ポレポレが大切にしているのは日常のエレガンス!

日々の生活に目をむけて、そこに美しさを見いだし、丁寧に生きていく、
上質で洗練されたライフスタイルを提案しています。

超越しているってこういうこと?!まるで曼荼羅のような美しくて美味しい鍋料理でした。

2017-11-12 | ポレポレ日記
一口食べたとき、
「私史上、最高の美味しさ!」「こんな鮭鍋ははじめて!」
と、思いました。私の中で記憶がぬり替わった瞬間でした。


ほんと、たかが鍋料理、されど鍋料理です(笑)



昆布を敷き詰めた鍋に大根と白菜を並べてくつくつと煮込み、
そこに、たっぷりのしょうがとえのき、鮭を入れるだけ。

調味料は全くなし。
塩も醤油も味噌も酒も一滴も入ってないのです。

なー、のー、にー、
なんなのでしょうか、この美味しさは。まさにマジックです。




ふわふわほくほくの鮭は、
余計な臭みや匂いもなく、ほんのりと甘味を感じるほどです。
大根も白菜もそれぞれの味が際立っていて、
いくらでも食べられちゃう。

鍋ってこんなにご馳走だったのかと感じました。




秋冬を迎えるこの季節にぴったりの鍋料理3種
牡蠣鍋、鶏鍋、鮭鍋を教えてくださった
岡田多母さんの養生食講座。


牡蠣、鶏、鮭で体を養い、消化に負担なく食べるための
食材の組み合わせや調理方法を学びました。

多母さんの料理は、とにかく、徹底的に陰陽を大切にします。

食材の組み合わせはもちろんのこと、
洗う順番、切り方、並べ方、鍋に入れる順番、水の入れ方、
火の通し方まで、すべてが科学的なのです。

そうか!料理って科学なんだわ!と気がつきます。



と、同時に、料理って、祈りであり、芸術であり、
最高の幸福をつくりだす手段なのだとわかります。

今回、多母さんの料理を身近で見せていただいて、
鍋の中が、どれも芸術的なことに驚きました。


それは、作り始める段階から、出来上がるまでずっと続いていて、
鮭鍋の野菜を煮るときも、



鶏鍋の鶏を並べるときも、



牡蠣鍋が出来上がったときも、



私には、曼荼羅のように見えました。


あ~、鍋の中に、曼荼羅がある。
この鍋を食べるだけで、宇宙の真理が悟れそうな気持ちになる。


実際、多母さんは、カラダを癒し、養い、高めていく手段として、
この鍋に宇宙の真理を込めてらっしゃるわけで、

私たちが認識している料理の概念を超越しているとともに、
それが、本来の姿だということを伝えてくださっています!

忙しい、面倒くさい、誰にでもできることだからと、
その部分を軽んじたり、疎かにしてしまうことが、
いかに、自分たちを消耗させ、浪費し、低迷させているのか、

いまのやり方で本当にいいのかを、見直す時間になりました。

まずは、この鍋料理を再現したいです。やってみよう!!!




----------
「しあわせがわいてくる そんな毎日を」をテーマに、
料理を通して自分を取り戻し、ココロもカラダもハッピーになっていく!
どんな時も、自分の中からしあわせがわいてきて自分も家族も世界さえもしあわせにできちゃう!
そんな生き方が見つかる料理教室をしています。

マクロビオティック料理教室「ポレポレ」
 →→→http://porepore2010.com

クッキングクラスやイベントのスケジュールはこちらでお知らせしています☆
 →→→http://porepore2010.com/schedule.html

楽しく、美味しく、シンプルに、自分感覚で生きていきたい女性におすすめ!
「LOVE?マクロビオティック講座」ですこやかなココロとカラダの土台をつくり、あなたらしいライフスタイルを手にいれよう。
現在、8期生と9期生が楽しく受講中です♪次回の募集まで、いましばらくお待ちください。
 →→→http://blog.goo.ne.jp/porepore_2010/e/046eee1616238682cb6a8739074e6448

マクロビオティック料理教室「ポレポレ」へのお問い合わせはいつでもどうぞ。
 →→→こちらのお問い合わせ画面からお願いします
----------
#マクロビオティック #ココロとカラダ #すこやかに #自分らしく #料理教室 #苦楽園口
コメント