gooブログ編集部のお題

気になる「お題」を見つけて、参加してみましょう! 使い方はこちら

『読書の秋にオススメの小説は?』

村上春樹や東野圭吾、宮部みゆきといったお気に入りの小説家の本を読みながら、静かに秋の夜長を過ごしている方も多いのではないでしょうか。ほかの人にもぜひオススメしたい面白い小説を教えて下さい。

このお題に参加する

みんなの回答(76件)

ロスジェネの逆襲~♪

池井戸潤シリーズを7冊目です・・ハマってます《^@^》

気ままに楽しく元気に…

読書の秋におススメの小説ですか?

 自慢ではないのですが、小説とかはほとんど、全く読まないのです。ここ数年ほど岩手県関係の芥川賞か直木賞かの受賞者が続いてはいるようです。がそれも読んでいません。なのでおススメ出来ないんです。"(-""-)"

新しいアカウントで始めました。

読む価値のある日本の作家など存在しない、いっそポルノか『余命三年時事日記』でも読んでいた方がマシ

いまどきは現実的な話として、真面目に読む価値のある日本の作家など存在しない。 それらの大部分は有害左翼(パヨク)と在日朝鮮人の利権シンジケートに「選抜」されたアフォばっかでは? ...ここまで足並みをそろえてずっとダンマリ知らんふりを貫くあたり、反日パヨパヨと在日朝鮮人に抱き込まれてグルだとしか思えない。 いっそポルノ小説か、あるいは核心を突いて『余命三年時事日記』(※)でも読んでいた方がマシである...

たぬきそばが朽ちるまで:狸沼(たぬま)のブログ

十角館の殺人

今読んでいる本は綾辻行人の「十角館の殺人」です。 十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)綾辻 行人講談社 この本は前にも読んだことがありました。 その時は、アガサクリスティの「そして誰もいなくなった」を真似しているようだとしか思わなかったので、 それほど熱心に読みませんでした。 最近知ったのですが、これはミステリ史上最大級の名作だと書かれていたので、もう一度読んで見ることにしました。 まだ...

気まぐれフォトダイアリー

結構読んでいるけど

個人個人で好みって違うからなぁ。 最近は、新しいシリーズものには手を出さないようにしている。 よっぽどのことがない限り、既刊のシリーズ全部を手に入れたくなるのが目に見えているから。 現時点で2~3冊なら、手を出してしまいそうになるが…。 「食堂のおばちゃん」シリーズ、「最後の晩ごはん」シリーズが、今のお気に入りかな。 「経理の森若さん」シリーズも結構好き。 今月には、「最後の晩ごはん」の最新刊が出るの...

Chiakiの徒然日記

読書の秋に読む本と言えば

今は「ハムレット」を読み終わるところです。松岡和子訳、筑摩文庫版です。新しい訳のせいもあってか「ハムレット」が古典という気がしません。現代の人間関係にも通用する普遍的な作品だと思います。 そのほかにここ1ヶ月間で読んだのは、カフカ「変身」、モーパッサン「野あそび」、森鴎外「山椒大夫」、ロブ・グリエ「嫉妬」、ギルマン「黄色い壁紙」、コナン・ドイル「シャーロック・ホームズの冒険」、ミシェル・ビュート...

ヒマジンの独白録(美術、読書、写真、時には錯覚)

そりゃ、長篇小説でしょ。

お題の時期は外しつつありますが。 秋の夜長と言えば、やはり長篇だろうと思います。 小説フランス革命 文庫版 全18巻完結セット (集英社文庫) 佐藤 賢一 集英社 何しろ、複雑な経過ですからねぇ。国民議会だの立法議会だの国民公会だのとやたらに名称が変わるわ、登場人物が次々とギロチンの露と消えていくわ。 フランスが何かと騒がしい今日、ちょっと読み返しています。   ローマ人の物語 新潮文庫版...

不来庵書房 裏庭倉庫

「アメリカ本土を爆撃した男」

TIME誌 9・11   「アメリカ本土を爆撃した男」 倉田 耕一  毎日ワンズ  1400円 日本の技術力、倫理観・・・。 日本と、アメリカの感じ方の違い・・。   面白いです。    

NewYork 9.11テロ 天国から地獄へ

天空の舟

※スミは宮城谷昌光ファン。 副題:小説伊尹伝。短編なら『沈黙の王』も良い。儒教も仏教もない時代、古代中国が舞台だけれど、私には昭和の田舎の景色が見えるのよ、なんだか素朴で牧歌的で(と言い切るには若干?血なまぐさいが)。『夏姫春秋』や『沙中の回廊』も良い。宮城谷さんの女性はある程度理想化されているけれど、それが丁度いい塩梅なんだよなぁ、従順であっても卑屈でなく、ミステリアスであっても意図してそう振...

