生きる

一度しかない大切な人生!
自然の中に身をゆだねて、めぐり合ったもの達と、毎日を静かに、楽しく過ごしたい!

その女の海 33

2017-06-14 16:47:48 | あの空に太陽を 68

スンアの母親がジョンオクとの結婚を許してくれたことを早くジョンオクに伝えたいスンア、でもジョンオクはセヨンの母親と三人で昼食を約束してしまったのです。どんどんセヨンに引っ張られていくジョンオク。昼食時にセヨンの母親はバスガイトをしている妹を知り合いがいるから事務職に回すよう頼んであげるとか、下の妹も学費は出してあげるから大学まで行かせてあげなさいとかジョンオクの気をひこうとします。ジョンオクは夜学からでも大学まで行けるからと断るのですが。

会社の帰りスンアと食事をするジョンオクにスンアは母親が二人の結婚を認めてくれたと嬉しそうに報告しますが、あまり嬉しそうな表情をしないジョンオクを不審に思うスンア。

次の日会社にジョンオクのバスガイトの妹から電話があり、スンアの父親が殺人者であることを理由にセヨンとの結婚を勧めます。俺が考えるからと素っ気なく電話を切るジョンオク。

 

会社に突然税務署から監査が入ります。脱税の容疑でした。あらゆる書類を持っていかれます。2重帳簿を書かされていたジョンオクの書類も。

社長は議員に相談します。二重帳簿をつけていた人間を一人犠牲にすれば何とか逃げられると聞いた社長、ジョンオクを呼んでスンアを犠牲にすれば何とか逃げられると言います。

ジョンオクは自分が逮捕されれば家族がろ路頭に迷うと危惧していたのですが,,,,,,

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その女の海 32 | トップ | その女の海 35 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あの空に太陽を 68」カテゴリの最新記事