もともとそれでよかった♡

すべては自分の中にある

自分の取り扱い説明書を作る。宇宙の周波数は至福。これからもっと宇宙の周波数と同調しやすくなる…宇宙の叡智だって意識を集中するだけで降りてくる…周波数を同調させることが当たり前の時代に(181118

2018-11-18 | カンタン!さん

幸せって意外にカンタン♪ 大木ゆきのofficial blogさんより

 

あなたはいくらでも幸せになっていいし、

いくらでも快適になっていいし、

いくらでも楽しく生きていいんです。

 

宇宙と周波数を同調させることで、

あなたに向かってミラクルやラッキーが流れ込みやすくなるということは、このブログをお読みのみなさんならよくご承知のことですよね。

 

あなたが幸せで、快適で、楽しく生きていることこそが、宇宙の周波数と同調することなんですよ。

なぜなら宇宙の周波数は至福の周波数だからです。

 

深い瞑想状態に入れば、

何かが手に入っていようと、

どんなことが起こっていようと、

果てしない充足感に満たされます

それが宇宙の周波数なんです。

 

昨日の記事でもお伝えしたように、

これからは周波数の時代です。

 

だからこそ、自分の周波数を意識的に上げていくことが大事です。

そのために幸せな気分や、快適な状態、楽しい気持ちになる状態を「意識的に」作った方がいいわけです。

 

ところが私たちって、気分が悪くなることや、イヤなことでも結構我慢してやっていたりします。

それがほとんど習慣化していると言ってもいいほど……。

 

満員電車に乗ることはものすごくイヤなことなのに、

いつも我慢して乗って、朝から不愉快な気分で出社していたり、

欠けているマグカップを、そのまま使っていたり

着心地が悪い下着を我慢してつけていたりする。

 

ちょっとしたイヤなことでも、

それが蓄積されれば、

得体の知れない大きなモヤモヤモンスターになってしまいます

 

そうなるとなんだか何もやりたくなくなるし、

やりたいことも浮かばなくなる。

もちろん、

周波数も下がって、ツキも落ちてきます。

 

もったいないですよね。

 

これから私たちは以前よりもっと宇宙の周波数と同調しやすくなります

宇宙の叡智だって、意識を集中するだけで降りてくるようになる

それくらい周波数を同調させることが当たり前の時代に入っていきます

 

そんな宇宙の流れに乗るためにも、

自分の周波数がどういうときに上がり、

どういうときには下がるのかを明確にして、

それらをまとめた「自分の取り扱い説明書」を作っておくと、

ものすごく役に立ちます

 

取り扱い説明書を一度作ってしまえば、

周波数が上がる状態をどんどん自分に許せるようになるし、

周波数が下がることを回避することにも遠慮しなくなる

 

それだけで生活が一変します。

 

気分が悪くなることをできる限りやめ、

やりたいことはどんどん自分に許すことで、

時間の奥行きが変わる

それは以前の記事でもお伝えした通りです。

その人の周波数によって時間の流れ方が変わるんです。

 

つまり人生を何倍も楽しめるようになる。

たくさんのやりたいことを、精力的にやれるようになります。

もちろんラッキーなことや、ミラクルも当たり前に起こる。

 

知りたい情報は探さなくても、たまたま目にした物や、触れ合う人から入って来るようになるし、

以前からやりたいと思っていたことのチャンスも

いちいち営業しなくても舞い込むようになります。

 

人生の展開も早くなる

これまでとは比べ物にならないほど人生が豊かになります。

もちろんお金も回るようになる。

 

新刊を予約された方は、

第5章にその作り方を詳しく書きましたので、ぜひ参考にしてください。

 

今日は第5章の先読みができるようになりましたので、どんな内容なのか読んでみてください。

 

以下が第5章の目次です。

第5章
「宇宙におまかせノート」初級編
~「自分専用取扱説明書」の作り方~

 願う前にかなう、「宇宙におまかせノート」の作り方
 最初のページに5つの鉄則を書く
 宇宙と周波数が同調している状態をメモする
 宇宙の周波数と合わなくなるシチュエーションもメモする
 自分の周波数の取扱説明書を作る
 周波数の取扱説明書の活用法
 やりたいことが思い浮かんだら、どんどんやる
 願わずに、決めて宇宙に放つ
 決めて放ったら、後は「宇宙におまかせ」

 

第5章の先読み

 

私も今、その取扱説明書に従って、意識的に自分の周波数が上がる状態を自分に許しています。

 

先日突然四国に行ったのもその一環でした。

やりたいことをすぐに自分に許すと、私の場合は周波数が高い状態をキープしやすいんですね。

 