スミサキ日記

君たちはどう生きるか

 2018 年間ベストセラーは152万部突破 漫画「君たちがどう生きるか」だった漫画と小説版があるが 原作は80年前からあるようだ 実際漫画は着物を着ている 漫画といっても全部がそうでもなく 叔父さんからの手紙は長い文章になるそれが読みにくく感じてしまうが内容は濃い人間はちっぽけな分子みたいな存在 その分子が集まって社会ができている太陽がのぼるとか沈むとかいっているが 太陽が地球の周りをまわっているのではない 水の味を飲んだことがない人に水の味を伝えるのは難しい芸術に接したことのない人に芸術をわからせることはできない 耳や目が普通に備わっているだけでは足りないそれを味わう心の目や心の耳が開けなくてはならない生きて行くことがどれだけの意味があるかが人間らしく生きてみてわかる感動したことを忘れずに生きて行く そしてなぜ感動したかを考える 人間として生きて行く途中でいろいろな悲しいことや...

ショット

流転の海

 宮本輝   流転の海  第一部から第5部(花の回廊)まで読み終えた。 戦後の富山での暮らし、そのあとの尼崎での暮らし、朝鮮半島からの人たちや それをとりまく、いろんな人たち、松阪伸仁がそんな中で、人間として、 どう成長していくのか、松阪熊吾の一つ一つの言葉、人間としての ありかた、 自分の宿命とは、いろんなことを考えさせられた。

本のブタ

素朴がいい

老子を読むというか、味わっていくいくうちに、穏やかな心になっていく 秋の夜長に少し、現実から離れて、今を見つめなおすには、最適なことば ではないだろうか・・・

まごころ屋のおうちで簡単トレーニング

本「14歳明日の時間割」

鈴木るりか著「14歳明日の時間割」あの「さよなら田中さん」の著者前作と同じようにこの年代でこれだけの言葉が出てくるのかと思って読んだ 冬の日は落ちるのが早くて辺りは葡萄色の夕暮れが始まった風に煽(あお)られて道に落ちた枯れ葉が乾いた音を立てる  祖父の部屋の襖を開ける 部屋に入ると独特の匂いがする切干大根の煮たのと柑橘系の芳香剤と消毒液を薄く混ぜたような匂い 空の高いところで鳥が鳴いている 麗ら...

ショット

真実は小説よりも奇なり

小説よりも、最新のニュースを見て、何が真実かを推理しましょう。 政治家も公務員、医者、警察も信じられない現代社会、 何が真実かを、貴方が推理しましょう。 迷宮入りの殺人事件も多くあります。 その犯人を、貴方が推理しては如何でしょうか? 「真実は小説よりも奇なり」と言われますが、 現代社会は、癒着、談合、詐欺、脅迫、窃盗、暴力、殺人、等、 未成年者には、刺激が強すぎる社会です。 少し前までは、TVドラマ...

虹色夢伝説ブログ

読書の秋にオススメの小説は?

私の 読書の秋にオススメの小説は? は、 「死体が教えてくれたこと」 上野正彦 河出書房新社 1、350円 です   混沌としたこの時代に、真剣に生きることを考えてみるのも、 大事な事と思います。   10代の子達に読んで欲しいです。 いじめで死ぬことが亡くなるかもしれません。            

NewYork 9.11テロ 天国から地獄へ

●はい、今年の人間ドック・・(b゜ω^)⌒☆

はい、またまた「胃カメラ」の時期が 辛いよね~ がまんしましょう

風速4.5メータ  

お題「読書の秋におススメの小説は?」

「読書の秋におススメの小説」 散々考えたけど…特別に秋だからこれおススメだよ!っていうのは思いつかないね😅 ドグラ・マグラ/夢野久作 一番最初に頭に浮かんだ 日本三大奇書のひとつ 普段とちょっと違った読書タイムを味わいたい時なんかにもってこい😄 思春期の子は恥ずかしくてなかなか買えない表紙だけど 表紙のいかがわしさと内容は別に伴ってない(笑) 夢野久作や泉鏡花の様なジメジメしっとり...

