山咲雛子の日記

毎日何かを好き☆と感じ、感謝して、頑張っています。時間が沢山あったら、ゆっくり自然の中で過ごしたいです♪旅もしたいな♪

竹生島へ(オーミマリン)

2019年04月18日 | ドライブ

西国三十三観音30番札所の宝厳寺は、竹生島にあり、お参りするにはフェリーを利用しなければなりません。

彦根リゾート&スパをチェックアウトした後、彦根フェリー乗り場まで送迎して頂きました。

乗船料は、ホテルで購入したため、割引価格でした。(通常3000円)

9:30に船が出港。

40分ほどで竹生島に上陸し、島では70分滞在で、12:00に彦根港に戻ってきます。

赤備船「直政」は11:00、14:00に出港します。

私の乗った船は、普通の船でした、ガッカリ。

乗船場から離れていきます。

琵琶湖の水をかき分けて進みます。

中は結構広いです♪

ゆったりと座ることができました。

自動販売機などはありません。

デッキに出てみました。

その日は風もなく晴天で、揺れもなく快適でした。

竹生島が近づいてきました♪

竹生島には、西国三十三観音第30番 宝厳寺とかわらけ投げで有名な竹生島神社があり、宿泊所や民家はありません。

11時20分に乗り遅れると13時30分になるので注意が必要です。

宝厳寺では、西国三十三観音札所、財弁天、七福神の3つのご朱印を頂けるので、ご朱印場は並びます。

私は神社をまわり、お寺で納経してからご朱印場に並んだのですが、出港7分前になっても順番が来なくて、海津大崎行きの方にお願いして、順番を譲って頂き、石段を必死で下って、ギリギリで乗船できました。

島に出港前のアナウンスが流れますが、実際のところ船は2分も早く出港したので注意が必要です。

滞在時間は70分もある、と思っていましたが、アッという間でした。

お店の横を通り、

入山料400円を自販機で購入します。

竹生島は古来より「神の住む島」と尊ばれ、社寺関係者以外は住むことを許されなかった島だけに、とても良い気が満ちていて、気持ちよく過ごすことができました。

コメント