昨日も午前4時頃まで、新しいプロジェクトを夢中でやっていたのですが、以前だったら12時くらいにはもう寝なきゃって思ったりしていました。

でも全然眠くないし、やりたくてしょうがないから、そのまま熱中させておきました。

その後、録画しておいた羽生弓弦くんのフリーの演技を見て、「やっぱり、彼は強いし美しいなあ」って感心して、大満足して寝たのが5時頃です。

そして今日は9時頃に起きて、元気に活動中です。

 

 

あなたは生きたいように生きていい人なんです。

環境や人があなたを縛っていると思っているかもしれませんが、

意外にも制限しているのは自分自身です。

好きなことをやらせないのも、

嫌なことを我慢させているのも自分です。

 

あなたには選ぶ権利も力も備わっている。

 

自分にとって最高に快適な状態を許すことは可能です。

 

ぜひ自分の取り扱い説明書を作ってみてください。

 

 

 

kittymymelodykeroppipochakkoosarupompomsinamon

まもなく楽しいキャンペーンが始まりますよ誕生日帽子

予約開始とともにいきなり

部門別ベストセラー第1位まじかるクラウン

宇宙におまかせの最新決定版!

書くだけで、願う前にかなう体質に♪

予約受付中

↓表紙がすごく素敵に仕上がりました。お気に入りですニコニコドキドキ

※プロローグと第1~4章の一部の先読みができるようになりました。ぜひお読みくださいねニコニコドキドキ

 

第2章の先読み

第3章の先読み

第4章の先読み

第5章の先読み


変化することが守ること。変化=素晴らしいこと(ハート)。幻の未来ばかりにフォーカスしているので変化を怖れる(マインド)。あ~いま何かを守ろうとして変化を怖がっているんだな…と思って(ア

2018-11-18 | ☆覚書

今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。


「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

守ろうと思うと不安、怖れが出てきます

なぜなら、守るということ自体が、もうすでに不安が原因だからです。

守る・・というのは変化を拒否するということです。

いまのまま、このままをずっと続けたい・・という気持ちです。

変化しないものはありません

それは、あなたも心の奥深くでわかっています。

だからこそ、変化を拒否しようとすることが

無理なことも知っているのです。

でも、マインドは変化を嫌がります。そこで、変化を嫌がるマインドと

変化を受け入れようとするハートがせめぎ合い

漠然とした不安が出てくるのです。

変化しないことが守ることではありません。

変化することが守ることなのです

そして、守るという概念の中には、

悪い方向へ行かないでほしいという気持ちがあります。

変化すると悪い方向へ行ってしまう・・という怖れがあるのです。

だから、その思考が現実を創造しますので、

本当に怖れていたことが現実になるのです。


言っていることが伝わっていますでしょうか?

変化を怖れるのは、将来を見ているからです。

幻の未来ばかりにフォーカスしているので変化を怖れるのです。

そして、あなた達はどうしても自分にとって

都合の悪いことばかりを考えてしまう傾向があります。

変化=悪いこと・・なぜかこの図式が

あなたのマインドに出来上がっているのです


変化=素晴らしいこと・・に書き換えてみてください。

そうすれば、変化を怖れることがなくなります。


・・と言われてもねぇ~~、どうやってその不安を

実際になくすことが出来るのか?わかりません、気がついたら

不安になっているのですから・・という答えが返ってきます(笑)

その時には、いま出来ることをしてください。

これから起きるかどうかわからないことにフォーカスするのではなく、

いまにフォーカスするのです。

いましていること・・そこだけにフォーカスしてください

料理しているなら、料理に・・仕事で何か計算しているなら、計算に・・

いましていること、いま出来ることに集中すれば、不安はなくなります。

もし、何かをつくることを仕事にしているとして、このままでいいのか? 

何か悪いことが起きるのではないのか? 

それが売れなくなって生活に困ることにならないか?・・

などの漠然とした不安が出てきたら、

つくることだけに集中するようにしてください。

あなたの好きなものをつくっていれば、不安はなくなります

不安がなくなれば、考えていたような変化(悪いこと)は起きないのです

いまに集中してください。

そうすれば不安は消えてなくなります。


いまに集中して、好きなこと楽しんことをしていれば、

変化は素晴らしいものとなるのです変化するから安定するのです

変化がなければ安定はしないのです。

だから変化を怖がらないでください。

変化=悪いことが起きる・・の思いを手放してください。

ですから、なんか漠然とした不安が出てきたとき

その不安に掴まってしまうのではなく、

あ~~、いま何かを守ろうとして変化を怖がってるんだな・・

って思ってください。その気持ちが悪いと思って

無理に閉じ込めようとか、手放そうと思う必要はありません。

ただそう思っている自分が居る・・それを認識するだけで大丈夫です。

認識することで、自然とそこから出ることが出来ますので。


”いま”を生きてください・・”

いまこのとき”だけが、あなたの現実なのですから


あなたに愛をこめてお伝えいたします」




ありがとう、アシュタール!




芸術・人文 ブログランキングへ ← 1パーセントプロジェクト!