料理と掃除と山登り

ガストン・ルルー『黄色い部屋の謎』

「読書の秋にオススメの小説」として、ガストン・ルルーの『黄色い部屋の謎』を推したいと思います。 ガストン・ルルーは、『オペラ座の怪人』で有名な人ですが、ミステリー作品として『黄色い部屋の謎』も高く評価されてます。 この作品は、ミステリーにおけるいわゆる“密室”モノの金字塔といわれています。 密室を扱った作品はそれ以前にもありますが、密室の謎に焦点をあてて、長編ミステリーに結実させ、密室モノを一つ...

ロック探偵のMY GENERATION

オススメの、お題を頂戴します。

学び舎で主題された本は大概 映画化されたものでした。 路傍の石だとかヘッセだとか漱石だとか 岩波では星がひとつ50円の時代、 本など読みませんでした、 映画を観て、それなりに辻褄を合わせ なんて要領をカマせていました。 昔の映画は原作に忠実だったのが多く 幸いしました。 本を読む習慣に目覚めたのは、 電車の網棚に放置されていた清張の 「点と線」でした。 目指す駅に辿り着くには時間がかかり ました。 窓から...

スカッ晴れ♪

読書

小説とかを買い始めるとだいたい部屋に蓄積されてしまうので、 普段は買わずに図書館にある本を借りることが多い。 割と読むのは 朝井リョウ の小説。 オードリーのオールナイトニッポン内でよく話題に 出てくる小説家である。 桐島部活やめるってよ。の人。 何者。 も映画化されている。 朝井リョウ自身も以前にオールナイトニッポン0を 担当していたこともあり、僕もリスナーだったが、 話を聞くたびに湧いてくる なんだこ...

農民の記録

「東野圭吾」作品

11月も最後の週になりました。 先日雪が降りましたが、今は、雪が降る気配がありません。 このまま暖冬であって欲しいところですが・・・。 今日は、図書館へ行く予定でしたが、急な用事が入り断念しました。 明日は・・・、明日は休館日でした(残念)。 Gooのお題に参加です。 この1冊というのでなく、杉やんが夢中になって読んでいる作家が東野圭吾さんです。 映画公開中の「人魚の眠る家」、最新刊の「沈黙のパレード」読...

カタクリの花-2

本!図書館との思い出!中学生に三四郎は?

読書は大好きです。中学生の頃です。田舎の中学でありながら、二つの部屋!本がずらりと並んでいました。 その頃に読んだのがハムレット・リア王・ベニスの商人・戦争と平和・ノートルダムのせむし男・他にもいろいろ!!国語。社会科の教科書では、欄外とかに『作家・作品』とかが書かれていました。それらをみつけると、図書館でその本をみつけて読む・・が私でした。森鴎外・夏目漱石・島崎藤村などもその頃、読んだ本です。 2016年7月読売新聞でこんな記事をみつけました。その日のTwitterから   『四季』句があり写真があり言葉がある。今日は漱石の『三四郎』    そこにゆかりの旅館・後の石碑がある。    同じ宿・同じ部屋にとまり翌朝「余つ程、度胸のない方ですね」とある。    三四郎を読みたくなる♪ 夏目漱石の三四郎を読んだ事がない。読みたくなる♪ と、Twitterでつぶやきました。これをTwit...

ピコとチロの部屋≪ごまちゃんのひとり言≫

読書の秋にオススメの小説…

書こう書こうと思ってしばらくたつのだけど、 小説を最近読んでない。 ひさしぶりに読んでみよう、と思って、 図書館で借りてきたけど、結局読めずに返した。 また図書館に行ったけど、 やっぱり小説は1冊も借りてこなかった。 読もうと思って手もとにおいてあるのも、新書とマンガ。 「丕緒の鳥」がかろうじてあるけど、 これ買ったのはずいぶん前だし、ここに持ってきたのも夏ぐらい。 たぶん読まないまま、また...

TBA

『数学の夢』〜ゼータを探究すれば宇宙の秘密もわかる?

オススメは『数学の夢〜素数からの広がり』(岩波文庫高校生セミナー 黒川重信著)ですな。  素数の謎と真の姿から、ゼータの統一とその先にある絶対数学。フェルマーの定理に、暗号解読と素因数分解、それにラマヌジャン予想と、一通り現代数学の基礎が判りやすく収められてます。  黒川重信博士というと、日本のゼータ関数の第一人者ですが。高校生にも数学素人にも解る様に丁寧に噛み砕いて書かれてあります。  数学音痴の私...

