波の中へ

クラストコア、ノイズコア、アナーコ、USコア、ジャパコア、ニューウェーブ等など、なんでもかんでもな内容のブログです!

「塹壕からの電信:A.O.A編」その18

2017-06-10 00:12:58 | 塹壕からの電信:A.O.A編

リハビリテーションズ・オブ・ザ・グラス(その17からの続き)

 

「さて、

今の身体のままじゃ職場復帰はとてもじゃねぇが望めやしねぇ。

今日からリハビリーを実行すべしだぜ! 

会社には‘労災’という形にしてもらってるわけだし、

働ける身体に慣らしていく前に、自分がもっとこうスムーズに動けるように、

楽してぇぜモチベーションを上げていくってもんだぜ! 

まずはガビガビ山までウォーキングから始めるとするか。

まったくあの山にへんてこな名前を付けやがって! 

まさか、芥川龍之介の小説からネーミングしたわけじゃあるまい! 

それにしてもシンイチロウのやつ、

バイクに十九地区のシンボル・マークをデザインしてもらうみたいだ。

羨ましい限りだぜ! 

俺のバイクにも、十七地区のリーフ・マークを入れてもらいたいもんだぜ!

今の身体じゃ、そのバイクさえ跨げやしねぇ、

ははっ、笑っちまうぜ!」

 

 

“ブロロロロロロ、、、、キーッ、、、、、”

 

 

「その全身黒ずくめのファッションは、エミリ!」

「ちょっと! あんた何こんなところでふらふら歩いてるのよ?

電話じゃわからなかったけど、まるで病み上がりの患者みたいじゃないのよ!」

「その通り! クラストチーズ・ペイシェントのお出ましだぜ!」

「なにバカなこと言ってるのよ! 

そういえば、あんたが入院してた病院って、病室内で盗難とかあった?」

「盗難? 俺の病室ではなかったはずだな。

ケンジとあとじいさん二人、結構しゃべくる四人だったから泥棒も入りにくかったのかもな」

「そう。わたしの祖母のところは女二人の病室なんだけど、

たまに食べ物とか本や雑誌などがなくなるらしいのよ」

「それで、エミリがパトロールに呼ばれたわけか?」

「そんなわけないでしょ! 

病室の個人用ボックスに新しい鍵を付けに行くのよ」

「そうかい。

なんにしても身内がいるってのはいいもんだよな」

「あんたは何処に行くつもりなの?」

「ああ、ガビガビ山にウォーキングをね」

「もしかしてリハビリテーション? 

院内リハビリ室ではなくて本当に自分でやるつもりなのね?」

「おうよ」

「今あんたのとこにカセットを返しに行こうとここを通ったんだけど、

これ、ハイ」

 

 

 

 

「おう、で、どうだったかよ?」

「聴きやすいというのはあんたの感覚よね? 

確かにわたしはW・アクセルとかの曲は好きだけど、

仮にこれを祖母に聴かせたら心臓発作で倒れるわよ! 

わかる?」

「おう、そうかよ」

「また何かあったら教えてよ。

じゃ、行くわね。バーイ!」

「アディオス! 

また電話するからよ!、、、

、、、俺の心も“ASHES TO ASHES”かよ、、、

今、話したい誰かがいる、、、ガビガビ山にか? うおう?

バンド・フロム・ザ・ガビサン、、、

オーケーだぜっ!!」

 

 

(、、、続く、、、)

 

 

Rehabilitations of the Grass

 

"Well,

now I can not hope for returning to work

because I am in my body now.

I should do rehabilitation from today!

The company has applied 'Workers Compensation' insurance,

before I get used to it,

I will motivate myself to do it easier so that I can move more smoothly.

First of all, I will start with walking to the Mt. Gabi-Gabi.

That mountain is called by strange name at all!

No way, it was not named from Ryunosuke Akutagawa's novel, was it?

Even though, guy Shin-Ichiro,

he will be engraving the symbol mark of 19th district on his motorcycle,

as long as it' s enviable!

Also my motorcycle, I would like to have carved a leaf mark of the 17th district!

In the body now, even that motorcycle does not cross bridges,

haha, I will laugh! "

 


"BULOLOLOLOLOLO,,,,,,,,KEEEEEYGH,,,,"

 

 

"The whole fashionable black fashion is Emily!"

"Hey! Why are you walking around in such a place?

I did not understand on the phone,

but it looks like a patient who has suffered! "

"That's right! A crust cheese patient is out!"

"What are you stupid things to say?

By the way, did you get stolen in the hospital room where you were hospitalized?"

"It's been stolen?

It should have never been in my hospital room

because two young people and two old people were quite talkative four patients,

so thieves might have been difficult to enter."

"So. It's a hospital room of two women at my grandmother,

food, books and magazines sometimes seem to disappear."

"So Emily was called to patrol?"

"I can not say that!

Go on to put a new key in the personal box of the room."

"Okay, it is nice to have a family member anyway."

"Where are you going?"

"Oh, I'm just going to walk on the Mt. Gabi-Gabi."

"Is not it rehabilitation?

It is not a hospital rehabilitation room, you really plan on doing it yourself?"

"Oh yes."

"I passed here to go back to where you cassette now,

this is it."

 

       'RELAPSE RECORDS RR 6907-4'

 

"Oh, how was it?"

"It's your sense of being easy to listen.

Certainly I like W. Axel or something like that,

but if you let me listen to this grandmother,

she will collapse with a heart attack!

Do you understand?"

"Oh, is it?"

"Please tell me if there is anything else,

then I will go, bye!"

"Adios!

I'll call you again!,,,,

,,,,My heart is also "ASHES TO ASHES",,, there is someone I'd like to talk to now,,,on the Mt. Gabi-Gabi? Wow?

Banned from the Gabi-San,,, OK, it is! "

 

(,,,To Be Continued,,,)

 

 

※前回その17 怪物が通過した街5”は、【英語版】を追加しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

IS THIS LIFE

 

WAR…NUCLEAR POWER…APARTHEID…IS THIS LIFE?

RAPE…FAMINE…GOVERNMENT…IS THIS LIFE?

ANIMAL ABUSE, CHILD ABUSE, THIS ISN’T LIVING

IT’S JUST THE SHIT.



 

では、Cheers!

 

 

 

 

 

 

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「塹壕からの電信:A.O.A編」... | トップ | 「塹壕からの電信:A.O.A編」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

塹壕からの電信:A.O.A編」カテゴリの最新記事