審査甘い金融刊

自己破産者でも債務整理中の方でも融資を受ける事ができる審査甘い消費者金融を取材・紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弁護士と司法書士の違いは?

2008-02-12 12:36:11 | 自己破産
弁護士と司法書士の違い
「自己破産・免責手続を依頼する場合、弁護士と司法書士、どっちに依頼するのがよいのでしょうか?」という質問メールをたまに頂きます。

厳密に説明すると大変長くなりますので、簡単にお答えしたいと思います。

司法書士は書類作成のプロフェッショナル
弁護士と司法書士の大きな違いは、「代理権」です。

司法書士は『140万円以下の借金についての交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権』を持ち、弁護士は『全般的な代理権』を持っています。

個人の任意整理であれば裁判所への申立が不要で、140万円以下の借金であることが多いため弁護士でも司法書士でも依頼すれば全てやってもらえます。

ですが、自己破産の場合は書類を作るところまでが司法書士の仕事となりますので、裁判所への書類提出などは自分でやらなければなりません。

つまり、自己破産に関しては、司法書士の仕事は書類作成までです。

一方、弁護士は最初から最後まで全て代理でやってもらえます。

弁護士への依頼料の相場が司法書士の倍近い理由はここにあるのです。

どちらに頼む?
自己破産最大の山場は「書類を受け取ってもらえるかどうか」と言っても過言ではありません。

つまり、「裁判所に受け取ってもらえる書類」の作成だけしてもらえれば後は自力で十分出来るのです。

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI

コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 自己破産 申立書の作成 | トップ | 過払い請求とは? »

コメントを投稿

自己破産」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

「免責」が認められないと借金は消えません (「免責」が認められないと借金は消えません)
当たり前ですが、免責がおりないと借金が消えません。免責を受理してもらうためにはどうしたらいいのか?
「破産」が認められる基準は? (「破産」が認められる基準は?)
「破産」が認められる基準をご紹介しています^^
公務員で自己破産をお考えの方へ (公務員で自己破産をお考えの方へ)
過払いになるかの判断基準が気になるあなたは当ブログにお越しください^^