ぽぽらすCafe*

引っ越しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドラマ 華麗なる一族 第2話

2007-01-21 | ドラマ 華麗なる一族


■『華麗なる一族』第2話 あらすじ■ (gooテレビ番組ナビより引用)

阪神特殊製鋼専務の鉄平(木村拓哉)は従業員たちに、高炉建設の決定を発表。だがメーンバンクから融資の回答が届かず、経理担当常務の銭高(西村雅彦)はため息をついていた。鉄平を慕う四々彦(成宮寛貴)は高炉建設を喜び、鉄平の妹の二子(相武紗季)と付き合っていることを明かす。一方、鉄平の父で阪神銀行オーナー頭取の大介(北大路欣也)のもとに、金融再編で吸収合併される都市銀行が関西の銀行らしいとの報告が来る。危機を感じた大介は大蔵省主計局に勤務する娘婿の美馬(仲村トオル)を呼び出し、大同銀行など都市銀行預金5位から9位の、大蔵省門外不出の極秘文書をそろえるよう頼む。そのころ、大同銀行頭取の三雲(柳葉敏郎)は鉄平の会社への多額融資を決定していた。


■感想■

今日もあっという間の1時間でした~。
やっぱり人物多いし社会派ドラマなので、忙しくて目が離せません(汗)

今回、巨大魚“将軍”は闇の中での登場でしたね~。
ロボット臭さを隠すため?賢明な演出か!?
「将軍!」って鉄平が呼んだら、身を翻してふたたび闇に消えていきましたが。。。

そういえばキムタク爺さんの肖像画は、前回ほどは出てこなかったよーな。
これも、出てくるときはコッソリなら大丈夫かも(苦笑)


さて。
今日は仲村トオルさんの美馬さんが良かったですね~♪
フッフッフ。。。お主もワルよの~ぅ。
美馬さんたら、あの相子さんを軽く口説こうとしてるあたり、
かなり肝の据わったブラックキャラとみた!
職場の担当者を呼び出して金をポンと出すところも朝飯前って感じのノリで。
これからどこまで恐ろしい本性を発揮してくれるのか、楽しみです★

相子さんはこれまたワルなんだけど。
今日はベッドシーンが多かったかも?
相子と大介は、本妻の寧子を寝室に連れ込んだり追い出したりして、
なんだかな~・・・かなりエグい関係なのね。
大介は結局、昔爺さんに妻を寝取られた腹いせで相子という愛人を側に置き、
復讐して見せつけてるの?
だんだんそんなふうにも見えてきました。
「耐え難い苦痛に耐えて、寧子を大切にしてきたつもりだ」
って言ってたし。

あと、西田敏行さんの鉄平義父。
料亭で鉄平と向かい合うシーンは、ほとんど『白い巨塔』でしたね。
あの部屋の感じも似ていたので、錯覚しそうになりました(笑)

しかしラスト。
やはり大介は、自分の子でなく爺さんの子かもしれない鉄平が憎いのね・・・
高炉建設費の融資額を引き下げると言い出しましたね。
なんかこの父、腹黒いというよりもむしろ、
器小さいというか嫉妬深くてネチネチした感じのキャラなんですね~。
男としてはイヤだなー。
(あ、白い巨塔でいうと、東教授的ポジションか。)

で、鉄平はやっぱり本当に爺さんの子なんでしょうか?
母寧子の回想では、
昔お風呂に入っているときに男の人が近づいてきた、みたいな映像が出てましたが。
あれが爺さんなのかな。

鉄平の高炉建設も前途多難。
来週からはいよいよ親子の確執も本格化するんでしょうか。


しかしこのドラマのドロドロぶりって、若干地味め??中途半端??
まだ謎だらけで不透明な部分が多いし
登場人物多すぎるせいかもしれませんが・・・
人物の内面的なえぐりが浅いっていうか微妙。

これから激しくなっていくのかなー。
個人的な趣味としては、
どうせならドロドロもハッキリやってくれたほうが観やすいかも(笑)
あ、相子さんや美馬さんぐらいに。

鉄平のキャラは、今のところ真っ直ぐで情熱的な好青年ですが、
これからもずっと真っ直ぐ突き進んで行くのかしら。
今後の父との確執でどう変わっていくのかも楽しみです。



■当ブログ内の過去レビュー■
 第1話
 映画『華麗なる一族』全編あらすじ紹介ページ

■『華麗なる一族』キャスト■
木村拓哉 鈴木京香 長谷川京子 山本耕史 山田優 相武紗季 仲村トオル
吹石一恵 稲森いずみ 多岐川裕美 成宮寛貴 平泉成 西村雅彦 笑福亭鶴瓶
小林隆 矢島健一 西田敏行 武田鉄矢 津川雅彦 柳葉敏郎 原田美枝子 北大路欣也


