伊勢志摩つれづれ

伊勢志摩の今を楽しんで頂けます
郷里を離れた方に 今の故郷を 
また 伊勢志摩の旅行の前に ご覧ください

柴燈護摩(さいとうごま)

2020-01-15 07:00:04 | 写真と観光.・伊勢志摩の風景
護摩は 供物として焼かれ
煙が天に届くことで 天は食を頂き
代わりに人に福を与えるとされている
このような考え方の由来は
バラモン教の儀式で行っていたやり方を
大乗仏教も取り入れたようです



人気ブログランキングへ
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 護摩木を高く投げる | トップ | 火祭り結界 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

写真と観光.・伊勢志摩の風景」カテゴリの最新記事