ポテ・ナッツうなだれの記録

ナッツ♂(オーストラリアンテリア)と
ポテチ♂(チベタンスパニエル)の日常や
植物の事等をダラダラと綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナッツお別れの報告

2009-07-30 | お知らせ系



ご無沙汰しております。
ご報告が大変遅くなってしまいましたが、
6月14日ナッツが永眠しました。

肝臓が良くないと言う段階までしかお話してませんでしたので、
随分急な展開に驚かれるかもしれませんが、
ナッツは先天的に肝臓に疾患があったらしく、
かなり早いピッチで病状が悪化して行き、
今年1月の初めには、肝硬変の末期で余命宣告をされていた状態でした。
本当は、あまり犬にはない症例だったので日々の闘病記録を綴りたかったのですが、
毎日ナッツの世話だけでほとんど睡眠もとれない状態でした。

肝硬変に伴う肝性脳症の症状が本格的に出始めた3月中旬からは、
私も仕事を休み、ナッツの旅立つ日までほぼ毎日病院に通い、
家では分離不安を感じさせない様、べったりと密着して過ごしました。
肝性脳症の影響で、ほとんど眠る事なく何日も徘徊したり、
聴覚や視覚や味覚までもおかしくなる様な、様々な神経症が現れ、
ごはんや水を上手く食べたり飲んだり出来ない時もあり、
10キロあったナッツは、あっと言う間に7キロ台、
ひどい時には6キロ台にまで痩せてしまった事もありました。

それでも、ナッツが私たちとまだ一緒に居たいと意志表示してくれている限りは、
出来るだけの事をしようと、あらゆる手を尽くして世話しました。
食べ物を食べたがらない時はシリンジで液状にしたごはんを口の中へ注入したり、
徘徊してしまうナッツを一晩中抱っこし続けたり、
逆に少し症状が良くなってごはんを食べたがる時は、
消化器官に負担をかけない様、2時間おきくらいに何度も食事させました。
食事も、脳症にはタンパク質を徹底的に抑えなければならなかったのですが、
残り少ない機能している肝臓を維持するにはタンパク質は必要だし、
ちょっとした事で消化器から出血してしまうので、繊維質はできるだけ細かくしたい、
けど、ナッツは大根やニンジンをシャリシャリ食べたがるし、で、
毎日ポテ用のメニューとで、ごはん作りに2時間以上掛っていました。

そんなこんなの、ナッツの驚異のがんばりと、私の地道ながんばりと、
まだ普通の病院ではあまり一般的でない、最新の肝性脳症の治療法で、
先生もびっくりな程の延命ができました。
ナッツの旅立つ10日くらい前頃からは、すごく調子も良くなり、
神経症もさほどなく、兎に角何か食べたい!と言った、
かなり通常のナッツでした。(催促吠えやおせっかい犬も復活する程)
当日の朝まで食べ続けていたので、体重も8キロまで戻っている状態でしたが、
DICの症状が出だした後、あっと言う間に容態が悪化して逝ってしまいました。
最期はかなり元気になっていたように見えていたんですが、
相当な限界を越えたギリギリ状態でナッツはがんばっていたんです。

大学病院の先生に紹介して頂いた病院へ初めて行った3月中旬には、
安楽死の選択も提示される程だったんですが、
ナッツは結局、最後の日まで毎日自分で歩いて散歩していました。
状態に激しい浮き沈みはありましたが、点滴で肝性脳症の症状をうまく抑えられると、
本当に普通のナッツに戻り、びっくりする程元気な日もありました。
病院の先生やスタッフのみなさんも、本当によくして下さったし、
治療の効果も勿論、毎日ナッツの状態に合わせて作ったごはんも
威力があったと思います。が、
何よりナッツ自身の粘り?生きようとするエネルギー?みたいな、
それが絶大でした。
フラフラな状態でも常に前向きだったナッツだったからこそ
最後の最後まで闘い切れたんだと思います。

犬の肝硬変や、肝性脳症についてネットで探してみても、ほとんど詳しい情報がなく、
人間の情報を元に、先生に相談しながら自分でなんとか工夫するしかありませんでした。
この闘病生活で得たもので、何かしらお役に立てる事があるかもしれませんので、
もし、お知り合いのわんちゃんで、ナッツの様な肝臓の疾患で
お困りの方がいらっしゃいましたらご連絡ください。


最後に、ナッツをご心配下さっていた皆様、生前仲良く遊んでくれたみなワン、
どうもありがとうございました。
私もまだまだ毎日ナッツを想っては淋しい、悲しい気持ちになってしまいますが、
とにかく、ポテチが全然元気がなくなってしましい、テンション下がりまくりですので、
またポテと一緒に遊んで、元気づけてやって下さい。


こちらのブログは、今日でお終いとさせていただきます。
長い間どうもありがとうございました。
今の所、新たに新設するかは未定なんですが、
みなさんの所へはチョコチョコお邪魔させて頂きますので、よろしくです。




ありがとうございました。

コメント   この記事についてブログを書く
« あけましておめでとうござい... | トップ |   
最近の画像もっと見る

お知らせ系」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事