 
↑ランキング参加中♪↑
クリックしてくださると、励みになります(*^_^*)
 


コメント (4)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« 愛用してます♪ | トップ | Gyao『春の日』ユーザー・レ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
万俵家の毒が回ってきました。 (めいほあ)
2007-01-23 00:30:00
ぽぽらすさん こんばんは。
将軍も大人しくなり、肖像画も出番が減った?(←でも肖像画のアップがまだ目に焼きついてます)

本当に一時間があっという間なんだけど、観てて疲れるんです~。先週までは確実に爺さんの子だと、根拠なくそう思ってたのが、な~んか実際のところはどうなんだ?!と気になってきました。お母さんまで疑いだしたらキリないですよね。万俵家の毒にやられました。でも、相子さんより、実はお母さんの方が強そうに思えてきたんです。相子さんは利用されてるだけって感じだし。当て馬は相子さんのような気がしてきました。というか、この一族変です~。ありえませ~ん。
まさに、毒!ですね~ (ぽぽらす)
2007-01-23 09:48:33
めいほあさん、コメントありがとうございます!
ホントにこの家族、なんというか毒が奥底に渦巻いてる感じ!いつもドヨヨヨーンとして、家じゅうに陰気さが充満してますよね~。派手にバトルせずフツフツとしてるところが、よけいコワイです(汗)
なるほど~。相子さんよりお母さんのほうが強いという見方は一理あるかもしれませんね。ああなってる運命を受け入れているというか。
それにしても、お父さんも変態すぎるっ!みんなゆがみまくりですね~
観ました! (rain&hime)
2007-01-24 11:19:46
こんにちは。
2話、昨日やっと観ました。私には少々難しいような気すらしてきますよ 
『白い巨塔』は私も思い出しました(笑)似てますよね。このドラマも『白い巨塔』も誰が善と悪なのか分かってて良いです。こっちの方は男女関係がドロドロしてますね。
観てて思うんだけど、鉄平パパは"元気"ですね
パパのお年を考えると・・・ (ぽぽらす)
2007-01-24 16:05:08
rain&himeさん、コメントありがとうございます♪
そうですね。私も普段全然経済とか政治のこととか関心ないほうなので、このドラマ難しくて、ついて行くだけで必死です
しかも時代背景が昔だから尚更わかりづらい!
いっそのこと『白い巨塔』みたいに時代を現代にしてくれればいいのに~、と思いながら観てたりします。
あはは!鉄平パパ、お年のことを考えるとたしかに元気ですよね~ある意味健康かも(汗)

