伊勢志摩つれづれ

伊勢志摩の今を楽しんで頂けます
郷里を離れた方に 今の故郷を 
また 伊勢志摩の旅行の前に ご覧ください

安乗漁港

2021-07-11 16:24:09 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

漁船の舳先に映った波模様が動く

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安乗の魚

2021-07-11 16:23:07 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

安乗漁港で揚がる 代表的な魚類は

さば  宝彩えび(くるまえび) ふぐが名高く 

建物 トラックなどに 看板が掲載されている

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安乗漁港風景

2021-07-11 16:21:32 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

大きく漁業をするのは 敷き網漁

岸壁には 網を上げる船や 網類が置かれている

突堤では 釣りを楽しむ人もいる

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

漁港の対岸風景

2021-07-11 16:19:44 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

安乗漁港の対岸は 的矢

自然の中に 環境の良い宿泊施設が見える

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

漁港の岸壁風景

2021-07-11 16:18:06 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

敷き網漁の ブイが丘で準備していた

ブイは 一人で持てないほど重い

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

名古屋城築城の石(安乗漁港)

2021-07-11 16:16:42 | 写真と観光・伊勢志摩の風景

徳川家康が名古屋城築城にあたり

加藤清正が千石船の両舷に柱を出し

天秤で献じる途上 荒天で浸水

安乗港に入り 伺いをたてた

築城に使う石が 水船では 縁起が悪い

その儀に及ばずの返事であったので

綱を切り捨てた石とされている

石に刻んだ印は 加藤清正の家紋

昭和14年 的矢湾で見つかり安乗港内へ

移動させた

この石と対のもう1つの石は 安乗港近くの

海底に沈んだままという

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする