で、橋下徹大阪市長が維新の党の離党に関連し、国政政党は安全保障法制に取り組むべきとの考えを示したことについて「見識がある。ああいう場面で発言するのは、やはりただものではない」と述べた。
「橋下氏とじっくり話をしてみる考えはあるのか」と問われた岡田氏は「どこかでお会いするかもしれないが、『今、ただちに』という状況ではない」と述べた。(産経ニュース)


「反対、反対」と喚いているだけで、わが国の安全保障のあるべき姿も示し得ない民主党が批判されているということに岡田は気付いていないのだろうか。
会ったところで、労組に主軸を置く岡田体制と共闘できるはずもない。
「ただもの」以下が代表やっているようでは支持率も上がらない。

もっとも、鳩山の子分が代表やっている維新というのも訳の分からない政党だ。
コメント