ぽたりんぐぅ な日々。

小さな自転車屋「ぽたりんぐぅ」でポタポタ
自転車生活。

Inter8 化 です。

2010年05月31日 | カスタム コンポーネント系

堺市のスポーツバイクとミニベロの店 「自転車処 ぽたりんぐぅ」です!!

今回はシマノの内装8段ハブ「Inter8 ネクサス」を使った内装8段化です。
ずいぶんと長い間乗ってらっしゃるというMTBと言うかクルーザーのような自転車を修理に持ってこられました。
聞くところによると僕より少し年上(30代半ばから後半)に見受けられる方が学生時代に購入したとの事です。
ずいぶん昔の内装7段変速がついた自転車で当時結構いい値段(相当頑張ったようです。)で購入されたとの事で
愛着もあるし出来れば修理して直して乗り続けたいが、新車購入も含めて迷っているとの事でした。
愛着があるなら直したほうがいいですよと言うことでカスタムをおススメしました。
内装変速機を気に入ってらっしゃったので内装8段ギアの導入をおススメしました。
写真はネクサスのハブを組み付けてホイルを組んでいるところです。
リムとハブの寸法を計算し、スポークの長さを計算するんですがこれがいつもドキドキします。
スポークは1mm刻みで寸法が用意されてるので、逆に言えば数ミリの違いで使えないと言うことになります…。
今回は計算も完璧でピッタリと寸法通りに組あがりました。
リムテープをきっちり装着します。これを甘く見るとタイヤの空気圧をあげたときにニップル(スポークを締め付けるネジ)の
影響でパンクしてしまいます。最近は細身のタイヤが増えたので空気圧も高圧化していて重要ですが、量販店などでは
意外と軽視されていると言うか薄いゴムのタイプで済ますケースが多く実際はこれが原因のパンクもチラホラあると聞きます。
スプロケット(後輪側のギア板)を取りつけ細かい部品を組み立て車体に装着します。
今回は扱いやすいグリップシフトを選択させていただきました、修理前もグリップシフトだったので
使い慣れているだろうとの判断です。
タイヤも26x2.1と太目の物とし、スピード感よりも走行中の安定感とどっしりしたポップなルックスを出せるように工夫しました。
上の写真はまだグリップなどつける前のものですが…
完成版を撮影していたつもりだったのですがデジカメの調子が悪いらしく画像が残っていませんでした…。
残念。詰めが甘いなぁ…
楽しみにしていてくださったらしく連絡させていただくとすぐに引き取りにいらっしゃいました。
ヘッドパーツからBB、フロンとハブの流用パーツも分解して再グリスアップしていますので快適な乗り心地が戻ってています。
ずいぶん思い入れのある自転車だそうで喜んでいただけてよかったです。

BGMみたいな事。

2010年05月30日 | 日記
大阪の堺市にあるミニベロ中心のスポーツショップ「ぽたりんぐぅ」です。

今日は店内で流れるBGMについて、書いてみます。
イギリスのロックバンド oasis です。
色々家からCD持ってくるのも大変なので、ベストアルバム「stop the clocks」
お店には置いています。ヒット曲ばかりなのでこられる方も聞きやすいかなと思って。
皆さんご存知 the Beatles です。
こちらも、色々とCDを持ってきては大変なのでベスト版いわゆる「赤盤」と「青盤」
僕は後期の曲を集めてる「青盤」が好きです。一度は聞いたことがある曲ばかりで
BGMにはいいですね~。某コ○サさん見たいですな…こればかりかけてると。
僕のお気に入り Ann Sally さんの
「Voyage」「Day dream」「moon dance」の3枚です。
BGMはこれで決まりと言うくらい雰囲気のいい曲で、カフェみたいな雰囲気になります。
ただひとつ困ったことは気持ちよくて眠くなってきちゃうところでしょうか?
こちらは スウェーデンの3ピースバンド the merrymakers です。
デビューアルバムの「no sleep till famous」です。
学生のときに買って以来、幾多の引越しの合間に行方知れずになっていたんですが
この前某中古CD屋さんで発見、即購入しました。
タイトルがいいでしょ!僕のためのタイトルだ!って感じ。ねますけどね…。
 
