三つ子たちとちょっぴり不器用なママ

不妊治療で三つ子を授かりました。26週の超早産です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

超早産の後遺症

2009-02-23 17:20:50 | 育児
今日ほど早産を実感し、後悔した日はありません。

昨日から三つ子のうち二人が咳き込んでいたので、
風邪だろう(ひとりはいつものぜんそくだろうかもしれないけれどこの時点では風邪の咳だろうと予想していた)と思っていたら、
やはり
というか意を反して

ぜんそくの咳

でした。

しかもふたりとも。

ひとりは喘息だってわかっていたけれど、もうひとりは人工呼吸器の副作用からくる慢性肺疾患のひとつだって思い込んでいたから、
ぜんそくですねぇ。
の一言が重くのしかかった。

前々から調子の悪いときには吸入はしていたんだけれど、それは一時だけのことで
ぜんそくだなんて思ってもみなかった。
吸入したら調子がよくなると思っていたんだけれど、
もたないんだよね。
数時間経たずしてまたむせこんじゃう。
4時間ごとに吸入、それが駄目なら・・・入院??

それから、未熟児網膜症のフォローアップ検診で、一人が
近視
であることも判明した。
未熟児網膜症が進行していたときに受けた未熟児網膜症およびレーザー治療の副作用として
弱視や近視、乱視
があるとは説明を受けていたけれど
まさかもう現実のものとなるとさすがにショックが大きかった。

脳性麻痺もあるし・・・

未熟児として子供を産んで今日ほど衝撃が大きかった日はなかったかもしれない。

コメント   この記事についてブログを書く
« 障害という治らない病気 | トップ | 子供たちの入院 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

育児」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事