こころのしろくろ

 誰の罪?

とくダネの「次官セクハラ会話の音声分析」を見て

2018年04月17日 | 日記
フジテレビの「とくダネ」で、次官のセクハラ会話を音声分析」を見た。
私が音声で気になるのは、「切って貼ったような編集」がされているかどうかだが、日本音響研究所の鈴木創氏の分析結果は「編集していない」だった。
私は、次官の音声は接客業の女性との会話で、そこだけ切り取られ、後から女性記者という人物の声を次官の発言に合わせて付け足したと思っていた。
「グッディ」のオフィス北野のニセ社員のように、やらせみたいな感じで。
あと「ひるおび」の小池都知事と川井都議会議長の握手拒否のフェイクニュースみたいな感じで。
だから、今も勝手に今回の次官の音声は編集されているのではないかとモヤモヤしている。
そこで、音声分析した鈴木創氏について検索してみた。
鈴木創氏の父親は鈴木松美氏で、松美氏は大きな事件の音声分析でテレビで見たことがあった。
鈴木創氏と鈴木松美氏は、イスラム国で捕まった後藤健二さんの音声について、本物かどうかで意見が割れたことがあった。
『後藤さん「肉声」音声分析めぐり、専門家親子間で意見“真っ二つ” (1/2ページ) 』2015.01.27
https://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150127/dms1501271523008-n1.htm
(一部引用する)
 映像が公開された翌25日の午前10時から放送されたテレビ朝日系「報道ステーションSUNDAY」。そのなかで音響研究所(東京都渋谷区神宮前)の鈴木松美所長(74)は問題の声が99%以上後藤さんであるとの見解を発表した。
 ところがそれから8時間後の午後6時から放送された日本テレビ系「真相報道 バンキシャ!」では、日本音響研究所(渋谷区富ケ谷)の鈴木創(はじめ)所長(43)が「まず別人です」とコメントしている。

あと、鈴木創氏と鈴木松美氏の他に、後藤さんの音声分析をした人がいた。
元警察庁科学警察研究所副所長の鈴木隆雄氏の見解
『イスラム国殺害脅迫 画像の声紋「99・9%後藤さん本人」 専門家分析 (2/2ページ)』
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/150125/mcb1501251813006-n2.htm

話を戻すが、私は今回の次官の音声分析も、鈴木創氏以外の人の意見が聞きたい。
これだけ報道番組の偏向報道や捏造報道もあるし。
本当の会話相手がはっきりしない時点で、「女性記者」へのセクハラとして報道しているのを見ていると、印象操作の怖さを感じる。

それにしてもテレビは他に話題はないのかな。
米山新潟知事が「女性問題」で辞職検討みたいだから、明日からはこっちになるかな。
あと立憲の初鹿明博氏については、野党の元気な女性議員たちはどう思っているのかな。
仲間の国会議員の酷いセクハラについては、寛容なのかな…。

TBS ひるおびでまた悪質な捏造「自民都連の議長が 小池と握手しなかった」と報道→実際はしていた
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『財務省、次官セクハラ報道... | トップ | 「次官のセクハラ発言はデジ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事