コメントを投稿

ドラマ 華麗なる一族」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

華麗なる一族 第2回 短め感想 (ぐ~たらにっき)
『過去の悲劇と真実』
華麗なる一族 第2話 (日々緩々。)
見終わった後すでに、冒頭の方の鉄平、二子、四々彦3人のシーンの あの穏やかさ、初々しさが懐かしい…{/face_maji/} これ以上、ドロドロするんですか? …するんでしょうね{/namida/} ここまででもけっこうお腹いっぱいな感もありますが(爆 今回で、鉄平が祖 ...
華麗なる一族 第2話~過去の悲劇と真実~ (アンナdiary)
重い。。。そして、住む世界が違いすぎる。 正妻と愛人が同じ屋根の下に住むなんて ケニアの一夫多妻制のようだ(笑) 財がなければ有り得ない世界。 お金持ちの気持ちはよ~わからん(苦笑) 万俵家には、財があっても血の通う心がない。 家族なのに言いた ...
華麗なる一族 第2話 (塩ひとつまみ)
大蔵省による金融再編で都市銀行の縮小・合併の動きがある中 大介(北大路欣也)は娘婿の美馬(仲村トオル)を使って策略。 大きい銀行を狙って乗っ取り作戦中。 阪神特殊製鉄が高炉建設に必要な費用は250億。 そのうち200億の融資が必要
華麗なる一族 第2話 「過去の悲劇と真実」 (テレビお気楽日記)
鉄平(木村拓哉)に好きな人が出来たと相談に来ていた二子(相武紗季)。なんと目の工員の四々彦(成宮寛貴)だった。一之瀬工場長(平泉成)の息子なのね。またまた身分違いで別れさせられるんだろうな。
「華麗なる一族」第2話 (fool's aspirin)
初回よりドロドロ感アップの2話目。 相子をめぐる万俵家の黒~い一面が浮き彫りに。 初回ではいろんなキャラ紹介に時間を割いてたけど、 今回はあくまでも鉄平中心でしたな。 てか、また将軍さまがエラそうに出てきたのにビビった!
華麗なる一族 第2話 (ぽよ熊さんのテレビ観戦記)
予想通り、ドロドロしてきましたねー。 新たな1週間が始まる月曜を前に、明日への活力を養うどころか、どんよりクラーい気分にさせるのがこの番組だとしたら、日曜の夜にこれを見る選択って、一体? 日々勉励刻苦するしかないフツーの庶民にとってどうなんでしょ ...
華麗なる一族 第2話 ~木村拓哉 悔しさから得るもの~ (くつろぎ日記)
お父さんは僕のことが嫌いなんですか?
華麗なる一族 【第2話】 過去の悲劇と真実 (THE有頂天ブログ)
今週も機械仕掛けの将軍が登場。 なんか今にも死にそうな動きに思わず笑ってしまったw ■華麗なる一族 「第2話」 あらすじ  鉄平(木村拓哉)は、従業員たちに高炉建設の決定を告げる。喜びに沸く従業員たちに対し、経理担当常務の銭高(西村雅彦) ...
「華麗なる一族」第2話 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
父と息子の対立は烈しくなっていく。 経営観の違い、守るべきものへの責任・・・そして過去。 「華麗なる一族」第2話
『冬ドラチェック!華麗なる一族 第2話』 (*+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+*)
さっき書き上げた記事が飛んでしまったので、瀕死状態・・・ということで、さらっと書きます。っていうか、さらっとしか書く気力無い前回視聴率27%超を記録した、華麗なる一族。それとともに話題になった「肖像画」と「金鯉」と「キムタクの髪型」。キムタクの ...
華麗なる一族~第2話・全部、高須相子が悪い! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
華麗なる一族ですが、このドラマ面白いです。今回は、やっぱり鈴木京香の高須相子ですが、この女はかなりの悪女なわけです。高須相子の悪行の数々を羅列するだけでも、一つのドラマが出来そうですが、相子は主人公の木村拓哉と恋人の仲まで引き裂いているわけであ ...
「華麗なる一族」第2話(高炉建設許可申請降りるも融資は減額に・・・) (オールマイティにコメンテート)
「華麗なる一族」第2話は高炉建設許可の申請から融資までの経緯が描かれていた。
華麗なる一族(1月21日) (今日感)
今日は、お母様万俵寧子(原田美枝子)にひたすら同情。 あんあ、人倫にもとる行為を強要されて・・・万俵大介(北大路欣也)って、女好きじゃなくて、変態・・・(そういえば、福岡選出で、1月に北朝鮮にいった某・元自民党副総裁にもそういう趣味があると報じ ...
【華麗なる一族】第2話 (見取り八段・実0段)
簡単ですが。。。終盤になって、やっと面白くなってきた感じ。キャストが時代に馴染まない感があるのは相変わらずなのですが。。。結局、万俵大介と鉄平親子の確執が、全てに影響していくと言う事ですね。すでに融資を削られてしまいました。大介は言います。お前 ...
華麗なる一族・第2話 (あずスタ)
“華麗なるスタート”を切ったこのドラマ。
『華麗なる一族』 第2回 「過去の悲劇と真実」 メモ (つれづれなる・・・日記?)
初回視聴率 関西では30%越えらしい。 内容がそれにともなってくるかどうかは、これからってことなんでしょう。
《華麗なる一族》◆第二話 (まぁ、お茶でも)
「お父さんは、ボクが嫌いなのですか?」言ってはいけないことを鉄平が大介にぶつけた。いつも、話を聞いてくれないと詰め寄るが、鉄平は、大介の勧める経済へ行かず、祖父の勧めた冶金科へ言ってしまった。親の言うことをちゃんと聞かないと言われても、たいてい ...
すごいね!ドラマ『華麗なる一族』1・2話 (D.D.のたわごと)
いや~,すごい見応えのあるドラマ。1話・2話とも時間が経つのがあっという間ですよ。
華麗なる一族 第二話 (ちょっと変な話)
●キャスト 万俵鉄平 (34)万俵家の長男。阪神特殊製鋼・専務。/木村拓哉 万俵早苗 (30)大川一郎の長女で鉄平の妻。/ 長谷川京子 万俵銀平 (31) 万俵家の次男。阪神銀行本店の貸付課長。/山本耕史 安田万樹子 (24) 大阪重工社長令嬢。/山田優 万俵寧子 ( ...
ドラマ「華麗なる一族」vs原作「華麗なる一族」 (しっとう?岩田亜矢那)
山崎豊子の原作本を読んでいる。 確かに面白い! あっという間に上巻を読切ってしまって、現在中巻に突入中である。 かなり綿密に描かれているところに感心するが その分、ストーリー展開が物凄くトロい! 結局は金融再編の話なのだが、この上巻部分 もし清水一行 ...
華麗なる一族 第2回 (せるふぉん☆こだわりの日記)
ますますドロドロしてきましたねぇ~。 阪神銀行生き残りの為に小が大を食う合併を