goo

被災地支援ボランティア説明会@仙台 を行ないます!

NPO法人POSSE(ポッセ)仙台支部で、被災地支援ボランティア説明会を行います! 東日本大震災から早くも半年が過ぎました。 被災者たちは避難所から仮設住宅やみなし仮設に移り、生活再建のための新たな生活を始めています。 しかし、自分だけの力で生活できる被災者はそれほど多くないのが実情です。 そこで私たちは被災者の「日常」を支えるような取り組みを継続的に行っていくボランティアを募集します。 この . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『ブラック企業に負けない』が発売されました!

NPO法人POSSE代表・今野晴貴とNPO法人POSSE事務局長・川村遼平が執筆した『ブラック企業に負けない!』が今月、旬報社から発売されました。ここでの簡単なご紹介のあと、ぜひ書店でお手に取っていただきたい一冊となっております。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

労働相談の報告(2011年4~6月)

                    ●労働相談の概況  この間の労働相談は4月23件、5月33件、6月28件と、3か月間で合計84件にのぼりました。  相談内容としては、賃金未払いが25件、解雇が15件、パワー・ハラスメント(以下、「パワハラ」という。)が26件と大半を占めました。(1件の相談のうちに複数の問題を含む場合は重複して計上。)パワハラに関する相談は、依然として多く寄せられています . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

9月24日(土)にブラック企業相談ホットライン~働き方に悩むあなたのために~を開催します!

ブラック企業に勤めている方、ブラック企業から内定をもらった方からの相談が相次いでいます。そこでNPO法人POSSE(ポッセ)ではブラック企業相談ホットラインを開設して、ブラック企業から身を守るべく、全国から相談を受け付けます。 今回のホットラインでは、長時間残業をしているけれども残業代が払われていないなど、今働いている会社がブラック企業で困っている方や、これから働き始める会社・これから応募し . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

日本版NVQについて(後半)

 前半(日本版NVQについて(前半))で確認したように、NVQは公的職業訓練を整備し、実効的な雇用へと結びつけていこうとする制度である。NVQの大きな課題は、公的訓練で労働者が身につけたスキルを企業がどの程度採用や処遇に利用するのかである。実際、日本が制度の手本としているイギリスのNVQ制度も、就業につながった実績や企業の利用実績をもとに政策評価されている。  イギリスでのNVQに対する企業の声は . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高校・大学での労働法出張授業のご案内

NPO法人POSSE(ポッセ)では、生徒・学生・若者の職場での権利を守るために教育現場で労働法を教えていきたいとの考えから、労働法教育事業として様々な取り組みを進めています。    出張授業のご依頼、労働法テキストの送付希望、出張授業に参加するボランティア募集の受付を随時行っておりますので、ご希望の方は本文をご参照のうえ、お気軽にご連絡ください。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ボランティアに参加して

私は8月29日~9月3日まで仙台でのボランティアに参加させていただいています。 私自身は被災したわけではないのですが、復興に向けて自分もなにかやりたいと思っていた時にNPO法人POSSE(ポッセ)で現地でのボランティア募集をしているということを聞き、参加することを決めました。 今回行ったボランティアは主に、縁台作りと引っ越しのサポートでした。縁台作りは思っていたよりも大変で、初日は手間取ってしまい . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

宮城県の借り上げ仮設 契約成立23%止まり

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/08/20110823t11003.htm 河北新報 8月23日  東日本大震災の被災者向けに民間賃貸住宅を借り上げて仮設住宅とみなす制度をめぐり、宮城県内の2万1537件(16日現在)の入居決定件数に対し、契約に至ったのは5011件(23%)にとどまることが22日、分かった。このうち家賃の支払い手続きを終えたのは1206件で、 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

仮設住宅の見回り報告1 仮設住宅の住環境の劣悪さ

 NPO法人POSSE(ポッセ)仙台支部では、仙台市内の仮設住宅の各戸を宮城野区を中心にして訪問し、何か困っていることはないか、NPO法人POSSE(ポッセ)で出来ることはないか聞きとりを行っています。8月15日現在で、私たちが行った見回りの件数は60件を超えています。  住民の方たちの意見で最も多いのは、住環境に関する不満です。これは仮設住宅への入居が開始された6月当初から問題視されていたこと . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )