スローでいこうよ

キャンプレポートやキャンプに関わるお気に入りの品の紹介をメインにしてます。

THE NORTH FACE DOME 8 試し張り

2010-07-12 22:18:34 | テント



先日の購入レポから1ヶ月、ようやくノースフェイスの DOME 8 を琵琶湖岸で初張りすることができました。

結論から申しますと、この幕体は期待大です! 季節を問わず年中使えそうな仕様。







スタッッフサックは3本のコンプレッションベルトが付属していてコンパクトにまとめられるとはいえ、
カタログ値で26kgもあり(実測では23キロほどでした)、同社の2M-DOMEよりも更に重くMSR ビッグダディに肉薄しています。
幕体サイズから考えるとビッグダディと同等といえるでしょう。何がそんなに重くさせてるのでしょうか?気になるところです。






こちらはカラー刷りの詳しいインストラクションに従い設営してゆきます。
1度設営してしまえば、次回からは説明書は読まなくてもできるくらい、簡単なものでした。




スタッフサックに入ってる内容は以下の通り。ペグは家に置いてきましたので写っていません。
ポールに目をやると、なんだかネギ坊主のような不思議な形状をしたものが確認できます。これがハブと呼ばれるもので
設営し終えるとちょうど、幕体の頂点部にくるようになってます。要は幕体を立ち上げるのに必要なポールは全てこのハブを経由するということになります。





では、インストラクションに従って、まずハブにあらかじめ付いている6本のポール(金色3本、グレー3本)を広げます。





そして金色をした3本のポールを幕体の所定の場所に装着し、ハブの下にあるフックに幕体頂点部分をひっかけると
自然に立ち上がってくれます。これは不思議な光景ですね。



幕体にはフックがついてるので、このフックをひっかけてゆきます。要は宙釣りな状態にするわけです。





ハブに更に3本の金色ポールを差し込み、同様に幕体のフックにひっかけてゆき、最後にグレー色のポールを幕体のポールスリーブに通してできあがり。
ペグダウンすれば、もう少しシワなくキレイに張れると思います。

特筆すべきはこの手の大きさのテントですと1人で設営時に脚立などの補助が必要になるのですが、このDOME 8はそうした補助が必要なく1人で楽々と設営ができます。

よく見ると、ボトムにグレー色をしたスカートがついています。このことから冬仕様であることがわかります。






ここで注意しなければならないのが、ハブに差し込む末端部分に土などが入らないようにしなければなりません。
この写真では誤って1本の末端に土が入ってしまったためハブにささらなくなってしまった様子です。
なんとかほじくりだして、装着できたわけですが、次回からはポールを無造作にグラウンドに置くのではなく、この点に注意しようと思います。






内部はスターウォーズに出てきた宇宙船を思わせるような景観ですね。

換気機能は十分のように思えます。
側面には大型の開閉可能なメッシュ付き窓というか大きさ的にはパネルといったほうがいいでしょう、これが3カ所。
そしてさらに天井部にも3つの窓が装備。全部開けると、換気性能のよいモスアンコールにも勝るのではないでしょうか。

まさしく夏にも快適なシェルターといえるでしょう。





2M-DOMEやスペースステーションのようにシームコート剤が同封されていないかわりに、
縫い目にはシームテープが丁寧に貼られていて、劣化しないうちは雨漏りの心配はなさそうです。





ジッパー末端につく白いタブは蛍光色で夜になると薄く光って見えます。






このままだと、MSR Big Daddyのようにフロアレスのオープンタープのような状態なのですが、実はこのDOME 8にはフロア付きの専用インナーテントが付属しています。
重い理由がわかったような気がします。
これを後から、アウターテント(フライ)内部にあるフックに引っ掛けてセッティングするわけです。





また、マーモット lair 8Pのように更に前室もセットもできるわけですが、すでに時刻は6時を過ぎ夕暮れを迎えてしまってたため、断念しました。

ちなみにカタログでは2M-DOMEと寸法が同じことから、2M-DOMEのフライが装着できるかもしれませんね。




(琵琶湖の向こうには夕暮れの比叡山)



今週末からのキャンプではメインに使用してみようと思ってますので、その時にインナーとフライの様子についてレポートさせていただきたいと思います。


(ミニチュア風)





2010年7月
戸隠イースタンにて






2013年5月 アウトサイドベースにて







2013年7月 戸隠イースタンにて


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« HyperMac MBP-100 不良品が送... | トップ | 波乗り準備OK♪ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (fuu)
2010-07-13 11:36:23
こんちわ~。
連日垂涎のレポ(僕にとって^^;)
有り難うございます。

"8"のディティール、設営、外観ととても分かりやすいです。
あまり持っている人いないのでMONOLITHさんのエントリは購入者が必ず通るフラグになるんじゃ・・

フロア付のインナーが付属しているのですね!!これは知りませんでした!

DOME8!マジ購入考えます。

バッテリー・・・残念でしたね。
対応レポまた期待しちゃいます(笑)
Unknown (MONOLITH)
2010-07-13 20:29:19
fuuさん、コメントありがとうございます。
この幕体は期待以上の出来でした。開口部が多くて夏にも使えるのがいいですね。まだ実践投入してませんが、
いずれレポさせていただきますね
Unknown (jinsuke)
2010-07-14 10:17:32
詳細なレポにはいつも感激です。
また最後の画 最高にキレイですね♪
Unknown (MONOLITH)
2010-07-14 21:45:19
jinsukeさん、毎度です。最後の絵のようなミニチュア風が最近の私の流行です
またキャンプでの使用レポもしますので、そちらもぜひ!

コメントを投稿

テント」カテゴリの最新記事