審査甘い金融刊

自己破産者でも債務整理中の方でも融資を受ける事ができる審査甘い消費者金融を取材・紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

債権者からの取り立てについて

2008-02-07 19:07:08 | 自己破産
借金を返済することが困難になってきた段階で、債務者にとって1番辛いことは債権者からの取り立て行為ではないでしょうか。
しかし、自己破産 を申し立てるまでの間は、債務者本人に対しての電話による取り立てと、債務者本人の自宅への訪問による取り立ては違法ではありません。
逆に言えば、自己破産 を申し立ててしまえば、本人に対する取り立てを含め、すべての取り立ては禁止されていますので、債権者からの取り立て行為はまったくなくなることになります。
要するに、自己破産 の申し立てを早くすれば早くするほど債権者からの取り立てから早く解放されることになるわけです。
とくに、自己破産 の手続きに入ってから申し立てまでに時間がかかった場合には債権者は無理な取り立てや支払督促などの訴訟の提起をしてくる可能性が高くなります。
債権者側としては借金の返済もされないで、なおかつ自己破産などの法的な手続きもされないといった状態だと会社内部での処理を行うことができないからです。
また、債権者の中には専門家に依頼していないとわかると、かなり厳しい取り立て行為をしてくる業者もありますので注意する必要があります。
なお、司法書士または弁護士に依頼した場合には、各債権者は依頼人に対して直接取り立てをすることができなくなります。
依頼を受けた司法書士または弁護士は事件を受任した旨の通知を各債権者に送ることになり、各債権者がその通知を受け取った時点から依頼人は債権者からの厳しい取り立てから解放されることになります 。

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI



コメント   この記事についてブログを書く
« 自己破産 を申し立てる場合の... | トップ | 債権関係(借金の残高など)... »

コメントを投稿

自己破産」カテゴリの最新記事