象が転んだ

山本周五郎著 小説「日本婦道記」

武家の女性の凛とした生きざまを描く短編集。 時代小説にハマっている「好奇高齢者」の80歳の爺です。 お題「読書の秋にオススメの小説は?」に参加しました。 剣豪もの、捕り物、市井・長屋の人情劇など、 時代小説のジャンルにはいろいろあります。 筆者の好きなのは「武家もの」です。 日本人の精神史形成の血筋になっていた「武士道」 そして「武家」に生まれた女性、嫁いだ女性たち。 夫に仕え、義母に仕え、家を守って...

たにしのアブク 風綴り

私のオススメ本

私が好きな本。 小野不由美さんの『十二国記シリーズ』 篠原悠希さんの『金椛国春秋シリーズ』 榎田ユウリさんの『宮廷神官物語』 三国志や水滸伝は、アニメならどうにか…という感じなのですが、 十二国記シリーズや金椛国春秋シリーズは読める。 感情移入出来るからとか、そういう理由はあるかもしれません。 主従関係、役職の話など…私は好きなのです。 あとは、 高村光太郎さんの『智恵子抄』 谷崎潤一郎さんの『...

深き森の瞳

私のオススメの小説・・・

いつも当ブログをご購読下さり、有難うございます。 また当店ショップサイトにご来店、ご利用頂き、厚く御礼申し上げます。 今回もブログのお題に参加させて頂きました。最後に商品のご提案もさせて頂きます。 今回のお題は、「読書の秋にオススメの小説は?」というもの。 「うーん、最近は、小説というのは、正直読んでいないなぁ・・・」 というのが、率直な感想です。申し訳ありません。 最近は、自己啓...

【工芸品ショップ 泉亀(いずかめ)】の店主のブログ

読書の秋にオススメの本~お題にお応えして~

秋に、オススメの本。 「舟を編む」 本屋大賞をもらったことのある小説。 淡々と、 辞書の編集を 続ける 主人公。 地味な作業にも 山場があり、 意味があり、 味がある。 この本を 初めて読む人の喜びを考えると、 ちょっと、 嫉妬する(笑)

いい日旅立ち

フェルマーの最終定理

フェルマーの最終定理を精読。 この本は積読で、なかなか目を通すことが出来ていません。 が、秋の夜長ということで、連休を利用して一気に読んでみました。私が数学関係の本を熟読したことはめったいにない。 きっと数学の魅力がふんだんに詰まった一冊で、何か新しい気付きを得たいと心が感じて読み進めたのだと思う。 学生時代、数学は得意な方ではなく、どちらかというと苦手。 もし学生時代に、この本に出会えていたら、...

自家焙煎コーヒー豆屋から、岡山の日々の情報をお届け

「銀河鉄道の父」を一気に読んだ

早く目が覚めたので、土曜日の朝NHKラジオで”文化講演会の時間”という番組を聞いた。門井慶喜という作家の話だった。 面白かったので釣り込まれて聞いていると、 2018 年直木賞を受賞した「銀河鉄道の父」は、宮沢賢治の父政次郎を主人公とした小説らしい。門井慶喜さんは群馬県生まれ同志社大学出身の作家で、御父上が会社経営をされ、質店経営でかなり富裕層の宮沢賢治の父と共通したところがあるようだった。 宮沢賢治の生い立ちについてはほとんど知らなかったのでこの本に興味を持ち、柏市の書店ハックルベリーに取り寄せてもらった。 後日、講談社刊の分厚いハードカバーが届いたので、数日は恐れをなして遠ざけていたが、読み始めたら止まらなくなった。カバーの帯にあるように、「感涙必至の親子小説」だった。 直木賞選考委員の伊集院静氏が書いておられるように「素晴...

雨曇子日記

病弱でも考えかたで人生が変わる

田巻幸生(たまき さちお)さんのエッセイ集『生まれたての光』 生まれたての光なんて、どこで光は生まれるのか不思議な気がしました。本を読んで、なるほどそこで生まれた光は魂を打つに違いありません。リコもその光に会いに行こう‼ 田巻さんは小さい時から病弱で20歳の時に心臓病で10年ぐらいしか生きられないと診断されたが持ち前の楽天的な思考で6回も手術を受けながらも70歳を迎えれた感謝と喜びを本と言う形にしたか...