今日と在住のシンガーソングライター 安藤明子 さん
「ペリドット」と「オレンジ色のスカート」です。
京都のお寺の「手作り市」ってイベントで知り合ってから仲良くしてもらってます。
小柄な彼女が独特のパワフルな歌を歌うさまはかっこいいです。
最近は関東でもライブしたり右肩上がり!?
いつか、うちでもライブしてくれないかな?
最後は Cymbals「that's Entertainment」です。
これも学生のときに買った1枚ですが10年以上聞いてます。
定期的にやってくるマイブームというんでしょうか。
年に1回ぐらいはブームになってます。
ポップな感じで朝から元気に頑張ろうって感じになる1枚。
以上のような音楽たちが「ぽたりんぐぅ」を彩ってくれています。
そのほかにも中学時代からお世話になっている地元FM曲「FM802」さん。
などなど、好きな音楽を聴きながら好きな仕事をさせてもらっている
こんな果報者はいないなぁと、自分の恵まれてることに改めて気づかされる
今日この頃なのでした。
さいきんは音楽CDをあまり買っていないのでまたBGMようと言って集めたいなぁ。
などと、にんまりしてい店長でした。

宝物なんやろね。

2010年05月30日 | 日記
昨日、おばあちゃんとお孫さんで修理に持ってきていただいたジュニアマウンテンバイク。
さびさびで、ボロボロで変速ワイヤーも飛び出てておまけにパンクもしてて、すごい状態だったんです。
チューブの交換が必要だったんですがあいにく在庫もなく待ってもらうことになったんですが
お孫さん(小学2年生)が「明日直る?昼には直る?」と何度も聞いてました。
使い方は荒くたくて、ボロボロですけどすごく愛着持ってるんでしょうね。
自転車が昔に比べて安くなって、すぐ買ってもらえるようになって、大事にされなくなったって言われますが
やっぱり、子供にしてみたら自転車って宝物なんでしょうね。僕らがそうだったように。
直ったときの子供たちの顔と言ったら忘れらんないですね。
こういう修理大好きです。はい。

開店一ヶ月を過ぎました。

2010年05月29日 | 日記
昨日5月28日で「自転車処 ぽたりんぐぅ」がオープン一ヶ月を迎えました。
あっという間でした。
一ヶ月ってこんなに短いのかなと疑いたくなるほどに。
今日から2ヶ月目です。
まだまだ、卵の殻をかぶってるようなひよっこもいいところですが
皆様よろしくお願いいたします。
昨日はタクリーノプロダクツの営業さん、迫谷さんが見えられて
ケミカルについてのレクチャーをしてくださいました。
やはりきちっとレクチャーを受けると違いますね、説明書では理解が行き届かないと言うか…
よい勉強になりました。
「堺でミニベロ・小径車といえばぽたりんぐぅ」と言ってもらえるように頑張ります!!
2ヶ月目からもよろしくお願いします!

ロードギア

2010年05月26日 | 「タクリーノ」使ってみませんか?
タクリーノ製品についての第一弾。
僕が最もよく使うケミカルのうちのひとつがこちら。
「タクリーノ ロードギア」 (1、575円税込み)です。
詳しい解説はHP(タクリーノプロダクツのHP→http://www.tacurino-products.com/)のほうがよほど
正確で詳しいに違いないので譲りますが、
要するに、オイルではないこの「ロードギア」はフッ素の皮膜を金属の表面に作り潤滑させると言うものです。
よく脱脂したスプロケットやチェーンリングなどにミストスプレー一発。
乾くとそこにはフッ素の膜が出来ていた!って具合です。
説明には「アウターxロー」(チェーンが斜めにかかる抵抗の非常に大きなギアの組み合わせ。)が軽くなるとの効果が
うたわれていますが、僕の使用状況(主に通勤とたまに行う100km超のロングポタリング←ポタリングか?)では
ほぼそういった局面はないのですね。
では僕が良くお世話になるのは、ワイヤーの潤滑です。ブレーキタッチが軽いほうが好きな僕は(重いのが好きな人っているのかな?)
インナーとアウターに共に施工して潤滑を非常に良くしています。ブレーキの戻りも良くなりますし、シフたーに塗付すれば
変速時の引きも軽くなります。
左はインナーワイヤーに塗付して乾かしているときの様子です。容器の口がミストスプレータイプと一適ずつたらせるタイプに
なっているので使いやすいです。右はアウターの内部にも塗付している様子、流し込んで満遍なくいきわたらせた後に、これまた
逆さづりにして良く乾かします。
ブレーキタッチが手に取って代わりますのでぜ非お試しください。
なお、当店でお買い上げいただいたスポーツバイク(一部の一般自転車)は初回に限り「ロードギア」を施工しています。
おかげさまでご好評をいただいておりますよ~。