リコの文芸サロン

「和菓子のアン」

秋と言ったら和菓子でしょ?ってことで最近読んだ「アンと青春」坂本司著。 1巻目の「和菓子のアン」から読むことをお勧めします。一気読みしちゃいますよ。

陽炎日記

『吉田君の朝』

   1 「買えへんねやったら帰ってや」 これがまこと屋のオバハンの、心暖まるいつもの挨拶だ。 小学生とはいえ、ひとを客とも思わぬ、このぞんざいな対応が俺たちのファイティング・スピリットに火をつける。 「う、う…、うっといのぉ、あ、あのオバハン!」  憎たらしそうに吉田が言う。  「ほ、ほ…、ほんまやのう」俺は相槌を打つ。 「ま、ま…、真似すんなよ」 吉田は吃りを気にしているのだ。 チェリオを飲んだあと、俺たちが何も買わないことを知ってるオバハンは、さっさ...

ベック式!暗記法ブログ TOP

「読書の秋におススメの小説」のお題に応募(再アップです)

私が今までに読んだ小説で一番おもしろく思ったのは、 わりあい最近読んだ小説だが、 水村美苗の『本格小説』である。 この小説は、前のブログのブロ友さんがブログ上で勧めてくれた本である。 最初、小説なのに『本格小説』なんて題名は変だと思ったが、 これが面白いのなんのって、もう夢中で最後まで休まず読んだ。 ネタばれなるといけないから、内容は書かないが、 幼馴染じみの男女の恋愛を軸に、 人種問題、貧富の...

かみなり

甲田学人先生の『夜魔』

オススメというか、今も忘れられない作品をご紹介したいと思います。 甲田学人先生の『夜魔』という作品をご存知でしょうか? 何年か前に偶然出会った作品です。ホラー作品です。 普段あまり小説を見ない自分ですが、この本は何故かカバーを一目見た瞬間から気になってしまいました。 人物・状況・背景などの描写が実に緻密で、リアルな感覚で見入ってしまいました。 過激な描写も多く見られ、その様子を自分の頭の中で映...

いろいろあるけど♪

ふたりのごはん

今読んでいるのは,「ふたりのごはん」と「AIvs.教科書が読めない子どもたち」です。ふたりのごはんは,正確には「夫は元ホテルオークラの総料理長,妻は料理家 ふたりのごはん」という題名です。簡単にできて,毎日の食事に生かせる献立が載っています。「AIvs.教科書が読めない子どもたち」は,これからの教育に大切な 読み解く力 について書かれています。孫の育て方に参考になりました。

森の恵み 木の実のクラフト ーエルちゃんとその仲間ー

どの俳優さんが演じたら・・と想像しながら読みました。

最近、がっつり没頭できる作品と出会っていません。 うーん ・・・ 目を閉じて思い起こす。 あと数ページで終わってしまう、と 名残惜しく読み進んだ小説は、なんであったろうかと。 テロリストのパラソル 藤原伊織 著 この本は、 SFとか歴史ものの苦手な私にとって どうかな、と恐る恐る手を出した本でしたが ハマりました。 内容的には、季節を問わずです。 秋といわず、どのシーズンでもイケます。  (^^♪

ひのえうまこ

お題「読書の秋にオススメの小説は?」

石田衣良さんの小説です。 どの小説も面白いのでオススメですが、私が特に好きなのは、 池袋ウエストゲートパークシリーズ。 ドラマ同様、登場人物が魅力的です。 池袋は行ったことがありませんが、自分の中ではこの小説のイメージですね。 若者が多く、危険な匂いのする街。 内容も時代を反映していて、考えさせられます。 暴力シーンや怖いシーンもありつつ、友情、恋愛、親子愛などもあり、人間味を感じます。 西一番街ブ...

MY TIME

名探偵ポアロ

名探偵ポアロシリーズが大好きです。 聖書に次ぐベストセラーと言われることもあるアガサクリスティー。 たしかに相当面白い。 最初はもどかしく 後半は怒涛のスピードアップ! 最後は頭脳で全員をごぼう抜きして 上から決めゼリフのポアロ。 「誰も私には追いつけません」 くー最高。

トイプードルのミルビビ日記

P.D.ウッドハウス

「ジーブス・シリーズ」 コミックです。これを読んで小説があることを知りました。 いつか読んでみたいと思っていて いまだに読んでいないのですが 秋の夜に読むなら この本だろうとおすすめです。書かれたのは100年も前で 舞台は英国 さまざまな問題・やっかいごとが起きるけど それを解決していくのを 楽しく読めます。  一番いいのは みんないい人!何かの時読むのではなくて 本棚で目に入ったら 又 読ん...

風は南から

『夜のピクニック』から:「たられば」を想像した

先週横浜に出かけた時に立ち寄った本屋さんで、自分なりにセレクトした本は、みんな心にヒットして大満足。 最後に読んだ小説は、『夜のピクニック』でした。 著者の恩田陸さんの小説は、初めてです。 毎年全校生徒が24時間かけて80kmを歩く「歩行祭」で主人公の秘密の清算ということが軸にありつつも、最終学年の3年生のさまざまな思いにスポットを当てています。 正直、わたしにはそういう青春時代の思い出がないので、...

ほわほわ♪(空と海が溶けあう町で)

迷宮入りの事件にインスパイアされた「熱い絹」

今日、目が覚めてカーテンを開けて窓を見ると、昨日から降り続いた雪が積もってやっと冬らしくなった。秋のオススメの小説は?、というお題のなかでじっくり読んで楽しい小説としてはこの推理小説がオススメ。実際の事件を元に作られたフィクション。あなたが名探偵ぶりを発揮して解決できるかも知れない。 現在、経済の発展が著しい「タイ王国」の本当の話 タイのシルク王「ジムトンプソン」の失踪の謎を解明する「松本清張」氏の本格推理小説。 ...

インプレ-Impression Bridge(記憶を跨ぐ)

秋は嫌いじゃー

というわけで秋は毎年、 「秋来たりなば冬遠からじ」と呪文を唱えてやり過ごしています。 呪文のあいまに読むのは村上春樹の「ダンス・ダンス・ダンス」 講談社文庫の上巻で131ページ。 「雪は一日じゅう降り続いていた」など。

日日是好日

怪盗 対 名探偵

少年時代、 「怪盗 対 名探偵」 と言う、アルセーヌ・ルパンとシャーロック・ホームズが、対決する小説を読んだ事がありました。 題名からして、ワクワクしそうな本だったので、内容を確認せずに図書館から借りて読みました。 当時、私はお風呂に入る時も、本を読みながら浴槽に浸かっていた程、読書好き少年でしたので、お風呂場でも読んでいました。 今考えると、お風呂に本を持って入るのは、何かあったら大変だったと...

〖エキサイト電話占い〗で鑑定や祈祷をしながら〖Amazon Kindle〗で電子書籍本を出版している【辰/SHIN】です

【お題参加】読書の冬

この記事は「お題『読書の秋にオススメの小説は?』」です。 お題からすこし外れますが、 自分がいま読んでいる本とこれから読む予定の本の紹介です。 さらにお題から外れますが、 全部が小説ではありません。 読書中の本やこれから読む本なのでネタバレはしていません。 最後まで読んでいただければさいわいです。 *** *** *** ■ただいま読書中の本2冊 [無幻花] 約4分の1読み終わったところ 同じ著者の「新...

朱のまじわり

もう一つ紹介:ノーゲームノーライフもいいよ

そいうえば秋だった・・・。 オススメの本なら紹介します。 ノゲノラは秋か?

↑→的シブヤ「アッシェンテ!」の法則

秋におすすめの小説^^

  私の、秋におすすめの小説と言うかいままで読んでいいなって、思った、純情物の小説で、野菊の墓や伊豆の踊子や世界の中心で愛を叫ぶどか        かなっー^^あとは、北杜夫さんの、船のりクプクプの冒険とかヘミングウェイの老人と海とかの冒険物とか、あとは、夏目漱石の坊ちゃんとか太宰   治の走れメロス、人間失格などもいなっー^^以上でーす。

心の言葉

小説に入るかどうかわからないけど

とある魔術の禁書目録のラノベですね。これしかない。自分は。

↑→的シブヤ「アッシェンテ!」の法則

おすすめの小説? 小説か!

このところ、落ち着いて、本を読んでいない。海外ドラマばっか見てる!ましてや、小説は…。 「探偵が早すぎる」 ドラマを見たので、原作はどんなものか、図書館で借りてみました。リクエストして待ってたら、こんな時期になりました…。 げ、原作、こんな感じだったのね??? 探偵が早すぎる (上) (講談社タイガ) 井上 真偽 講談社 探偵が早すぎる DVD-BOX 滝藤賢一,広瀬アリス,水野美紀 TCエンタテインメント 2001年の6月から年末まで、入退院していた。ちゃんと、治療のスケジ...

西湘ケチおばRIN

読書の秋

お勧めは「島田荘司」の「異邦の騎士」 どこか懐かしくて、読んでてドンドン引き込まれた

アタシだって言いたかないよ、言いたかないけど言わせてもらうよ
1 2 | 次へ